読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わることない夢

さあ夢見ましょう 素敵なこと

東 SixTONES × 西 関西ジャニーズJr. SHOW合戦 コント部分(2/22夜)

SixTONES × 西 関西ジャニーズJr. SHOW合戦

2017/02/22 17:00公演 コント
発言は全てニュアンスです。ゆる〜くとったメモを元にこんな感じのこと言ってたなって思い出して書いただけなので、書き手の主観が入ってることをご了承ください。ちょいちょいSixTONESが関西弁になるのは書いた人が関西人だからです、ごめんね。

設定

登場順です。括弧の中は衣装。

  • 室龍太:お母さん(もんぺ・サザエさんヘアのカツラ)
  • ジェシー:長男(Tシャツをジャージにイン・脚の長さが異常)
  • 田中樹:次男(学生服に丸メガネ)
  • 森本慎太郎:三男(黄色帽子にスモッグ、手には木の棒・スモッグ小さくて腹筋チラリ)
  • 向井康二:おじいちゃん(カツラ、ももひき、緑の腹巻)
  • 西畑大吾:警察官(警官制服)
  • 大西流星:妖精(白とピンクを貴重とした宇宙人と天使をまぜあわせたような感じ)
  • 京本大我:ミュージカルスター(ド派手な赤スーツにもしゃもしゃ)
  • 高地優吾:京本のマネジャー(普通のスーツ)
  • 松村北斗:街一番の美女(白のとろみシャツにスカーフ、ロングスカート、パンプス)

室くん登場。コントになった瞬間に着席しはじめるおたくたち。

室「ちょ、あんたら先座らんとって〜。座って言うてから座って?」

ごめんね、室くん。

室「髪の毛3分割にされてもうたわ〜」とサザエさんヘアの室くん。

\かわい〜/

室「かわいい?うん、何人かはおれのことかわいく見えるはず。」

室「おばちゃんね、今日大阪から来てるんやけど、小耳に挟んだところによると、4月6日からこの新橋演舞場で滝沢歌舞伎っていうのするんやってね!ほんで、室くん?室龍太くんって子が出るんやって!すごいね!」

\拍手/ぱんぱぱぱんっ!

室「リチャードと今江がマラソンで〜」

もしや観覧に?!と後ろを振り返るおたくたち。

室「来てへんで?!前向いて?!」

室「2人のね、マラソンもすごかったね。」

\拍手/

室「おばちゃん走ったわけちゃうけどな。代わりに拍手受けとくわ、ありがとう。なんか走った気分になったわ。」

室「ところで、息子たち迷子に‥(噛んだことにちょっとフッてなる)なってしまってね‥」

花道からジェシーと樹登場。ジェシー、ジャージのズボンの中に手を入れて走ってくる。脚が長すぎて本当に気持ち悪い。(とても褒めてる)

室「あんたなんてかっこしてるん!」
ジェシー「いや〜、ちょっとアメリカンの血が騒いで。」
室「ほんで、スーパーで何してたんよ?」
ジェシー「おなかhungryだったから何かeatしようと思ってsupermarketでbite bite lemonを買った。」
室「英語がじゃま!」
ジェシー「bite bite lemon(バイバイレメン)、カムカムレモン!」
室「なんやねん、レメンって!」
ジェシー「英語はlemon(レメン)だよ。コーヒーはcoffee(カフィー)、カラオケはkaraoke(カラオキ)、ポケモンはpokemon(ポキモン)」
室「なんでポキモンになるんよ!」
ジェシー「知らないよ。」←ここめっちゃ素で笑った。

「e」の発音が英語だと「い」になるよって例を次々にあげるジェシーすごい格好良かったと思ったのだけど、調べたのかな〜?

ジェシー「お母さん、カブトムシみたいな髪型だね。」
室「カブトムシちゃうわ!ほんで、樹は?」
樹「ぼくは、愛と恋の違いについて、考えていたんだ。恋は下に心があるから、下心。愛は、真ん中に心があるから真心。そして、俺の親友は田所。こいつ(室ママを指す)は俺のおふくろ。」

\拍手/

室「うまいこと言ったな!慎太郎は?慎太郎〜!」

慎ちゃん、超元気に手をぶんぶん降って登場。

慎「おかあちゃん、今日はな、クイズ持って来てん!」
室「クイズ?!」
慎「そう!10回ゲーム!10回ゲーム、わかるぅ?」(言い方めっちゃ幼児)
室「わかるよ‥って、あんた髪の毛気にしてんちゃうわよ!」
髪の毛整えてる慎太郎くん、一瞬にして幼児からオトコに戻ってた‥しんどい‥

慎「10回ゲームぅ!わかるぅ?」
室「あれやろ、ピザって10回言って〜ってやつやろ?」
慎「そう!ピザピザピザ‥ここは〜?ひざ〜!ぶぶーって言うやつぅ〜!」
室「それ先言っちゃうんかい!」

慎「10回ゲームするで!ひじって10回言って?!」
室「ひじ?!ひじって言うん?!え〜‥ひじひじひじひじ‥」
慎「ここはぁ〜?」(ひじを指しながら)
室「そこはひじや!」
慎「ここはぁ〜?」(ひじを指しながら)
室「そこは‥ひじや!」
慎「おかあちゃんすご〜い!」ジェ「スゲェ〜!」

すご〜い!と大げさに手を叩く三兄弟。

慎「もう1問いくで!ひざって10回言って?!」
室「まだやんの?!え〜‥ひざひざひざひざ‥」
慎「ピザハットが持って来てくれるのは〜?」
室「ピザや!」
慎「すごぉ〜い!」

またもや大げさに手を叩く慎ジェシ樹。樹くんだけ縦に叩いてるからツッコむ室ママ。
こじぞう(完全に吉本新喜劇のしげぞう意識なのちょう高まる)登場。一列目の前を通る。

室「あんたそんなしゃがんだら(お客さんのスカートの中が)見える!ほら、めっちゃおさえてはるやん!」

男性客の膝の上に座るこじぞう。

室「その人二回目や!」1
康二「もう顔覚えた!この前はあのへん(1階中列を指す)に座ってた!」

室「はよ上がってきぃ!」
康二「しゃがんだときに前にいた人ごめんな、目つぶってたから気にしんといて」
室「そういうのは守るねんな。」
康二「おれそういうのはちゃんとしてるねん。」
ここの康二くんめっちゃリアコだったぞ‥

慎「おじいちゃ〜ん」
康二「しんたろ〜!」「ジェシー!」

ちゅっ♡ \ギャ〜〜〜〜〜!/

室「おじいちゃんにキスして何がたのしいの!」
ジェ「ええやないの!」

ここの流れ忘れた〜

康二「四次元ポケットや!」と言って腹巻をぽん。
室「ドラえもんか!」
康二「緑のドラえもんなんかおらんわ!」
室「もう、なんやねん!」

ポリス西畑くんが登場。

大吾「あれ、カブトムシですか?」
室「ちゃう!サザエさ‥‥んっぽいやつや‥!」

大吾「不審者連れて来ます!」

流星登場。手で目を隠す。

大吾「まぶしいらしいです。」

この隠し方がめっっ女子ドルでかわいさ無双してた

大吾「名前は?」
流星「ようせいのぉ、りゅうせいだにゃ♡」
大吾「年齢は?」
流星「1おく5ちゃいだにゃ♡」
康二「あ、今日はそういうキャラなん?」
流星「今日はぁ、2月22日、にゃんにゃんにゃんの日だにゃ♡」
大吾「おなかすいたら〜♩?」
流星「にゃにゃにゃにゃーにゃー♩」
大吾「機嫌わるけりゃ〜♩?」
流星「しゃしゃしゃしゃーしゃー♩」

\キャ〜/

康二「そのキャラそろそろしんどない?」
流星「と〜ってもしんどいにゃ♡」
室「しゃあない、それも仕事や‥」

腹抱えて笑ったよw

ドラムロール

室「ミュージカルスターの京本さんや!」

京本くん登場。棒をぐるんぐるんまわす。

京本「くぅ〜〜〜〜ぜんぜつごのぉぉぉ〜〜〜!!!!!」
「きょ!」(帽子を投げ捨てる)
「う!」(持ってるステッキを放り出す)
「も!」(上を向く)
「と〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」(叫びながら高速ヘドバン)
サンシャイン池崎w 全力でやりきるきょもくんおもしろすぎたw 会場も舞台上も大爆笑w

ずっとヘドバンしてるきょもくん。
康二「あと1分くらいやってて。」
わちゃわちゃ(忘れた)

レッドカーペットを雑にしく高地マネ、つっこむ室ママ。
レッドカーペット上でまた激しく頭を振り出す京本様。

室「あんた脳震盪起こすで」

大吾くんが笑いすぎて崩れ落ちたり、ひたすらジェシーのAHAHAHAHAHAHAがこだましていたり、高地くんがレッドカーペットにつっぷしたり、もう荒れようがひどくてひどくてw樹くんか慎ちゃんあたりが超普通の声で「おもしれー」って言ってるのももうw

高地「京本さんの情報を持って来ました!今日、差し入れにおまんじゅうがあったんですけど、そこに書いてあった漢字を、京本さんはおまんとうと読みました!」

お饅頭が読めないきょもくん。またヘドバンする。

室「あんたスッキリした顔してるな!」
京本「もう今日はやりきった。次の曲行こう。」
室「はやいわ!」

街1番の美女松村さんの登場。

北斗「ごきげんよう。どうも、悩殺ボディ、魅力的フェイス、キャリア・ウーマン。自分から狩に出ないと男できないと思ってない?じゃあ、質問です。花は自分からミツバチを探しますか?探さない、待つの。キャリア・ウーマン。」

それを受けて、康二「歯は自分から抜けるか?う〜んにゃ、抜けない。グランド・ファザー。」(ここで足ガクガクさせる)

サンシャインの次はブルゾンちえみw 樹慎ジェシーが笑いすぎて、後ろ向いて壁に頭打つけて笑ってたり、もうとにかく腹筋が崩壊しまくっていてやばい。語彙力も頬の筋肉も失う。あ〜、ほんと文字だけじゃぜんっぜん伝んないのが惜しすぎる。

北斗くん笑いすぎて、「グランドファザー‥っはは」っていつもの声のトーンだった。涙出るほど笑ったよ、ここ。

宝くじの流れに。何を言ったか忘れちゃったけど、急にオラつきはじめるジェシー

室「急なキャラ変やめて?!反抗期?」
ジェシー「おかあちゃん、鼻毛出てる。」
室「鼻毛やめい!」

京本「鼻毛真拳奥義!」(ポーズきめっ)
康二かな?「ボボボーボ・ボーボボ!」
散らかる散らかる‥室くん丁寧にツッコみいれてくれありがとう、ほんとに‥

北斗「宝くじの当選番号もってます。」
服の中に手を入れて、自分のおっぱいをまさぐる北斗くん。(ってこの文章書いてたら改めて事の重大さが‥)

北斗「お乳がじゃまで‥」
室「ワードはあかん!」
北斗「(おちち)(口パク)がじゃまなの‥(おちち)が‥」

慎?「お母ちゃん、ジェシーが怒ってるよ!」
怖い顔をして突っ立ってるジェシー
室「どうしたん!」
ジェ「(無視)」
室「ジェシー!」
ジェ「あ、耳栓してた。」
室「もう!なんやねん!」

北斗「当選番号読みます。‥‥35億。」
康二「グランド・ファザー!」(足ガクガク) きょもくんがヘドバンしたり、散らかりすぎてて、もうなんか鉛筆が転がるだけで笑える状態だから、舞台上もお客さんもひ〜ひ〜笑っててね、すごくたのしかった。あ〜、ほんっと映!像!化!!!!(脱線)

室「はよ当選番号読んで!」
北斗「(無視)」
室「おい!」
北斗「あ、音楽聴いてました。」(イヤホンを外すマネ)
室「もうあんたら!当選番号読むんか?」
北斗「読みま‥せんっ♡」(首こてんっ)
(ここでみんなが室ママに何かごちゃごちゃ言ってたんだけど忘れてしまい‥)
北斗「キャリーおばさん♡」
室「だれが、キャリーおばさんや!‥あ、キャリーオーバーにかけた?」
北斗「かけてま‥せんっ♡」(首こてんっ)

ジェ「おふくろぉ〜!この当選番号当たっとるやないか!」
室「え?!見せて!」

意地悪して、室くんがくじをとろうとするとピョイピョイひっこめるジェシー

ジェ「(無視)」
室「無視すんな!」
ジェ「あ、耳栓してた。」
室「また耳栓かーい!」

大吾「とりあえず中入りましょうか」

ここで、違う家の扉に入ったり、窓から出て来たり、やりたい放題のSixTONES
窓から鳩時計みたいに出て来た北斗くん「ヨロレイヒ〜〜〜」
腹筋崩壊した、やめて〜〜〜〜

流星「妖精はぁ、自分から可愛さを求めますか?求めない。可愛くなるの♡アイム・フェアリー!」
ブルゾンちえみが大流行でした。

セット回転し、流星くんが顔を出す絵のところからこじぞう登場。笑い転げる室一家。
流星くんが再び窓を閉めて、「だれ〜?だれ〜?」\おじいちゃん登場!/のくだりをやる。は〜、このおもしろさをどう文字で伝えろと?!絵を描ける人が心底羨ましい‥

おじいちゃん、階段を使わずにそのまま暖炉の上に降りてこようとする。
室一家「危ない危ない」
康二「わしは昔白井健三と呼ばれて‥」(ポーズ)
笑いすぎて記憶が全然ない‥未来のこれを読んでるわたし、今のわたしが役立たずぽんこつでごめんなさ〜い

室「ジェシーは100万円あったら何に使う?」
ジェ「おふくろのために、虫かご買ってやるよ!」
室「なんでそんなえらそうなん!ほんで、カブトムシちゃうねん!」

室「西畑さんは?」
大吾「そうやなあ、二宮教に出家かな。」
室「あかん!出家はNGや!」

室「京本さんは?」
京本「(さっきのヘドバンのしすぎで)脳みそがクラクラするから、病院に出家かな。」
室「やから!出家はあかんて!」
康二「この家はしゅうけい(?)せななぁ‥」
こじぞう、ごめん、ここよくわからなかった〜><

康二「毎日ボディソープしてきれいにしとるんじゃ」
室「みんなしてるわ!」
どういう流れだっけ‥

流星の魔法で暗転。

電気が点くと、ソファの後ろから顔だけちょこんって出してる松村さんんんん。かわいいいいい。
流れ忘れちゃったけど、室くんが康二くんにツッコみいれて、叩こうとしたのを康二くんが避ける!

\お〜!(?)/

康二「そんな毎回叩かれません!」

室くんツッコみ、康二くん避けるの攻防。盛り上がる会場。

室「宝くじがない!」

おじいちゃんの腹巻に手をつっこみ、まさぐる北絵さん‥やめい‥

室「ジェシー、2階にあるかも。見て来て!」
北斗「おっきいから気をつけてね」やさしい。

階段にスタンバイするジェシー。でも、滑り落ちるより先にジャンプして飛び降りる。わちゃわちゃ〜

もう一度階段落ちのジェシー。帰ってくるときにきょもくんからメガネを返してもらう。

室「おじいちゃん見て来て!」

壁に思い切りぶつかってしまう康二くん。
ジェ「じじい、大丈夫?」
康二「あの(最上手)警備員さん、全然笑わへん!」
室「あたしが登場するときは笑ってくれるわよ。」
康二「うそやろ?!」

ジェ「お母さん見て来て!」

室くんが行くとき、腰をぽんってしてがんばってねってする北斗くん!

ジェ「ハウス!」
室「犬ちゃう!」

室くんがスタンバイするも、全然魔法をかけない流星。

室「はよ落としてよ!」w

室くん階段落ちした拍子に、カツラが脱げてしまう‥!!
そしてそのまま逃走、舞台上→花道→上手通路を大疾走!!!
追いかけるSixTONES&関ジュ。

室「あんたら、いい加減にせえ!今の何?!ステージにひとりもおらんかったやないの!前代未聞や!ひとりは残れ!」

落ちたカツラを自分の頭の上に乗せ、カツラonカツラでご満悦の北絵さん。にこにこにこにこ。チラチラ目線送って見て〜ってしてるのほんっとにかわいい。

センターでキメッ✩︎室くんにはたかれる。

室「停電になったときが怪しいわ!再現しましょう!しょれでは‥」
全員「しょれでは?!」「かんだ?かんだ?」
室「もうええ!スタート!まず、お母ちゃんが銀行に行きました。行きます、行って来ます!て‥」

ここの室くん、かみかみでそれをうれしそうにストが囃し立てるんだけど、もうそれにツッコむのにも疲れてる感じで‥本当におつかれさま‥と心の中で合掌しました。引き際って大切よね。

ソファで向かいあって座る、慎太郎とこじぞう。
慎「おれはお前のこと以外見えない。」
あら!という感じで口に手を当てるおじいちゃん。なんでやって頭をはたかれる。

北斗くんの見どころらしいところは特になかったけど、樹慎ジェシあたりとソファの後ろでごそごそ。

〜中略〜

室「そこ(カツラの中)や!頭あげろ!」
天を見上げる康二。カツラをむしって、宝くじ奪還する母、自らのカツラも脱ぎ捨て、END。室くんおつかれさまでした。

ちなみに、ソファの後ろでごそごそしていたのは、鞭を取っていたから?かな?その鞭でジェシーとかわいい戦いをしたり、お客さんにファンサしたり、高地くんを叩いたり、な北絵さんも見れました。あ〜笑いつかれた。室くんの負担は日に日に増大しているようだけど、初日よりもうんと雰囲気がよかった気がした!夜空のMCで高地くんが言っていたように、本当にSixTONESがのびのびとしていて。彼らの自由奔放さがすごくよく出てました、室くんのおかげや‥ありがとう‥
(どうやら街一番の美女松村さんの下のお名前は北美2なようです〜、ほくとくん絶っ対れぽで北絵北絵言われてるの知ってただろ〜!ちょろいおたくは次回から北美表記にします。)

ライブ部分


  1. 初日夜公演でも座ったそうです。

  2. 2/24昼公演にて