終わることない夢

さあ夢見ましょう 素敵なこと

ジャニーズJr.祭り①

ジャニーズJr.祭り 横浜アリーナ(3/24・26)/さいたまスーパーアリーナ(4/8・9)/大阪城ホール(5/3)

SixTONESのまとめしかしてなかったから他のユニットについての感想やらをつらつらと〜。好き勝手言ってごめんなさい。記憶がだいぶ薄れてきてるので都合いいように覚え間違えてる等々あるかと思いますがさらっと流してください。ちょいちょい書き留めてたのをざっとまとめたので言ってること重複してるかも〜。

Mr.KING

ウィークエンダー

「カメラの前のみんなも」(カメラの前にいるのはあなたよ☺️)「一緒に踊ってね〜!」(‥‥いやそんな振り付け知らんぞ?!)となった少クラウィーケンがすごくすきなので、たまアリで一度だけの披露だったのが見れてよかったな〜!キングちゃんガン無視でオリジナルの振り踊っててごめんね!

少クラソロ曲メドレー

ひとりが歌って、あとの2人が踊っているという演出がすきだった〜。バックではなく、でも真ん中で歌うメンバーを引き立ててもいて。それぞれに合わせた選曲も改めて素晴らしいな〜!と!

Remedy

めちゃくちゃレメディすきです!(突然)最初少クラで見たときからかっこいい〜!と思っていたけど、生で見ると、かいちゃんのパキパキと見ていて気持いいダンス、驚くほど大人っぽい表情、甘さの残る歌声、全部が心に響いて、みるみるまにすきになりました。「ウ〜ゥ〜、ア〜ァ〜」ってめっちゃ口ずさんでしまう。あと、かいちゃんのファンサが丁寧かつ、ひとつひとつどれも可愛くて、そりゃみんなすきになっちゃうなあ、と納得でした。ええ子や〜😚

Oh!サマー/愛は味方さ

多幸感のある曲の似合うこと似合うこと!やっぱりKINGの歓声はすごいな〜と出てくるたび思ってた。会場の上り詰めたわくわくの爆発する瞬間を一心に受け止められるのはさすがキング!歓声とライトが似合うザ!アイドル!歌ってるあいだずっと「うわ〜!ジャニーズ!ジャニーズ!めっちゃジャニーズ!」って思ってました(あほ)

Prince

For the Glory

一緒にヴェッヴェッできるのめちゃくちゃたのしい〜!(そこ)全力疾走してるのものすごく応援したさが募る。いわち!いわち!がんばれ!って、謎にビデオカメラまわすおじさんを心の中に飼ってた。「じぐいわと俺」芸の岸くんが花道にひとりでいるところの、「おれはひとりでも強く生きるぜ」感がとてもかっこよくて、モニターに抜かれるじぐいわが巻き起こす「きゃ〜!」の正体を見逃しがちだった‥岸くんかっこいい‥

Prince Princess

横アリの初日だけ「プリンス!」\プリンセス〜!/「プリンス!」\プリンセス〜!/だったの、めちゃくちゃすきだったのにすぐに変更されてしまって悲しかった‥でも確かに逆の方がしっくり来るね‥

初日がやっぱり忘れられないな。いろんな人を見に来たファンのはずなのに、ペンライトが揃ってプリプリの振りで動いてるの、あ〜名曲ってこういうことなんだ〜って。わたし自身もこの歌がとてもすきで、一緒に踊れる振り付けもすきで、だけどそれはわたしひとりじゃなくみんなもなんだな〜って、万人に愛されるってこういうことだ!と感動していました。

からの!2番‥‥!え〜!なに、歌詞、これまた、いい。どんな立場のどんな環境の人にも、自分に重ねられるワードが散りばめられていて、本当に歌詞通り「誰もがプリンセス」になれる曲なんだな〜と、CD買わせてほしさしかなかった。絶対ミリオンとれる‥!

それから、たまアリ初日だったっけ?岩橋「一生アイドルです♡」岸「何言ってんだ!おれもだよ!一生アイドル!神宮寺は?」神宮寺「もちろん一生アイドル!」みたいな流れ、本当に心がぎゅ〜っとなってね。いつデビューできるかわからない今の状況で、ファンの前で、自分たち自身の声で「一生アイドル」を主張すること、どれだけ大きな意味があるのか。祭りまでに、それはそれはいろんなことがあって、いくらユニットに所属しているとはいえ、コンスタントに表に出る機会が巡ってくるとはいえ、ふといなくなってしまう可能性が誰にでもあることを思い知らされていたから。しかもね、いわちのスペシャルキュートな宣言から、それに負けじと乗った岸くん、そんな2人を包み込むようにおれもだよと言った神宮寺くん。この3人のそれぞれのキャラクターがお互いに作用してぎゅっと繋がってる感じに、思わずホロリと涙しそうになって。プリンスってなんてすてきな3人組なんだろうと。「星空は君を包んでた〜」で、3人で腕を組んで輪になってくるんってまわるところ、この3人のよさを凝縮した場面で、いつまでもその手を離さず、向き合っていてね、って涙腺にきた。

にしても、ジュニアのオリジナル曲に2番も作ってもらえるってすごいね!追加しよう、となった経緯がとても知りたい、です。あと、とても個人的だけれど、かねてからじぐいわにはHey!Say!JUMPのChau#の衣装着てほしいとずっと思っていたから、あの衣装かわいすぎてしめた!と思ったよね。

キンプリ

Helloハルイロ

6人がカメラで遊んでるだけで、あれだけ場が盛り上がるのすごくないですか?!センステでぎゅっとなってるだけなのに、千単位の人が、ただただかわいい顔面がうつされてるモニターを見てるの、いや、すごいね?!メンカラのジャケットも含めて、めちゃくちゃジャニーズだね?!(めちゃくちゃジャニーズとは)

Bounce to Night

過去に披露したものと同じ衣装・演出をもう一度ファンの前でできるというストーリー性、明るくキュートな楽曲から強くセクシーな曲までできる幅広さ、キンプリやっぱりすごい!と唸った。キンプリすごい〜〜〜!

みんな忙しい日々だろうけど、休めるときにしっかりと休んでね‥😢

HiHiJET × 東京B少年

BYAKUYA

那須くんに尽きるでしょう。と言いたいところなんだけど!さとりゅダンス上手だね?!この子入ってまだ1年経ってないんじゃなかったっけ?ってびっくりしたんだけど、経験者だったのね〜!なるほど!(調べました)手足が急激に長くなりすぎて持て余してる感はとてもあるけど、成長期止まったらますますうまくなりそうでたのしみ〜!

HiHi JET

ドンッ、ドンッ、ハッ!ハイハイハーーーイ!フライハイハハーーーイ!
これもうだいすき〜!息つかせる間もないトンチキワードの連続、意味はわからないけどポジティブな言葉がぽんぽん投げつけられてきて、なんだろうね、たまらない快感!羽場ちゃんに思い入れがあったから、HiHiを見るとなんとなく悲しい気持ちもあったのだけど、B少年と一緒にパフォーマンスする4人はしっかりと先輩で、4人でこの曲をやることにチームワークを感じて、ああ、今のHiHiはこの4人なんだね、って自分なりにストンと納得した。

ちょうどはけ口が丸見えの席だったとき、階段にローラーが用意されていて、それを高速で履き替えるところ見て、まだまだちっちゃいと思ってた子たちがぐっと大人で、立派にアイドルしてる‥!プロだ‥!ってなんだかよくわからない感情が湧いた。HiHi応援してるよ〜〜〜!

Sexy Zone

さとりゅにキュンとしたおばばがここに。もう産んだとかたやすく言えないくらい、まっすぐな瞳とスタイルにやられてる。龍我ちゃんって呼びたいけどもう赤ちゃんに見れないし、くん付けも恥ずかしくてできないから、なんか照れ隠しでさとりゅって呼んでる。末期(笑)

Travis Japan

OP

PERFECT、Now and foreve、Shelter、少クラでもやってた曲けどトラジャの選曲がすきすぎる!ストの次だから、なんやらかんやら頭パンクしそうになってるとこにトラジャがばーーーんとくるわけなんですが!全て吹っ飛ばしてくれるんです!「ちょ、なにこれ、北斗くんかっkッあ〜〜〜!これすき〜〜〜!」てな具合に。瞬時にスイッチ切り替えてくれるトラジャ、天才!

soCrazy

もう、これもそれもトラジャ!あれもどれもトラジャですよ!(?)感服の一言、天才スイッチャートラジャ。
だって、Amazing!!!!!!のあとなんて、魂抜けてるじゃない。ぐるぐる黒レザーとか、白い羽根とか、任せろラ〜ブとか、オ〜まェらッとか、ぐるぐる黒レザーとか、北樹背中合わせとか、ぐるぐる黒レザーとか、あとぐるぐる黒レザー(しつこい)とかで、ヨロヨロじゃないですか。でもメンステの白いライトの中の深いグリーンのスーツの7人を見た瞬間、ぱっとトラジャに気持ちが向く。あ、これはしっかり目に焼き付けたいやつだ、ってしゃんと生力が戻る。ストを見て、ヒィッ、やられる‥ってなったあと、ほわっと救ってくれるトラジャ。やさしい。わたし、横アリ初日終わったあと、「トラジャのラブソングよかったな」ってずっと思ってたし、次の日も「Crazy Love♩」って頭から離れなくて、Crazy Loveで楽曲検索しても出てこなくてえぇ?!なんで?ってiPhoneに話しかけたからね?(だから何だという)それくらい、印象的な一曲でした。

こうやってしっとり大人の曲ができるのって、今のジュニアの中でトラジャくらいだし稀有な存在だな〜、と改めて思う。凄いパフォーマンスを見たときって、何も言葉が出てこないんだけど、SixTONESのAmazing!!!!!!が強引に語彙を奪うパフォーマンスだとすれば、トラジャはそっと口を塞いでくるような、そんな言葉のなさ。攻撃力!破壊力!って感じではなく、しっかり握った手を絶対に離さないような、やさしい強さ。

この曲とWYNを通して、トラジャに演技のお仕事やってほしいなってすごく思った!曲の世界観を伝える、表情、身体の動かし方、魅せ方が、もうピカイチだったから。パフォーマーというより表現者!コンテとか踊ってほし〜!ドラマよりも、舞台とか映画に出て欲しい。漫画原作とか、キャッチーな胸キュン映画とかでなく、見たあとにズンと深く重く響くような、セリフのない空間や風景の描写を大切にするような、青みがかった画面の映画に。‥待ってます!

曲の最後、センステで外向きの輪になってダブルまわって、全員が同じタイミングでぴたっと止まって終わるの、最高にかっこよくて痺れた。ずるい、ずるいよ、あんなの。だって、まずメンバー全員があんな綺麗にダブルをまわりきれることがずるい、それを止まるタイミング、向き、止まった後のポーズまで全て揃えられることもずるい、トラジャにしかできない締めくくり、ずるすぎた。完敗だった。

トラジャのダンスは、徹底的に振り合わせしたことが見てとれる、時間と労力をかけた努力の痕跡を感じられる揃い具合が本当に気持ちよくて!見ていて心が晴れる!満たされる!

Supernova

センステからメンステに向かうところ、うわ〜!かっこいい男の子たちの集団!ハイカーストだ〜!って、憧れとドキドキで胸いっぱいになる。この人たちが今から盛り上げてくれる〜!というわくわく。前に進んで、同じタイミングで手をあげて、ヘ〜イ!ってテンションがあげられるの、わ〜、トラジャの時間はじまる〜!って感じた。それから、その集団からのえるくんが後ろに向かうのも、あ!アクロバットだぞ!ってのえるくんにしか与えられない興奮、たまらなかったな〜!次々とたのしいことを見せてくれる、めくるめくトラジャワールド、あの数秒間たまらなかった〜!

それで、あれだけズレのない美しさを見せたあと、四方八方に散って、個のスキルも見せてくれるの天才なの‥?
特にこの人!という人もいなかったので、近くに来た人を見たのだけど、全公演通して近くで見れたのは、うみ、みゅ、のえ、ちゃかちゃんかな?(あんまりいろんな角度で見られてないかも‥)個別にまた感想を書いたけれど、あんなに揃ってるのにひとりひとりで見ると踊り方違うんだな〜という当たり前のことに気付かされて、その努力と才能に、二重に感動したし、みんな踊るのが本当にすきなんだなと、強く感じた。ステージなしに生きられない人たちなんだな、って羨ましかった、すごく。

Let It Burn

城ホではセトリ変更になってたけど(キスマイバックだから?違う?)、個人的にはスパノバのがすきだったかな〜!ひとりずつスポットライトあてて歌って踊る演出はとてもよかった!トラジャって、ダンスが揃ってるぶん、まるっと「Trvis Japan」全体として見てしまいがちだったんだけど、この演出とか、MCでひとりずつの名前をお客さんに呼んでもらったり、全方向に散るスパノバもしかり、歌割りでもそれぞれ最適な人を選出して、個の見せ方もすごく上手なんだな〜と思った。

あと大阪の1部でちゃかちゃんがコケちゃったのがすごく印象に残ってて。そりゃ、もちろん「失敗」になるんだろうけど、「もうコケません!ごめんなさい!」って謝ってたけど、わたしにとっては「あ、本気で踊ってるんだ」って、あんなにしっかり踊るスキルのある人が、思わずバランス崩して足元絡まるほど、一生懸命に、激しく踊ってる、それくらいのダンスなんだ、って事実の方が刺さった。ちゃかちゃん、かっこよかったよ〜!(横アリのなんでもないとこでこけちゃったうみんちゅも、これはこれでかわいくてよかったよ♡)

次々に正面が切り替わっていくフォーメーション移動もすきだった〜!圧巻でした!

Cha-Cha-Cha チャンピオン

ジュニア担2016年1月29日のMステすきじゃん?(cv.キスブサ藤ヶ谷)しょりけんのチャチャチャからのハイハイ、平均して1人30回は再生してるじゃん?わたし?わたしは余裕で3桁超えたよ?つまり、何が言いたいかって、あのジュニア担大集合の中で、この選曲がもう勝ってる。そこでトラジャver.にアレンジ加えてくるあたり、したたか。だってめちゃくちゃたのしかったもん、一緒に踊れるのも、トラジャマークできるのも!

山手線外回り

極め付けのこれ!もうちゃかちゃんの煽りなしでは聞けません〜!口説いてるゥ?終電ナァイ!ほんとたのしい!トラジャのステージたのしい!大阪公演で駅名変えてきたのも、やるな〜、トラジャ最高!って思った!でも、ひとつだけ疑問なの、なんで環状線にしなかったんだろ?(笑)あと江坂と北新地なぜ?(笑)適当に大阪の駅名検索したのかな(笑)このあたりの裏話お願いします!

のえるくん

多才!ダンスはしなやか、アクロバットは軽やか、歌声はすずやか、いろんな表情を持っていて、惹きつけられる。特にsoCrazyの美勇人くんと交差したあとの表情がぐっときた。手の使い方までもロイヤル。今回の祭りを通して、のえるくんが「ロイヤル」と言われている意味がやっとわかりました!チャチャチャの「信じこと そだけで〜♩」で、「あ、これはロイヤル、ロイヤル以外に表現しようがない!」と理解できた!(笑)とくに「ら行」から感じるロイヤリティすごい。

うみんちゅ

オーラスのアンコで、Amazing!!!!!!で落ちた羽根(たぶん?)を耳に刺して、それをDブロに見せてにこにこしてたんだけど、リアルピーターパンだった。永遠の少年。(緑だし!)愛されんちゅさん〜!

soCrazyのモニターに抜かれたときは切ない表情もするし、スパノバではスイッチ入ってガシガシ踊るし、お顔ち〜ちゃくて手足がスラッとしていて、なのに首すわってない(頷くの癖?)ときが多々あって、これはすきになる要素しかない‥?長い手足を余すことなく最後までのばしきったダンス、スタイルのよさがさらに際立ってとても好みだな〜と思った!

ちゃかちゃん

ちゃかちゃん、手足の動かし方が丁寧で、流さないで踊ってるの素敵!個人的に、横アリたまアリでは、「ホストだ‥!行ったことないけど、たぶんホストってこれ‥!」って感じだったけど、大阪では『ちゃか先輩(経済学部・フットサルサークル・4年)』って感じだった。なんにせよ、煽り慣れてらっしゃる。

薬指からリング外す仕草はほんとずるいよね〜!あの振りだけで、いろんな物語を掻き立てられるんだもの。

美勇人

みゅうとくん2人いた。冗談でなく!トラジャのときとラブのときと、全然違くて、トラジャの美勇人とラブの美勇人がいた。‥んだけど!ラブトラのときにラップ以外であんまりちゃんと美勇人くんのこと見れなかったのが残念〜、目が足りません!

あさひ

スパノバではまじまじと見れてないんだけど、カモナで北斗くんのお相手してくれて、ありがとうございました!抱セニョのダンスも、チラチラと視界に入ってくるキレの良さ!

それから何と言っても「Woo〜Baby♩」!!!!たぶん、たまアリで初披露したときは、のえるくんのロイヤルソロパートのあとの普通のソロパートでしかなくて、そこまで見せ場!!!って感じではなかったけど、そのときの客席の反応がよくて、次の回からキメにキメてきて、二段階でたのしめるように持ってきていたのには全力で拍手でした!需要を感じ取る力と対応力、そして表情がなんともすばらしかった〜!

それから、ファンサでじゃんけんして、(たぶん負けて?)全力で頭下げてたのめっちゃおもしろかった(笑)90°のお辞儀、キレッキレの謝罪だった(笑)

しーくんしめちゃん、立ち位置と目が足りない問題で、あまり見ることができなかったので割愛します!ごめんなさい!

あれやこれや

もともと、ジャニアイとかではトラジャだとヒロキを見ていたから、横アリではどうしてもその影を探してしまって。soCrazyどのパートだったんだろう、どんな表情で踊るんだろう、山手線は弾けんばかりのダンスなんだろうな〜とか、「ここにいてほしいな」って、無意識に見えないものを見ようとしてしまって、せっかくたのしいステージなのに、そのたのしさから余計にさみしさを増幅させてしまってた。でも、しめちゃんも戻ってきて、トラジャのまとまりを感じて、徐々にその穴は埋まって、最終的に今のトラジャがとても素敵だな〜!という気持ちになりました。これからいろんなトラジャが見れるのたのしみたい〜!

プリプリとトラジャに長く語りすぎたので、ラブやスノはまた別の記事に書こうと思います。(書く気力があれば)思った以上にトラジャをすきになっている自分がいて驚き〜!すきなものが増えるのはたのしいね😊👍