終わることない夢

さあ夢見ましょう 素敵なこと

ミュージックステーション

Mステの録画がHDDに並んでいるのを、ほくほくしながら眺めています。金曜夜の生放送って素晴らしいね〜!感想やら、最近思うことやらを、いろいろとしたためました。

嵐「I’ll be there」(4/28)

この日は美女と野獣吹き替えデュエットのために録画していて、V6も嵐もいるし、最後まで見るか〜となんとなく流していた。(ぐっじょぶ自分!)

目抜き通りの世界観すきだな〜とか、後ろでごそごそしてるV6たのしそうだな〜とか思いながら、のんびりと金曜の夜を過ごしていたら、

松潤「ジュニアも今回‥」

ヒエッ?!えええ?!

テロップに‥

SixTONES」の文字が!!!!!!

ドキドキして嵐兄さんの話がなかなか入ってこない。でも相葉くんはかわいい。
CMはやく終わってほしいけど終わってほしくない‥‥

わ〜〜〜〜いる〜〜〜!!!ズドンしてる!!!!!!

わ‥この曲かっこいい‥オトナのかっこよさだ‥
鏡使うのおしゃれだな‥(ところでジュニアは鏡係だけなのかな‥)

お!みんな出てきた!!!
わ〜〜〜無個性!!!セットの一部と化している!!!お仕事してる!!!いい!!!(北斗くんどこだ‥)

森継〜!!!
と、SixTONES!いた!!

ジェシーダンディだな‥衣装と髪型似合いすぎるでしょ‥
きょも綺麗、顔が圧倒的に綺麗、お肌がつるつる、発光している。
笑っていないこうちくんの破壊力‥!むりじゃん‥
樹〜!(一瞬また森継かと思ったごめん)
北斗くんと慎ちゃんは立ち位置的にアップめの写り込みは少なめ‥しゅん‥

それにしても!!! こういうパキパキしたダンス、北斗くんの鋭いトメッ、キメッ、がしっかり見れて最高です!嵐さんありがとうございました!

正直、バックでどれだけいい位置にいようが、写り込みが多かろうが、そこから見つけてくれる人ってごくごく少数だと思う。ましてや、全員同じような衣装を着て、誰も差別化せず、無個性なバックだし。それでも、SixTONESがバックの中では一番目立つポジションにいて、美しいお顔や揃ったダンス(揃えなきゃいけないときは揃えることもできるんだよ!)が見やすいこと、それだけ信頼があるのかな〜なんて思うと、このうえなくうれしかった。

東京B少年「ジャニーズメドレー」(5/12)

少クラの余韻にひたりながらテレビの前に座る。ミニステのB少年ちゃんたち、すごい‥のびのびしてる‥お顔コチコチかと思いきやにこにこしてる、強いぞ‥!

このメンツなら出番は最初のほうかな〜とか思いつつドキドキしながら待ってるんだけど、いっこうに出る気配がない。徐々にB少年がトリなのでは‥?となってくる。え‥ほんとにトリじゃん‥すごい‥

しかも紹介ムービーまであるのね?!金指くんぽわぽわしててかわいいね‥

ドアップでうつされる那須くんのお顔‥かっこいい‥安定と信頼の那須くんのお顔力の高さ。うわ〜、りゅがたんがキリッとした表情してる!

BYAKUYA

「ビャクヤァ‥」のあとに片方だけ口の端をあげる那須くんとんでもないね?!小鼻の上にできる皺があんなにかっこいい人は初めてだよ‥高校生なんて嘘でしょ‥

りゅがたんの脚が長い‥目で追ってしまう‥ジャケットの丈足りてないし足もつんつるてんだね‥有岡くんの衣装だもんね(笑)

僕はVampire

瑞樹「ヴァンパイア〜」
かっこいい!かっこいいよ、みじゅき!

金指「僕はVampire‥」
ヴァンパイアの手が猫ちゃんみたいでかわいい‥藤井くんのダンスがすきだ‥

Sexy Zone

龍我「Sexy Rose‥」
首が!ない!かわいい!赤ちゃん!アップで見るとベイビーきゅるるんキュートなのに、ひいた途端スタイルのいい男の子になるのむり‥すきじゃん‥

「夢をのせながら〜」と「時代を創ろう Sexy Zone」のとこで、ちょっと眉根を寄せたり薄目にしたり、悩ましい表情をするの何‥どこでそんなの覚えたの‥お空をぽやっと見つめるかにこにこするかのどっちかだけにして‥とか思ってたらカモナのはじめでなんとも形容しがたいポーズでジャンプしたり、決め台詞のたいしょ〜の横できゅぴっとかわいい指差しを決めたりするので、ちょっと待ってくれ、わたしの感情がジェットコースター。もろもろの表情や動きが、まだわりと無意識っぽいところが本当に罪!

Come On A My House

B少年のキャラやメンバーの立ち位置的なものに詳しくないけれど、本家じゃんぷでは、かわいいの権化知念ちゃんが担当する「カモナマイハ〜ウス♩」がたいしょ〜くんなの意外だ〜!(o・ω・)「かもなまいは〜うす」は断られるはずがないことを完全に理解した上のお誘いって感じで、たいしょ〜くんはザ!元気な男の子!が小学校終わって「家帰ったらすぐ電話して遊びに行くね〜!」って感じ。
そのあとのひとりずつ抜かれるところ、ポーズがだれひとりとして被らないの、めちゃくちゃアイドルだった‥B少年いちばん新しくできたユニットかもしれないけど、もうすでにみんなちゃんとジャニーズなんだよな〜と強く印象に残った場面でした。

喜びの歌

「君と走っていこう」の歌詞のところ、曲の雰囲気に合わせてみんなは立ったまま手だけ動かしたりかっこつけてる中、その場でぴょこぴょこ走っちゃう足の長いかわいい男の子がいるんですよ。佐藤龍我くんっていうんですけど。なんなんだもう。

HiHiJET

これ聴きながら、一年前のけんしょりMステを思い出していて、新しい時代だ〜と思ったりした。「僕たちが時代を創らないといけない」はジェシーの名言だけど、歴が短いとか経験が少ないとか関係なく、今このとき、この事務所で芽を出そうともがいている誰もがそんな気持ちなのかな〜って。全員がしあわせになるのってやっぱりそんなに難しいことなのかな〜なんて泣きそうになってしまった。本当にみんながそれぞれのしあわせを掴めるといいね‥

亀と山P「逆転レボルシオン・背中越しのチャンス・青春アミーゴ」5/26

「ぼくらがバックにつかせてもらってたことを、後輩にもと。そういうの意識して、ジャニーズ感のどまんなかで!」って、先輩の背中を見て育っていくジャニーズイズム!

逆転レボルシオ

待って、最初からど真ん中なんだけど??!??(混乱)

アンダルシアっぽいふりでお口むってするのかわいい、気合いが入ってる、かわいい、気合い。

やまとかめの後ろにうつる京ジェの顔面の綺麗さ。嵐バックのときも思ったけど、この2人のお顔の華やかさは本当に大きな武器だな、と思う。イケメンとかすきな顔とか、刺さるかどうかは個人の好み任せだけど、華があるっていうのは、ぱっと目を引くんだよね。

亀梨「交差点で俺を呼んだ」

後ろ向きの移動、気を遣ってる感出ていていい!こういうのすき!

亀梨「変わらない」

ここで亀のうしろにうつりこむ、北斗くんの眼差しにやられなかった人いる?!ピントあってなくてよかったよ、逆にねっ?!(cv.ジェッさん)殺傷能力高すぎる‥停止ボタンがあってよかったと心底思ったよ、ありがとう文明の利器‥(?)

山下「あの日の夢なら」

ステイのときに息整えてるのだいすきマンだから、「ふっかが!息ついてる!」とテンションがあがった。きょもは割と平気そうなところがまたよき。

山下「ともに追いかけよう」

慎ちゃんのお口がキュってなってるのかわいい〜ダンスや服装がかっこいいほど未成年を感じる、かわいい〜。

サビのダンス、ほんっとうにみんな気合い入っていてすき。肩入れたり、顔つけたり、膝いれたり、普段は流しがちなところもしっかりきっちりやってるの、バックの醍醐味!歌わないからこそダンスに全力をかける、先輩のステージの世界観を守りつつ、自分のアピールもする、これぞジャニーズのバック!ありがとう!

山下「SixTONES

え、紹介してくれた(泣)テロップ(泣)震えた‥よかったね、北斗くん‥やまぴ、SixTONESのこと覚えてくれたよきっと‥(泣)

あめ〜じんぐの振りじゃん‥かっこいい‥この一瞬にかける情熱が最高だよね、ほんと!!!ジャンプも高くて最高。最高しか言えないのか、言えないな!は〜かっこいい!

中越しのチャンス」

チビジュに変わった!こういうのもすき!

ここに来て、ジャニーさんの赤い花アドバイスは正解だったんだな〜と思う。

赤チームの一番後ろで元気に踊るラウたん!舌ぺろってしてかわいい〜!

青チームの黒田くんも後ろだけど、誰よりたのしそうに大きな口をあけて歌ってるので、すきしかない。後半で全員白衣装になったあとは亀の後ろでけっこう映り込むんだけど、そこでもず〜っと歌ってるのいい!マイクがなくても歌いながら踊れる子はいい!

ステップ踏む松尾くんが、そう!バレエやってたらそうなるよね!わかる!という動きですきだ。足のさばき方の優雅さとか、ちょっとしたステップではねてしまうところとか、重心が高いところとか!

最初のサビで赤チームの一番右にいる子がすごく大きなダンスでとても好感!

いっそ ぼくら
何回でも恋をして 何回でも愛していこう
ちゃんと言う 君にちゃんと言う
スキの二文字を この声で
何回でも更新しよう 最高の思い出を

逆転レボルシオンで、ぐ〜っと高まった感情をそのまま歌詞にしてくれてるようで、涙腺にキた。もう何回も恋に落ちて、何回も愛してるんだよ、この気持ちはちゃんと伝えなきゃね、何回も何回も最高の思い出を更新してくれるように、ちゃんと、好きの二文字を伝えよう、って、なんでもかんでも自分のことに置き換えてしまうのジャニオタの悪い癖だけど、こればっかりは今の感情まさにすぎるよ、と思った。

ところで、背中越しのチャンスを踊るSixTONESはどこで見られます?

青春アミーゴ

待って、そんな制服で出て来るなんて聞いてない。

やさしくほほえむやまぴーの横顔にくらっとしたけど、それどころではない。なに、このハイカースト制服集団。ヤンキー工業高校ものの再演もほしいけど、私立おぼっちゃま学園もののドラマもほしい。

ジェシーのネクタイの短さに笑う。みんな同じネクタイだよね?!チビジュは有り余る長さなのに、ひとりだけやたらと短くて、驚異的に背が高い+結び慣れてない(バランスとれてない)ところに愛おしさしか感じられない。

うれしさを隠しきれてない館さまかわいいな〜。よろこびを噛み締めてる亀梨担と冷静に受け止めて気合い入れまくってる山下担の対比が最高。ふたりとも普段はクールセクシーキャラかもしれないけど、そんなことないところがまたいいよ〜、いいよ〜。だてさまのうれしそうな顔が本当にかわいくて、よかったね、よかったね、って何度も唱えた。北斗くんも本当はうれしいくせに〜!笑っちゃいなよ〜!と心の中で茶化すんだけど、それをひた隠す北斗くんがすきなんだよな〜。盲目。

ハイキック最高かよ〜!高く上げてやるって気合いがすごい。なんか、もうとにかく気合いだよね、1に気合い、2に気合い、3、4がなくて、5に気合いというくらい気合いが入ってる。気合いの一言。 そして、北斗くん、気合い入りすぎるあまりに音をはやどりする癖が顕著になる(笑)おそらく踊り慣れてる曲だろうから余計に自分色が出てしまうんだろうな〜。これでも可愛いいとしいって思っちゃうんだからでろでろに甘くていやになるね(笑)

チビジュが出てきたとき、一瞬ヴァサが裕翔くんに見えたのわたしだけではないよね?

湧くんの横にいる首でリズムとってる子すごい‥!(ネクタイがよれてる子)この子、「信じて生きてきた〜」のあとの母音を伸ばす僅かな間のところでクッて頷くの、天性のリズム感で踊ってます感がとてもある‥!この頷きがすきすぎて、北斗くんいないのに何回もリピしてしまった。お名前知りたい。あと、北斗くんとジェシーのあいだにいる、手と一緒に首を横につけてる子もすごい。だけどやっぱり、大きな口で一生懸命歌う黒田くんがかわいい。

最後の足を後ろにまわすところの北斗くん、ぴんとのびた足に意志の強さを感じて、もう本当にすき。ぬかりない。気を張ったダンス、最高にすきです。もうほんとうに、ありがとう。

曲が終わって、全員が集合したところ、本当にかわいい。指差し、左手を右ひじの下にいれて謎のズドンもどき、なにそのポーズかわいい。やっとにこにこしていてうれしい。念願の山下くんのバックにつけて、本当によかったね。慎ちゃんのズドンの亜種(余震で少し揺れるみたいなの)かわいい。

もう一度カメラが戻ったときは、いちはやく気付いてズドン(樹はガン無視、何を話しかけようとしたのかな〜)、両手でぶりっこズドン、お顔が憎らしいくらいかわいい、お手振りにこにこ〜、最後は手を高くあげて〜、ズドン!!!(ここで最後に正規のズドンをやるあたりがさすが元祖ズドン担という感じでこれもまたかわいい。)かわいさが詰まりすぎていて、本当にかわいい以外の感情が湧かなかった。北斗くんのかわいさばかりに目がいってたけど、後ろで泳いでる慎太郎もめちゃくちゃかわいいことに後で気付いた。録画万歳!

いろんなことがあったMステ月間、とにかくジャニーズJr.を全うしてくれたことが、うれしくてうれしくて仕方なかった。

そりゃ、今のジュニアの現状とかおじいちゃんのやり方とか、不満を感じたり疑念を抱くことはあるし、確実に真っ白な事務所ではないことくらいはわかるし、こんな世間知らずなわたしでもわかるくらいに白くないってやばいでしょと思うし、ここにとどまることが本当に正解なのかと思うこともあるけど、それでも先輩の背中を見て育つ伝統を受け継いでいくこの事務所のことはどうしても嫌いになれなくて。「Youたち、黒すぎるよ」って赤い花を胸のポッケに差すようにアドバイスした人が、この場にいてくれたという事実にほっとして。ジャニタレから聞く話でしか人物像をイメージできないけど、きっと手塩にかけた子たちが不安になったり迷ったときには、ほったらかしにせず、ちゃんと寄り添ってくれる人なんじゃないかな、だからこの日、Mステに来てくれたのかな、なんて思ったりして。外で何を言われようと、何が起きようと関係なく、キラキラと輝く最高のステージを作った「Show must go on」の精神にはやっぱり信頼しかなくて。いつもと変わりない輝きがあったことがうれしくて。この数分間は、何もかも忘れて、ジャニーズの世界観に魅了された、それってすごいことだよな〜って。

いろんな感情がぐるぐるして、でもやっぱりどうしたってすきなものはすきで、結局はすきに落ち着いちゃうんだ。すきだからこそ、それをとりまくいろんなことに悲しくなったり腹が立ったりするんだけど、それでもやっぱりそのものがすきなことに変わりはなくて。すきなものがあるって心強い。すきって感情は強い。ときどき、強くて困ることもあるけどね。でも助けられることのほうが圧倒的に多い。

それは、誰にとっても一緒。

だから、泣きたくなる日はすきなものに囲まれてね、消えてしまいたくなったときはすきな人たちのことを思い出してね、くじけそうになったらすきな音楽を聴いてね、すきなものをたらふく食べてね。すきだからこそ生まれる負の感情もあるだろうけど、そんなときは他のすきなものにすがってね。すきなことを、すきなだけ、できますように。そんな姿をずっとすきでいられますように。show must go on、これを遂行しようとしてくれる限り、ありったけの愛を届けます。双方の感情が、あたたかくやさしいままでいられますように。進む先の未来が、たくさんの愛で溢れますように。そう願ってやまないです。願うしかできなくてもどかしいけど!!!

不安になる、何をしても間違ってる気がして苦しい、それでも、きっとすきという気持ちは力になるはずだと信じたい。「Show must go on」の傘下にいてくれるのなら、ステージに立ち続けてくれるのなら、それを本人が望む限り、そのことに感謝しながら、ありったけの声を届けたいなあ、と思うよ。いつが最後でもいいように、でも次もありますように、っていうのも少し思ったりしてね。うまく言えないんだけど、いくらまわりがごちゃごちゃしようと、当の本人の意思や努力を無下にするようなことにはならないんじゃないかな、と思う。願望でしかないんだけれど。本人の意思なんてずっとわからないんだろうけど。

「すきなものを すきと言える勇気だけは 手放したらだめだよ」
すきなものに出会ってから、ずっと胸の中にあって、ときどきハッとさせられるこのフレーズ。どんなことがあったって、すきなものはすきだし、すきな人のことはずっとすき。すきになってはいけないものなんてない。むりに嫌いにならなくたっていいよ。この先もずっと、自分も、自分のすきなひとも、すきなものをすきと言い続けられますように、そんなことを考えたりした日々でした。

あきらめない 君がいれば
どんなときも チャンスはある
物語は 終わらない
Never ending story 夢は続いてく

Believe yourself 信じるんだ
Believe yourself 最後まで