読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わることない夢

さあ夢見ましょう 素敵なこと

松村北斗くんが可愛すぎて困ってます。

おはようございます、こんにちは、こんばんは。暖かくなってまいりましたがみなさまいかがお過ごしですか。こちらはジュニア祭りや運動会でSixTONESおよび松村北斗くんが順調に見つかっていてうれしい限りな今日この頃です。

古風でしゅっとした造形美のお顔・扇情的な衣装もお手の物のイイカラダ・指先までしなやかで力強いダンス、生で見て現場落ちするには十二分すぎる要素を持った北斗くんなので、大勢の方の「なにこれ‥‥かっこいい‥‥色気‥‥落ちました‥‥」には大いに納得なのですが、ひとつ言わせて???

松村北斗くんって、めちゃくちゃかわいくないですか??? かわいいですよね???(少クラSPでの北斗くんのトーンで)

あのですね、松村北斗さん、えっちだとか歩くセックスシンボルだとかエロいとかいろいろ言われてるんですが、

めちゃめちゃぶりっこだし f:id:never-ending-dream:20170423165559j:plain

いたずらっ子だし f:id:never-ending-dream:20170423165553j:plain

甘えんぼだし f:id:never-ending-dream:20170423165556j:plain

かまってちゃんだし f:id:never-ending-dream:20170423165550j:plain

男子中学生みたいだし f:id:never-ending-dream:20170423165602j:plain

つまるところ、かわいい。可愛い。カワイイ。cawaii。

あと、かわいいと同じくらい声を大にして主張したいのが、

とっても心がまっすぐで、健やかで、清く正しい青年なんですよ!!!!!!

ってこと。
そんな純真でまっすぐな男の子があんな色気あるダンスをしてるんだと思うと、ほら、もうその事実がかわいくって愛しくって抱きしめたくなるでしょう。どれだけえっちでかっこよくても、最終的に北斗くんかわいいの落ち着いてしまう。

どれくらいかわいいかっていうと、自分のソロパートで滅ぼした一国を救済できるくらいかわいい。ごめんなさい、何を言ってるかわかりませんね。というわけで、ちゃんと「北斗くん=かわいい」という主張をするため、雑誌やテレビでの発言をいくつか紹介させてください。あくまでわたしがすきなものを掻き集めただけなので、異論反論・どうしてこのかわいいほくちゃんがないんだ!はいつでも受け付けておりますのでどうぞお願い致します。

一人遊びがすき

つい最近発売されたWUに、ジュニアの鎖骨ばっかりが並んでるとんでもないページがあるんですが(さすが我らのワニブックス)、「結構骨出てるでしょ」「きれいな方だと思う!」などなど自分の鎖骨アピールをするジュニアのコメントが並ぶ中、ひとり異質なコメントが‥‥

「鎖骨に水を溜めて遊んでる(笑)左のほうがなぜか溜まりやすい!」
2017.05 Wink Up

彼、あと2ヶ月で22になる男性です。お風呂で鎖骨に水溜めて遊ぶって‥かわいいな。

そして、その約1年半ほど前には、お風呂場での撮影もしています。湯船からちょこんと顔を出すキュートなほくじゅりツーショットの下に、これまたとんでもなくかわいい一文が‥

f:id:never-ending-dream:20170423165608j:plain

アヒルといちばんよく遊んだ北斗も満足。
2015.11 ポポロ

かわいい。お風呂で誰よりもアヒルさんと遊ぶ北斗くん。満足する北斗くん。かわいい。お風呂撮影なんて、あのえっちな身体を堪能するためだけかと思うじゃないですか?!実際なかなか際どいショットもあるんですけど、一筋縄ではいかず、真反対のかわいさまで提供してくる北斗くん、oh ミラクル。

ちなみに、この撮影、SixTONES全員大はしゃぎだった模様で、何秒お湯の中に沈んでいられるかゲームしたり、シャワー掛け合ったり、北斗と慎太郎で樹をみこし担ぎしてスタッフさんに怒られたり、SixやんちゃTONES大暴れしててみんなまるっとかわいい。根が中学生なんだよなあ。

小物がすき

北斗くんは自室の出窓に小物を飾ったりする系男子なのですが(まずそこがかわいい)、よく買った小物の話をしてくれています。ちっちゃいおもちゃとかシールがすきみたい。子供じゃん、かわいい。

「キーホルダーのついた人形を持ってる。毎日場所を移動させてて、今日は出窓にいたなぁ。」

今日はここ〜♡って毎日移動させてるの?!えっ、むり、かわいい。

「屋台で一番好きだったのは紐くじ。ブリキの、ネジ巻いてトコトコ歩いて前宙するおもちゃが当たったんだ。ちょっと当たりでしょ?!」
2015.10 ポポロ

お祭りで当てたおもちゃのことずっと覚えてるのかわいすぎません?ちょっと当たりでしょ?っておめめキラキラさせて言ってそう。かわいい。

撮影が終わり、スタッフに「忘れ物ない?」と聞かれると、ハッとして「これ持って帰らなきゃ〜!」と、飲み物のおまけについていた妖怪のキャラクターのシールをお持ち帰りしていました。
2015.01 POTATO(公式ツイ)

飲み物のおまけのシールって‥‥かわいい。かわいい以外に言うことない。ぽてとさんにチクられてるのほんとかわいい。(素敵情報ありがとうございました)

1人がすきだけど

前述の通り、ひとり遊びがすきで、あまり他のジュニアとつるむことも少なく、ジュニア大賞の「プライベートが謎」部門の堂々たる1位を獲得してる北斗くんですが、ほんとはみんなだいすき♡

ジェシーの成人を祝う企画
北斗は工作がすきなようで、「たすきも入れちゃおう!」とくす玉作りをエンジョイ。そしてひとりだけスーツ姿のジェシーに「去年も成人式の人いたのに‥」と口を尖らせていたのでした。
2017.02 POTATO(公式ツイ)

f:id:never-ending-dream:20170423165610j:plain

北斗くんもみんなにお祝いしてほしかったんだねえ。お口尖らせちゃうのかわいいね。 あとこのときの誌面、自分でくす玉割ってるくせに、割った後で耳塞ぐポーズしてるのめちゃくちゃあざとくない?かわいい。

北斗くん、クールな印象があるかもですが、実際はめちゃくちゃ顔に表情が出るんですよね。悔しいときはめちゃくちゃ悔しそうに顔をしかめるし、うれしいときは目をキラキラさせて、おもしろいときはくしゃくしゃに笑って、恥ずかしいときはふぇ〜って照れて、表情がくるくる変わるのほんとにかわいいです。

そんなうれしさが隠しきれないかわいいほくちゃんをここでひとつ。出演したドラマSHARKのメンバーがだいすきな彼。

久しぶりの3人(岩本照と平野紫耀)での撮影にテンションの高かった北斗。かっこつけるはずがうれしさから何度も笑顔になってしまう北斗にツッコむ照。
2017.02 Wink Up

f:id:never-ending-dream:20170423165613j:plain

はしゃぎすぎて、ひーくんに呆れられる北斗くん。がんばって表情引き締めようとした結果のお顔がかわいい。

北斗「おれと髙地がなかよくなったのは東西SHOW合戦くらいからだよ」
髙地「つい最近じゃん!」
2017.04 ポポロ

高地くんに構ってちゃんする北斗くんがかわいかったので、これも載せておきますね♡高地とは話さなくても通じ合ってる関係とか言ってたのはどこのだ〜れ♡高地くん構ってくれてありがとう♡

f:id:never-ending-dream:20170423165617j:plain

北斗くんは、楽屋で話さないとかメンバーとごはん行かないとか、ことあるごとにネタにされてるけど、「いやいやおれも話してるよ!」「この前ごはん行ったよ!」って結局仲良いアピールしはじめるからはいはい、かわいいねえ、って目尻垂らすしかない。

照れ屋

パーツを撮る撮影で、自分の腕を見ていた北斗に「たまにカメラ見て」と言うと「え〜、恥ずかしい」と突然の恥じらい。しかし「腹筋撮らせて」と言うと、「はーい」と恥じらいゼロでお腹を見せてくれるのでした。
2016.07 POTATO(公式ツイ)

北斗くん照れ屋だよねえ。照れるポイントが謎なのもかわいい。

甘いセリフを言う前も照れ照れ。

f:id:never-ending-dream:20170423165618j:plain

言ったあとも照れ照れ。

f:id:never-ending-dream:20170423165619j:plain

企画のほくほく北斗をいじられたときも照れ照れ。

f:id:never-ending-dream:20170423165620j:plain

え〜ん、かわいい。

あ、それと、局動画(お正月メッセージ)で甘いセリフ言う前に、メンバーに「あんまり見ないでもらっていいか‥?」って口元抑えながら言うのが、最高に萌え悶えるので、こんなブログ読んでる暇あるなら今すぐそっち見てください。

甘党

塩顔男子松村北斗くん、甘党です。というより、そもそも食べることがすきみたい。雑誌でもよくごはんの話をしてくれています。

いろんなコンビニのチョコミントアイスを食べ比べてる。チョコが多かったりミントが多かったり、匂い系と味系の派閥がある。
2016.09 ポポロ

チョコミントアイスの食べ比べ。もう字面がかわいい。チョコミントアイスについて、つらつらと語るのもかわいい。自分の語れることになったら嬉々として長々と話してしまうのがかわいい。ああ、かわいい。

「チョコが超すきで、気持ち悪くなるまで食べちゃう。とくにチョコパイがすきで、基本、袋を開けたら途中でお腹いっぱいになっても食べきるスタンスだから胃もたれするんだけど(笑)だからしょっちゅう胃腸薬を飲んでる。でも気持ち悪さの程度に合わせて胃腸薬の種類を変えてるんだよ。かわいいでしょ♩」
Myojo 2017.04

いや、ぜんぜんかわいくないけど、かわいい。(どっちだよ)北斗くん、気持ち悪くなるのわかってて食べちゃうし、車酔いするのわかってて移動中に本読んじゃうし、外周1周まわりきれない(さらに曲にも間に合わない)のわかってて1人1人に丁寧にファンサするし、そういうとこほんとかわいい。頭の回転早いのに、計算できないだもん。かわいい。あと結構お腹弱いよね(笑)

伊達巻がすきすぎて、伊達巻殿下と呼ばれていた北斗くん。

f:id:never-ending-dream:20170423165623j:plain

「2月くらいまで、何不自由なく伊達巻を食べられるんですよ!」

うれしそう。

f:id:never-ending-dream:20170423165624j:plain

郁人「それ結構なボリュームじゃ‥?」
北斗「数回吐きました。」

けっこう糖分多めなので食べすぎ注意だよ。チョコパイに続き、自分の胃袋事情わかってないの愛おしすぎでは?ついでに卵焼きは甘い派かな?

f:id:never-ending-dream:20170423165625j:plain

人のアイスクリーム食べたがりほくちゃん。

健やか

趣味は読書、高校時代は教科書を読みながら通学し、お母さんがいないときは自分でお弁当を作る、高校生までは高い買い物には親の承諾を得ていて、最近は自分の判断で買い物できるようになったから大人になったと実感している、でもここ一番で高かった買い物は大学の教科書(4000円)、夜は22時までには就寝。こんな心が健やかな男の子いまどき珍しいけど、実在するんですよね。松村北斗くんっていうんですけど。

北斗くんの健やか青年っぷりをドドドと紹介しますね。

勝負の日や大切な日の前に行う自分流の願掛けは?
「朝ごはんを抜かずにちゃんと食べてる」
2016.01 Wink Up

特別に気合の入ることするとか、カツ丼食べるとか、靴下右から履くとかじゃなくて、朝ごはんをちゃんと食べる。すき。

スマホの端っこを舐めたら甘い。おなかがすいたときに舐めたら甘くておいしい、みたいな。そんな程度でいいよ(笑)頭に着けたら空が飛べるっていうのもいいかもな〜」

スマホについてほしい機能は?という質問に、他のジュニアが「電池が消耗しない」等の便利な機能を挙げる中、北斗くんの答え。かわいい。タケコプターほしいって発想もかわいい。健やか。

北斗くん、スマホ落としても困らないって言ってたし、ガムシャラの時間つぶしのときもスマホじゃなくて「DS持って来ていい?」って言ってたし、本当に使わない(友達いない)んだろうな〜。かわいい。

ジェシー「中学はボランティア部だった。お花に水をあげたりして。」
北斗「初めて聞いた。どうぶつの森みたい(笑)」

きました、みんなだいすきどう森ネタ。北斗くんに担降りした人のブログ読んでると、高確率でどうぶつの森が出てくるのほんとおもしろい。すき。自分がやってるだけあって「お花に水あげる=どうぶつの森」の思考回路になるのかわいいなぁ。お花にお水あげるじぇしたんもかわいいね。

「おれは自分の誕生日に親に旅行をプレゼントしたことがある。でも誕生日当日に出発しちゃったから、おれは家でひとりで洗濯機を回して過ごしてたんだけど(笑)」
2017.02 POTATO

北斗くんのご両親の話はけっこうよく出て、そのどれもが親孝行息子で涙ホロリなんですが、個人的に一番すきなのがこれ。タイムマシンに乗れるならご両親の新婚旅行を覗きに行きたいし、お父さんが作ってくれた親子丼がおいしいって話も雑誌でするし、家族とパンケーキ食べに行くし、お母さん秘伝の炊き込みご飯は田中家のツタンカー麺に負けないくらいよく出てくるし。こんないい息子いないでしょ。ちなみにお母さんには「北斗ちゃん」って呼ばれてます♡おばあちゃんにはいまだに「北斗はかわいい」って言われてます♡かわいい。

めんどくさい

まあ、北斗くんのかわいさの醍醐味はなんといってもめんどくさいとこですよね!

ラジオでも話がめんどくさすぎて、最後まで話し終えるのにものすご〜く時間かかったり、ボケがめんどくさすぎて、全然オチが伝わらなかったり。

何フェチ?「足の指がすき。理由は語れるけど語らない方がいい気がする(笑)」
すきな女の子のいやなフェチは?「(しばらく考えて)女の子が足の指って言ったらおれは引く(笑)」
2015.11 Wink Up

め、めんどくさい‥‥ちょっと爪痕残してやろうって変なこと言って、でもそこまで変な人じゃないんですよって予防線張るのかわいい極まってんな。

「太陽がおれ以外の人も照らすことにジェラシー。おれだけを照らしてほしいのに‥とおれの世界観を気持ち悪く表現してみました(笑)うん、意味わかんなくていいの。こいつばかだなあと思ってくれれば本望。」
2016.09 POTATO

うん。かわいい。

岩本「SixTONESだと誰が一番気合いでなんとかしようとするの?」
北斗「ジェシーじゃない?あいつが一番何も考えてない(笑)」
渡辺「あ〜、逆に?」
北斗「逆になんですか?なんで今「逆に」を使ったんですか?何と何を比較してその「逆に」が出てきたんですか?」
2016.10 Wink Up

めっ、めんどくさ〜〜〜〜っwww 先輩がいると、北斗くんのかまってちゃんは最大限に発揮されるので、すのすと対談は基本めんどくさかわいい。あと何気に樹と北斗くんがちゃんと使ってるのもすきです。

眠いときどうする?「目覚めのツボを携帯のボタン並みに押しまくる。」
2016.02 Wink Up

「目覚めのツボを押す」でいいのにさ!かわいいねまったく!携帯のボタン並みってよくわかんないし、余計な言い回し入れてくるの北斗くんっぽい。

ちょっと北斗くんの可愛さにわたしの語彙が奪われているので、ここからは画像に頼らせていただきますね。

不器用

f:id:never-ending-dream:20170423165628j:plain

こんなに険しいお顔で、誰よりも真剣に取り組んでいるのに10円玉が全く立てられない。1回も立てられない。隣の樹なんてギャーギャーしながらなんやかんや数回立てられてるのに、もうひどいくらいたてられない。かわいい。

f:id:never-ending-dream:20170423165629j:plain

みんなの台車の乗り方がダサいから、自分はかっこよく乗ります!と盛大にふっておいて

f:id:never-ending-dream:20170423165632j:plain

かわいい。しかも、映像で見るとわかるんですけど、一回台車つかもうと(?)ガッと動くんですよね。

f:id:never-ending-dream:20170423165634j:plain

お背中見えてる。かわいい。

f:id:never-ending-dream:20170423165636j:plain

ウィンクはちょっと苦手。

一生懸命

f:id:never-ending-dream:20170423165649j:plain

身振り手振りが大きい。とくに少クラのJr.にQはかわいいの宝庫。

f:id:never-ending-dream:20170423165639j:plain

Sixパリピ集団TONESを表す手振りがぐーしてどんどんなの、かわいいいいいいい。

f:id:never-ending-dream:20170423165641j:plain

そこからの「たんぽぽの成長」発言もかわいい。

f:id:never-ending-dream:20170423165642j:plain

ごはん食べるときや何か書いてるときはだいたい一生懸命。険しいお顔してる。

f:id:never-ending-dream:20170423165646j:plain

話すときも一生懸命。北斗くん、名言製造機だし語彙力にもびっくりするけど、話す前にすごくすごく考えて話してるし、話してる最中も丁寧に言葉選びながら話してるから、お顔がむ〜ってなる。そういう真面目なとこがだいすきだし、やっぱりかわいい。

Wピース

f:id:never-ending-dream:20170423165652j:plain

犬歯

f:id:never-ending-dream:20170423165658j:plain

お顔くしゃくしゃ

f:id:never-ending-dream:20170423165655j:plain

猫中毒

f:id:never-ending-dream:20170423165509j:plain

以上です!かわいいを摂取しすぎて脳内デロデロです。すごい、ほんとにかわいいしか言ってない。だんだん「ほくちゃんかわいい」しか言えなくなってきて、最後には何も言えてないの笑う。今までで一番まとまりも何もない記事になってしまった。全ては北斗くんがかわいいせいだ。そうだそうだ。だよなー、みんなー?\そうだー!/

ところどころ出典漏れてるので気が向けば修正します〜。このかわいいほくちゃんもぜひとも載せてくれ!ってご意見はいつでもウェルカムですのでお気軽に!あ、あと気が向けば動いてるほくちゃんも見てね!(どさくさ)

とにかくAmazing!!!!!!を見てほしい。

言いたいことはただひとつ。

4月14日(金)午後6時からNHK BSプレミアムで放送の「ザ少年倶楽部」を見てほしい。

レコーダーがいっぱいなら、わたしがとんでいって編集手伝うから録画して!くらいの気持ち。一度、騙されたと思って見てください。このブログはとても長いので、ここから先はもう読まなくていいです。言いたいことはAmazing!!!!!!を見てくださいということだけなので。とにかく、忘れないうちに、今すぐリモコンを手に取り、録画予約を!

f:id:never-ending-dream:20170412012703j:plain

今日ブログを書いたのは、全ジャニオタ‥‥いいえ、多くは望みません。ひとりでも多くの人にAmazing!!!!!!を見て欲しいから。

もし、このブログを読んでくれているあなたが、いつかSixTONESをすきになったとき、Amazing!!!!!!の少クラ初披露をレコーダーに残している自分に「よくやった‥!」と、とても感謝したくなるはずだから。

え?これから先、SixTONESをすきになる予定はない?
じゃあ、質問です。あなたは今の自担をすきになる予定はありましたか?
いいえ、落ちるの。ある日突然。

クソみたいな茶番に付き合わせてしまってごめんなさい。(ブルゾンちえみだいすき♡)でもでも、この人には絶っっっ対落ちない!と思ってた人を今担当にしてる人〜!ジャニーズなんてすきになる予定じゃなかった人〜!ほら、心当たりあるでしょ?何があるかわからない、それがジャニオタ人生です♡

そういうわけで、このブログを読んでくれた誰か1人でもAmazing!!!!!!を見て、SixTONESをすきになってくれますようにとの願いを込めて、Amazing!!!!!!のすきなところについて、つらつらと書いてみようと思います。最後まで読んで頂ければこの上ない幸せです。

ちなみに、収録には参加していないので、東西SHOW合戦、Jr.祭りの横アリたまアリで見たAmazing!!!!!!についてです。そして歌詞は何公演か通して聴いたりモニターを見て覚えたものなので、間違っている可能性大ですがご了承ください。

以下、放送後に加筆修正を行いました。ぜひネットの海におっこちてる映像をご確認ください。

イントロ

(東西)ステージ中央に歩いてくる6人。前から順番に座って、一番うしろの慎ちゃんのアクロバット。暗闇の中のアクロバットめちゃくちゃかっこいい。ちなみに放送は東西バージョンでした。4月放送分は東西のときと一緒だったけど、5月放送分(ありがたいことに収録参加しました)は、また違うアクロバットだったのでおたのしみに♡ f:id:never-ending-dream:20170412012743j:plain

(横アリ)「We are SixTONES」の声とともに、拳を突き上げる6人のシルエット。ピンクの照明に照らされた6人の影がほんとにかっこいいんだ。この時点でかっこいいのずるいよね。高身長だから、シルエットがかっこいい。 f:id:never-ending-dream:20170412012810j:plain

三角形のフォーメーションであぐらをかく6人。あぐらスタートって新しいな?!俯きながら、腕でリズムをとる。こぶしを斜め上に突き上げる。ひざでリズムをとる。ここの「始まるぞ‥!」感が至高。鼓動とリズムと振りが呼応してる。ロケット花火の導火線がチリチリ燃えてる感じ。で、腰をうかせてくねらせるところで発射されるよね。ズドーーーーン!!!!!! f:id:never-ending-dream:20170412012823j:plain

揺るぎない自信

見せるから ほら こっちに来いよ
Checkしとけ おれの全て
上げる Level 思うままに Amazing

SixTONESのよさはパフォーマンスにあり。それは常々メンバーも口にしているのだけど、オリ曲の歌詞にまで滲み出るその自負。今からすごいもん見せてやるから、目を離すなよ?と始める6人。イントロで「何か始まるぞ」と思わせて、導入の歌詞で「こっち来いよ」「Checkしとけ」って、さらにワクワクさせてくれる。

原石+音色=SixTONES

We are SixTONES 輝き放つ おれらの原石 Amazing
We are SixTONES 歌声にして 響け音色 Amazing

「We are SixTONES」と、グループ名を声高らかに叫ぶSixTONESSixTONESの名前の由来は、stone(原石)とtone(音色)。それを織り交ぜた歌詞なんて、デビュー曲みたいじゃありません?それに原石と書いてストーンズと読ませるのもかっこいい。

ここのメロディ、頭から離れなくなる上に、歌詞にSixTONESらしさが詰まっているのがうれしくて、初めて聴いて以降、ふとしたときに口ずさんでしまう。

京様召喚

Hey you Regret させないぜ

きょもくん以外の5人で五角形を作り、その中心でぴょんぴょこしながらラップするきょもたん。まわりの5人が手でパワー送ってるみたいなのがすき。

真似できる振り付け

踊るのが難しい振りをつけるよりも、誰もが真似できるような振りをつける方が実は何倍も大変って関ジャムですごい振り付け師さんが言ってた。見てすぐにそっくりそのまま真似ができるほど簡単ではないけど、Amazing!!!!!!のサビは、真似できるパートがあります。

1.2.3.4.5.SixTONES お前らは守るから
1.2.3.4.5.SixTONES どこまでもついてきな

この1.2.3.4.5.Sixで、数字に合わせて指を折り、パッとSの字になるように手をひっくり返して、TONESでぐるっと6の字を書く(と思ってる)ように腕をまわす振り付け、天才。ペンラを持ってるなら、最後のぐるっとまわすとこだけでも一緒にやってたのしいはず。詳しく知りたい方は、every.のSixTONESの紹介で流れているのでチェックしてみてください。 f:id:never-ending-dream:20170412012856j:plain

彼らのために作られた曲

SixTONESのメンバーカラーが入った歌詞。

Redがあがれば 飛び込む Blue
Yellow キラキラ 行くぜ おれらは
rock rock rock'n yeah yeah
Blackが魅せれば 弾ける Green
Pink ハラハラ 行くぜ
so so we are Amazing

祭り横アリの記者会見しかり、何事にも真っ先に手を挙げ、名乗り出るのがジェシー(赤)、そこに飛び込んで盛り上げる樹(青)、いつもキラキラとしたアイドルスマイルでいてくれる高地くん(黄)、その美しさで多くの人を魅了してやまない北斗くん(黒)、弾けんばかりの元気さと無邪気さが眩しい慎太郎(緑)、ハラハラと優雅に舞う京本くん(桃)。

SixTONESのメンバーそれぞれに掛け合わされた言葉が、まさにその人となりを表しているかのよう。SixTONESのためだけに作られた曲なんだとうれしくなるよね。

天才的な歌割り

SixTONESって京ジェのツインボーカルで歌ってるイメージが強いかと思うのですが、他の4人の声だってとっても素敵です。SixTONESの歌のスキルの高さが詰まった楽曲。(完全なる贔屓目です。)

そして、歌のスキルが高い上に、歌割りが天才。

ジェシー)Ha Ha

いやいやいやいや、こんな二音でかっこいい人います?!樹ラップに入る前にすでにやられる。

(樹)おまえら絶対裏切らないから

この「お〜↑ま↓えら〜↑」がはちゃめちゃにチャラい。チャラい衣装でチャラいお顔でチャラい口調で「おまえら」って歌う樹くんズルい。「おまえ」って呼ばれたいジャニーズNo.1(私調べ)の樹くん。各Gのファンの名称ってあると思うんですけど(とびっこ、セクガル、ジャスミン etc.)、SixTONES担にどんな名前がつけられようと、樹くんには絶対「おまえら」って呼んで欲しいでしょ。この「おまえら」には田中樹の全てが詰まってると思う。樹が歌わずしてだれが歌う?

「見とけよ」「ついてきな」って彼らが突っ走ることができるのは、どんなにほかの人に裏切られても、おまえら(=ファン)がSixTONESを裏切らないから。そういうSixTONESとファンの距離感・関係性を表している歌でもあるのかなと思うと胸が熱くなる。そうだとしたらうれしいな。それにサビの「おまえらは守るから」と対応してるのもいい。SixTONESはファンのことを守ってくれるし、ファンはSixTONESを裏切らない。

(北斗)夢はまだまだだが 四面楚歌 not a matter

樹パートで、樹くんが先頭に立ってSixTONESを引き連れてるのですが、そこから北斗くんが飛び出してくる。もうここが、めちゃくちゃにかっこいい。

そして、この超強気パートを歌う北斗くんよ。それに、四面楚歌だって、本当のひとりぼっちじゃなくて、SixTONESとそのファンたちのこと、そのまわりにいくら敵がいたって問題ないってことだと、今の北斗くんが歌う「四面楚歌」はそういう四面楚歌なんだと思う。「お前らは絶対守るから」から「四面楚歌 not a matter」に繋がるの、最高にもほどがある。

(高地)愛が欲しけりゃ 任せろ love

こんなぴったりな歌割りがあるでしょうか?SixTONESの愛と平和の象徴、優吾のために書かれた歌詞なの?一番任せられる人、任せたい人。任せたぞ、優吾〜!そして「ら〜↑ぶ」で手で♡作るのかわいい。

なのに!!!!ここから先のパートは少クラでカットされています(号泣)いつかフルの披露ありますように。

(慎太郎)泣いているなら 寄り添う style

初めて聴いたときから、ここが一番すきだった〜!泣いてたら、励ますでも涙を拭うでもなく、寄り添ってくれる。そばにいてくれる。

今と未来

おれらまだ原石さ 固い意志 光る石

今はまだまだ原石。いつかもっともっと光る石となるべく磨いていくぞという固い意志。韻も踏む。はあ、めちゃくちゃかっこいいじゃないですか。現状に満足せず、これからも研ぎ澄ませるぞという宣言が、もう、もう、かっこよすぎて慄く。しかも、そのことに関して固い意志を示してくれる。極めつけは、北樹で背中合わせになってセンター割ってるってとこですよ。かっこいい以外の語彙を奪われる、見るものを圧倒するかっこよさ。

Six横一列TONESの強さ

見て。

f:id:never-ending-dream:20170412012939j:plain

途中のサビ、とくに踊るでもなく、突っ立って(ひとりはヤンキー座りして)歌ってるんです。それだけなんですよ?!なのにかっこいいって何事?

たまアリで連番してた海人担が終わってからもずっと「ひとりだけ座っててあとはみんな立ってるとこがかっこいい」って言ってくれてたんだけど、立ち姿が一番印象に残るってすごいよね。

アリーナ向けの演出

ジェシーの「Clap your hands!」で会場に手拍子を促す。会場の一体感にぞわぞわ。(少クラではここから放送あります。)

(京本)響いてるだろう おれらの音色 終わらない
(京ジェ)抱きしめて 離さないぜ 覚悟しろよ

「抱きしめて 離さないぜ」って、あら、甘い言葉囁いてくれるじゃないと思ったら、「覚悟しろよ」ですよ?どこまでもかっこいいんだな、この人たち。

縦花に一列になるSixTONES。舞い降りる無数の白い羽根(たまアリ少なかった‥)。衣装との親和性が高い。

f:id:never-ending-dream:20170412013210j:plain

1.2.3.4.5.SixTONES!!!!!!

1回目はお決まりの振り。

1.2.3.4.5.SixTONES!!!!!!

前から順番に、1.2.3.4.5.Sixで動いていく。目線が大きく動くから、アリーナを実感する!東西と違うところでは、ここが一番すき!

それと、メンカラ歌詞のとこで色に合わせて(Blackは白)照明が切り替わるのも素敵。

f:id:never-ending-dream:20170412013237j:plain

全っ然、言葉じゃ伝えられなくてもどかしい!!!なんかね、もっとこう、ジャニオタじゃない人にも刺さるようなマーケティングをしたい。でも骨の髄までジャニオタだからジャニオタっぽい文章しか書けなくて悔しいですっ。とにもかくにも見てください!見たらわかる!

あと、MORISHINさんに印税払いたいので、はやくCDにしてください。

衣装

今回のために作られた衣装もこれまた天才なんですよ。だから衣装についても書かせてください。黒テカテカレザー×白モフモフ×銀ギラギラ。ザ!SixTONES!な衣装。最高。

ジェシー

ロング丈のジャケットはジェシーのためにあると言っても過言ではないほど、お似合いの金髪ジェっさん。パンツが左右で黒と白になってる!脚が長い!ジェシーって白がすごく似合う人だと思ってるんだけど、ジェシーの着る白は純白とか潔白とか何にも染まっていない色じゃなくて、眩しく輝く白色。自ら輝く、白に染まるべくして白になったような白。今回の衣装も6人の中で白がキラキラしててすき。

京本大我

大我ちゃんの短髪と長い黒布の相性の良さといったら!キャップもすきだけど、布のほうが頭の黒いひらひらと、腰についたモフモフのしっぽが、踊る度に揺れて、綺麗。ブーツなのもかわいい。育ちのよさが滲み出る美しいお顔をしているのに、ギラギラも似合ってしまうんだなあ。あと華奢な手首が覗く丈たまんないね?

高地優吾

髙地先生ってなんであんなにハチマキが似合うのでしょうか?スタイルおばけだから、パンツはシンプルなのが大正解。スラッとした人がゆったりしたパンツ履いてるのだいすき。ゆとり!ゆとってる!ってその何も詰まってないところに細さを感じてときめく。高地くんってスタイルまでリア恋だから困っちゃうわ。腕のゴワゴワは片方だけ白になってるのね〜!ジェシーとおそろじゃん。

森本慎太郎

わ〜い!しんちゃんのふくらはぎに布が与えられている〜!あと、腕がごついのがとてもよい。もともと筋肉がしっかりついてるから、着られてる感がなくて、凛々しくて素敵。上がダボッてしてて、下はキュッとしてるシルエット、慎ちゃんすごく似合うよね!

田中樹

チャ〜ラい!ちょっと長めのシャツ似合う人って、ジャニーズ特有のチャラさがあって最高。意外と(?)一番樹くんの衣装がギラギラしてないんだよね。なんなら6人の中で唯一爽やかさ残る衣装な気もする。スニーカーだし。でも圧倒的なお顔のチャラさでバランスがとれてる。あ〜ほんと顔がチャラい。(すき)

松村北斗

長い脚、がっしりとした腰、ぷりっとしいた太ももという至高な曲線美を一番伝える真っ黒のスキニー。でもそれを長めの丈のジャケットで隠しちゃうっていうね!いいんだいいんだ、ときどき見える、それこそがEROだから。そして、そのジャケットは、小さな顔、広い肩幅、キュッと締まったウエストの完璧な黄金比を強調するように、肩には羽根、胸からお腹にかけて細まっていくラインのデザイン。この肩の羽根がね、後ろから見ると、踊る度にフワフワして、北斗くん天使かな?ってなるんですよ。北斗くん、デフォはサイゼリアの天井の絵に描かれてるようなぴよぴよきゅるん天使ちゃんだけど、このときばかりは大天使。ラファエルかミカエル。美。

で、何よりも隆々とした上腕二頭筋にぐるぐると巻きつけられた黒いレザーの紐!!!!!!上腕二頭筋にぐるぐると巻きつけられた黒いレザーの紐!!!!!!(大切なので二度言いました。)

あえて片腕だけに巻くのが特別感あっていいよね。しかも、これ、脱ぐとさらにスゴイんです♡ぐるぐる巻きはインナーのタンクトップについてるので、脱ぐと右腕はHOTLIMIT、左腕は胸筋まで露わになるというご褒美具合。謎のポシェットも可愛らしくてまたよし。「造形美」と書いて「まつむらほくと」と読む、そんな北斗くんの纏う衣装は、彼の身体の美しさを余すことなく伝えてくれる、最高傑作だと思います、ああ、アメージング。これ以上すきな衣装は、今後出てくることはないんじゃないかと割と本気で思ってる。語るに語り尽くせないので、とにかく見てください。そうしたら、この衣装に、いかに夢と性癖が詰まっているか、本能で理解できるはず。

ごめんけど、他のメンバーの衣装をちゃんと見たの、誌面とWSが初めてです。このブログを書くにあたって確認して、こんな衣装着てたんだ?!と知りました。ごめんなさい。だって公演中は1秒でも多く北斗くんと北斗くんの衣装を見ていたいじゃない‥しかもね、今月の前半誌で北斗くんが「衣装や構成に自分たちも意見を出して、だからとっても気に入ってる曲だよ」って言ってたんですよ?!どうする?!もし北斗くん自ら、黒いレザーを二の腕に巻き付けようって提案してたらどうする?!?自分の二の腕の需要わかりすぎでは?!いや、ことの真相はともかく、このぐるぐる巻きを北斗くん自身も気に入ってるという事実に震える。すき。

でも、本当どのメンバーもぴったりな衣装着せてもらってるのね。曲も衣装も全部SixTONESのために作られてるって、その事実に触れるたびになんとも言えないうれしさがこみあげてくる。うれしいね、Amazing!!!!!!を聴くたび見るたび、うれしい。北斗くんだけ異様に長いポエムでごめんなさい。さすがに書きながら、私は何を言ってるんだ?と思いました。反省はしていません。衣装さん天才。

最後に

Amazing!!!!!!、東西で初めて見てからかれこれ10回くらい見ているのに、いまだに衝撃を受ける。なにこれ‥ちょうかっこいいんだけど‥って。いつまでもかっこよさに慣れることがなくて困る。あらゆる雑誌で、本人たちも相当気に入ってる、気合いを入れて披露してると発言してるけど、見るたびに凄くなっていってる!オリ曲なので、今後も披露する機会があるかもしれませんが、きっとそのときにはまた「こんな成長してんの‥!」と衝撃を受けることでしょう。正直、CDになってないジュニアの曲をここまですきになるとは思ってもみなかった。PVないのがツラすぎる。

こんな長いブログを最後まで読んでいただいた方がいましたら、本当にありがとうございました。わたしが愛してやまないAmazing!!!!!!というまさにアメージングな楽曲の素晴らしさが、こんな盲目で贔屓目な、語彙力を失った褒め記事で伝わっているかは謎ですが、こんなに長々と褒めてるなんて、なんぼのもんじゃい、ちょっと見たろか〜と興味を持って頂けたらとってもうれしいです。絶対に絶対に後悔はさせないので、4月14日(金)午後6時〜の少年倶楽部、録画してくださいね♡

さあ、SixTONES沼へ、せ〜の!

ズドン!!!!!! f:id:never-ending-dream:20170412013257j:plain

ジャニーズJr.祭り さいたまスーパーアリーナ公演

Jr.祭り さいたまスーパーアリーナ 4/8・9 SixTONESのみ

OP

4/8 昼

聴き慣れたイントロ、ウィーケン。えっ、セトリ変わってる?!SixTONES何歌うの?!

えーーー?!?!インストなのーーー?!?オリ曲の中で唯一横アリのセトリ選抜落ちしたインスト。SixTONES担みんなが横アリでのパフォーマンスに満足しつつも、控えめに持っていた願い「インストもアリーナクラスで見たいな」を叶えてくれるSixTONES、わかりすぎてる。ファンのやってほしいことをやってくれすぎ。どんどんわがままになっちゃうのに、叶えてくれる。

4/8 夜

えっ、紅い花?!昼とセトリ違うの?!SixTONES何歌うの?!

えーーー?!?!SHOW×SHOWなのーーー?!?(既視感)これ聴いて歓声あげられるの、東西に入った限られた人間だけだというのに、これをOPに持ってくる強気の選択!しかも「掴み取れNo. 1!」「世界変えるのはおれたちなのさ」という歌詞までも超強気ソングをJr.祭りという場で歌うという、強気of強気。そういう姿勢がすきなんです。

4/9 昼

さてさて、昨日の昼と一緒かな?インストくるかな?えっ、KING、夏の恋は虹色に輝くのやつ歌うの?!またセトリ変わってるの?!SixTONES何歌うの?!

Brave!えーーー?!?!Brave!\Soul!/びっくりして1回目のブレイブソウルC&R間に合わなかったわ!まさかすぎた‥‥ハイBが鉄パイプ振り回してるの見て、SixTONESにもやらせて〜!って地団駄踏んでたけど、OPでBraveSoulするとは‥Six攻めすぎTONESちょうすき‥オリ曲へのこだわりの強さ、パフォーマンスへの自信がかっこいい。

4/9夜

さてさて、こちとら公演ごとにセトリ変えてくることはもうわかってるんだ。次は何だ?!もうオリ曲ないぞ?!LOVEでも歌う?!ジーンと聴かせちゃう?!

「C'mon! Let’s go!」‥‥って、ビークレかーーーい!いや、すきだけど!ごめん!勝手に東西曲で固めてくるやろとか決めつけてごめん!ビークレすきだよ!横アリ以来のビークレたのしかった!おかえり!やっぱり祭りのしょっぱなはガツンと強い曲で打ちのめしてくるのがSixTONESだよね!ラストにふさわしい、激しいヘドバンでした。

大阪どうなるんだろ〜!わくわく!

SixTONESパフォーマンス

次ドロストだな〜!八の字に揺れるたまアリの景色はどんな‥‥

え、出てくるとこ変わった?!

え、うそ‥‥

「Just shake it, Shake it baby〜♩」

えええーーー!!!

これSixTONESのオリ曲だっけ?ってくらい自分たちのものにしてるよね。(キスマイ担さんごめんなさい、いち贔屓目スト担の戯言です‥)最初のイントロで「ウワッ‥‥!」ってなれる曲。

C'mon! Next Juri!みたいな掛け声ではじまる樹くんのラップ半っ端ない‥‥樹くんラップさらにうまくなってない?!美勇人くんがラップしたり、ヴァサにライバル宣言されたり、他にラップJr.が出てきたからなのか、おれのラップが一番だろ?な?と有無を言わせぬオーラが凄かった‥めちゃくちゃかっこよかった‥

そして、SIX SENSES、Hell No、愛のコマンドの過去の少クラ披露曲REMIX。この流れ、東西で経験してるのに、新鮮にわいた。痺れた。SixTONESの原点でもあるシェケから、今までにやった曲たち、そして今のSixTONESを表したAmazing!!!!!!に繋がるの、SixTONESの歴史をぎゅぎゅっと詰め込んで、今までのSixTONESもいいけど、今のSixTONESが一番かっこいいだろ?とでも言ってるかのようで、平伏すしかなかった。SixTONES天才なの?知ってた。

Amazing!!!!!!、横アリで披露してから他担に大好評でるんるんしてたけど、会場の「Amazing!!!!!!くる‥!くる‥!‥‥きた!!!」って空気を感じて、うれしくてたまらなかった。みんながたのしみにしてくれてる‥!そしてその期待以上のパフォーマンスで沸かせるSixTONES。さらにさらにかっこよくなってたんですけど‥どこまでかっこよくなっちゃうの‥末恐ろしい。

樹くんの「お〜↑まえ↓ら〜↑」がはちゃめちゃにチャラくてすき。樹くんの引き連れるSixTONESの中から北斗くんが飛び出してくる流れが最高。さらに北斗くんのソロパートの歓声とモニターに抜かれるお顔が最高の上をいく最高。北樹の背中合わせの「おれらまだ原石さ」もこれまた最の高。最も高いはずの最高を一瞬で次々と塗り替えていくAmazing!!!!!!、so so Amazing!!!!!!

今回、いつもの海人担と、あとは公演ごとに違うデビュー組担の人と連番してたんだけど、公演後に「Amazing!!!!!!どうだった?かっこよかった?でしょ?でしょ!次の少クラでやるから見てね!」って何回もドヤれた(ほぼ脅迫)の、SixTONES担であることを誇りに思った。みんなSixTONES沼に落ちちゃおう?せ〜の!\ズドン!/

MC

「どうも〜!」「1.2.3.4.5.SixTONES!!!!!!」この挨拶で盛り上がる会場に、Amazing!!!!!!がいかに響いてるのかを実感した‥いや〜、ほんとAmazing!!!!!!強い。

樹(ときどき北斗)「ジェシー、いつものやりましょう!」
ジェシー「せ〜の!」\ズドン!!!/
た〜のしい〜!

ズドン!が"いつもの"になってること、ジェシーが「せ〜の!」って言うだけで会場みんなで「ズドン!」ってできること、すごいことだよね。ジェシーといえばズドン!SixTONESといえばズドン!せ〜の!ズドン!やり続けるって大事。

この星のHIKARI

4/8昼

横アリでは「歌ってる人は歌ってねー!(訳:知ってる人は歌ってねー!)」って一緒に歌ってたのが、自分たちは一切歌わず、会場にマイク向けて、来てくれたお客さんに歌わせるの‥?!東西みたいなスト担密度の濃い現場でなく、ここで?!なんてチャレンジング‥!あっ、結構歌ってくれてる‥!うれしい‥!

でも、途中で心配になって、マイク通して歌いはじめるジェシー。ちょっと悔しかったな。

4/8夜

昼公演よりも大きな声で歌うたまアリ。でもやっぱり、途中で自分で歌っちゃうジェシー

4/9昼

この公演の、センステに立つSixTONESがみんなで360°ぐるっと外に向いて、マイクを客席に差し出す姿、とっても感動した。絶対に忘れたくない光景がまたひとつ追加された。どれだけいい景色を見せてくれるの。たまアリの歌声も、初日よりずっと大きくて、ストコンに来たわと思った。

4/9夜

ラスト公演だけアレンジしてくるSixTONES
ジェシー「ふと見とれてしまうから〜‥さいたまっ♡」
樹「時が止まればと〜」北斗「さいたま最高〜♩」
ジェシー「愛してる!(この全て)」京本「愛してるっ!(僕の手で)」

生歌最高。そして「横アリありがと〜♩」から「さいたま高〜♩」にする北斗くんのセンス。すきしかないっ‥

4公演の中で一番の大合唱。SixTONESもイヤモニ外して、とってもいい表情でたまアリの歌声を聴いていて。初日は不安げに歌い始めてしまったジェシーが最後に「最高っ‥!」って言ったのがしみじみと心に響いた。うれしかったよね、自分たちの初めてのオリジナル曲、大切な曲が、SixTONES担のみならず、全ジュニア担に愛されてた。本当に本当にしあわせな瞬間だった。

昔、誰かが「楽曲はリリースがゴールじゃなくて、ファンが覚えてくれて、歌ってくれて、育ててくれて、やっと楽曲として完成する(ニュアンス)」みたいなことを言っていたけど、この星のHIKARIも、たまアリのみなさんとともに、さらに成長したね。その成長の過程も見せてもらえたこと、徐々にまとまっていくたまアリ、本当にうれしい。

バスケ

Snow Manいないけど、どういうペアでやるんだろう?松松&テラと何かやったりす‥‥って、てんだらーーーー!!!東西だアーーー!!!(歓喜

衣装もやってることもだいたい同じっていうのがまたもうね、前日の少クラでぶり返してしまった東西ロスをドカンと吹き飛ばしてくれた。でも北斗くんのスウェット、東西ではあんなにビリビリじゃなかったよね‥?喧嘩でもした?(違います)北斗くんと慎ちゃんで足のまわりをボールでぐるぐるしたり、ボールどうしでぽーんってあてて飛ばすのとか、だいすきだったからまた見れてうれしかった。

北斗「誘う君〜」髙地「困る僕〜」のセクシー→キュート攻撃も相変わらず!

2dollars〜の歌詞に合わせて、ぴょんってピースして見せる北斗くん激かわ。あと手を交差させて、ボールをぐるんって上に飛ばすのかっこいい。

OPの東西曲にしろ、SixTONESメドレーにしろ、10$バスケにしろ、東西で「ぜひSixTONES担じゃない人たちにも見せたい‥!」が埼玉で叶えられるとは‥SixTONESわたしの願い叶えてくれすぎでは‥?

そしてバスケ後半は、他ユニメンバーをゲストに迎えてバスケの技に挑戦させるという新しい見せ方‥!なるほど‥!ゲストJr.たちも回を追うごとに上達していて、さすがですの一言。ボールの手配やゲストJr.への声かけなど、気を巡らせているできジュSixTONESを堪能できました、ほんとは真面目でいい子たちなんですよ!

4/9昼公演がほぼ決まっていて、すごい盛り上がりだった‥!ラスト公演で決めきれなかったの悔しかったけど、ジェシーちゃんが「入った入った!」って大声で主張するから、「うんうん入ったねえ〜」ってモンペかましてしまったわ。

*

Jr.祭りたまアリ公演、開演してから終演まで、一分一秒全てたのしかった!挑戦的なOP、東西セトリAgain、ラスト公演のオールバックと、SixTONES担をよろこばせることにぬかりのないSixTONES。十二分にたのしませてもらいました。

そして、Amazing!!!!!!にのみこまれる会場、せ〜の!\ズドン!/のC&R、この星の大合唱、バスケでの盛り上がり、あちらこちらで耳にするSixTONESへの称賛の声。他のユニットを見に来た人たちも巻き込んで、強烈なインパクトを残したSixTONESが誇らしくて仕方ない!SixTONESと、彼らのパフォーマンスが、会場の誰からも愛されていることが、何よりもうれしかった。なんとなく、他担から見たSixTONESは生意気・怖いっていう印象があるのかな?と勝手に思っていたから、こんなにも愛されてるんだ、って何度もジーンと来てしまった。SixTONES、とってもいいグループ、だいすきだよ。SixTONES担でよかった。

ジェシーが「帰ってから寝るまでがJr.祭りです!」って言うから、まだ祭りが終わらないうちに勢いだけで感想まとめた‥!まだ祭り終わってない!初日の公演前に起きたことについては、またゆっくり考えをあたためてから書きたいと思います。とりあえず1時間の生放送ラジオを1日に2本もやってのけた安井くんをはじめ、自慢の美しいお顔を晒せず、音声だけで不満たらたらのお客さんの気持ちを和らげた才能溢れるジュニアたちに、事務所はたんまり残業代払ってね♡

今のジャニーズJr.の言葉(2017年春)

TVfan CROSS vol.22

※ただの深読みです。いつもブログ長いけど、今回も長いのでPC推奨です。ふだんブログはPCで書いてPCでしか見ないから、iPhoneでの見にくさに驚いた‥

この対談は、きっと思い返したくなるときが来ると思ってブログにまとめました。この瞬間は、今にしか存在しなくて、その儚い時間を結晶のように固めておきたくて。それと、自分自身、改めて、厳しい世界で、明日どうなるかわからない状態のジュニアを応援してるんだよという覚悟も。

岩本照×川島如恵留

川島「Travis Japanにはアクロバットができるのは僕だけだから、そんな僕が人並みのものしかやってなかったら、あんまり目立たないというか、そこまででしかない。Snow Manも超えられない。」

のえるくんはとてもまっすぐだなと思った。

岩本「全部中途半端な感じだなって思う。踊りにしろ、歌にしろ、アクロバットにしろ、芝居にしろ、何か自分に満足していない部分が絶対どこかしらあるからこそ、こいうふうにいろいろとやってるんじゃないかな。」

意外だった。のえるくんにしろ、ひーくんにしろ、アクロバットっていう大きな武器がある人だと思っていたから。こんなに大きな武器を持っていてもなお、こんな思いを抱えてもがくほど、シビアな世界で生きているんだと改めて思い知らされた。

岩本「最近、何かを手に入れたら確実に何かを失わなければならないなっていうのは感じてる。(略)正直、アクロバットも最近キツイなって思ってるし。(略)難しいし、大変なことだけど、これからは全ての平均をなるべく上回ることができたら一番の理想かな。」「偏ったものを持っているだけじゃダメだと思うんだよね。」

途中まで、今の彼らの厳しい現実を突きつけられて、胸が痛かったけれど、のえるくんもひーくんも、まっすぐで、下を向いてはいなかった。だから読み終わったあとには、希望があった。こうやって、悩んで、必死になって、若いエネルギーで生み出したもの、だからこそ彼らは輝くんだ。こういう、揺らぎながら、それでもガムシャラに進む姿に胸打たれるんだな。

この対談、2人とも、並んでまっすぐに前を見つめながら話してるみたいで、とても素敵だった。

京本大我×安井謙太郎

京本「あの時はみんなすごいマジメだったなと思います。」「それこそ今のTJみたいな感じ。休憩時間でも振り付けを完璧に固める。」

今のトラジャ以外は振り固めはあんまりやってないのかな‥

京本「絶対この人と一緒じゃないとイヤだとかはないんですよ。その場所その場所で与えられたものをやっていって成長したいタイプだったので。(略)一緒にやりたいなっていうよりは、お互いに別々でも進んでいければ、どこかで意識し合ってお互いに向上していければ、それが面白いと思う。それで、将来SixTONESLove-tuneで大きい会場でライブをやるとかってなったとき、コラボコーナーで2人が歌うとかは良いと思うし。」

今のSixTONESだって、他のグループだって、必ずしもずっと一緒なわけじゃない。それでも、それぞれが進んでいれば、って京本くんの言葉が深く刺さった。進む先に、輝く未来が待っていますよう。

京本「後々(SixTONESの)メンバーにも話したんだけど、それまで一緒にやってたメンバーとはマジメさが正反対で。バカレア、今のSixTONESって、本番ですごい力が倍以上に発揮されるんだけど、リハとかはオレからすると大丈夫かな?これで本番やって大丈夫かな?って不安になるくらいの抜き加減だったから、モチベーションが全然違うなって思っちゃったんだよね。」

京本「1回バラバラに活動する期間があったのが本当に良かった。遠回りになっちゃったけど、バラされてなかったらどっかで鼻を折られてただろうし。そこからの危機感とか焦りとかでみんな目が覚めて、前より本当にみんながちゃんと考えるようになったんだよね。だから、なんだかんだ大事な経験が全部続いてるんだろうなって思う。あの時の勢いでデビューしたかったとかより、これはこれで楽しいなと思うし。」

こうやって過去の話をできるのは、過去がちゃんと過去として清算されたからだと思う。「大事な経験が全部続いてる」って言葉はとても頼もしく、自分自身にも言い聞かせたくなる名言。「あの時の勢いでデビューしたかった」は、否定しているけど、その言葉が出ること自体、少し本音も含まれているんじゃないかな。そう思ったこともある程度の。だけど、いつまでも過去に囚われてちゃいけないから、今は今で楽しんで前に進むってこと、そう勝手に解釈しててもいいかな。

そして「心配してた」「今の形になって良かったね」という安井くんのやさしさに涙。

安井「グループって、オレもギターをやった方がいいなとか、オレは歌を重視した方がいいみたいなのを感じやすいところだと思うんだよね。(略)そういうのを1回全くなしにして、好きなことを好きな音でやりたい。」

どうしてもグループの色とか、グループ内でのキャラクターとか、グループに属するとそういうの意識しちゃうよね、って。安井くんの外の目線で分析できる力はすごいや。みんな、自分のすきな道で輝けるといいね。

前の2人は並んで前を見つめてる感じがしたけど、この2人の対談はお互いに向き合ってる感じがして、心が温かくなった。どんな未来でも、この2人が過ごした時間は、2人にとって、ずっと良い思い出として残ってるんだろうなと思った。

ジェシー×森本慎太郎×萩谷慧悟

森本「時代が変わったね。「オマエらが昔みたいに下の子をちゃんと叱ったりできれば、今の下の子たちはゆるくならないよ」って言われたんですよ。だからオレらが怒らないからっていうのもあるんだよね、きっと。」

個人個人に目を向けがちだけど、彼らも集団の中の一員で、集団としての成長も必要なんだよね。ジャニーズJr.って若いうちから大変だ‥

萩谷「東西SHOW合戦でツッコミの天才がいて、SixTONESってめっちゃ面白いんだなって思った。誰かがツッコミ役をやればめっちゃ面白くなるんだよ。(ニュアンス)」

萩谷「パフォーマンスのときは、やっぱりすごい、本当に。」「SixTONESは勢いとか雰囲気づくりとか、スター性があるっていうのかな。(略)あの6人だからあの色が出るんだと思うから、今が良いバランスなんじゃないかな。」

安井くんも今のSixTONESの形になってよかったねって言ってくれてたけど、他のユニットから良いバランスって言ってもらえるのうれしいな。

そして、萩ちゃんのSixTONES評が的確で、第三者の目線ってなんてありがたいんだと再認識。ほんとにだれかツッコミ練習しよう‥ボケまくるSixTONES愛おしくって仕方ないしそのままでいいじゃんなんてモンペ発揮してしまいがちだけど‥がんばろう‥

7人対談

京本「高地の誕生日とか、北斗は連絡さえしてないらしい(笑)」「高地の誕生日に雑誌の取材があって、北斗が小声で今日なんだ‥って言ってた(笑)」

北斗くんのいない(ジェシーと慎ちゃんがいる)場で、北斗くんの話が京本くんの口から出るという事実が単純にうれしい。

トラジャの誕生日のルール(現金制)に関して
森本「そういのはさ、如恵留がいるからできるのかもよ?」

慎ちゃんのこういうとこ、ぐっとくるよね。

グループ内ルール
ジェシーSixTONESは千秋楽は全員オールバック!」
京本「最初はやる人はやる、みたいな感じだったんだけど、結局みんなやるようになってよね。」

安井「それジャニアイの千秋楽でもやってたじゃん?すごい覚えてるんだけど、裏で北斗と一緒になったときに、オレは別に何も聞いてないのにオールバックのアイツが話しかけてきて、「こういうところでさ、オレもSixTONESなんだなって思うよね!」って(笑)」

京本「アイツも徐々に上げるようになったからね。最初の頃は全然上げてなかったもんな。」
森本「抵抗あったから(笑)」
安井「その北斗が「オレもSixTONESなんだなあ〜」って(笑)」

大切なことは全て安井姐さんが教えてくれる。

ジャニアイ後の雑誌で北斗くんがよく喋るようになった、付き合いがよくなった、ってたくさん目にするようになって、東西で「胸を張ってSixTONESはいいグループだ」と声高らかに主張してくれて、なんとなくだけど、それまで見て来た北斗くんと変わったような気がしていた。2016-2017年の冬に、北斗くんにとって、なにか大きな決意があったのかもしれない、ってぼんやり思ってた。もしかしたらそれは、改めてSixTONESとしてやっていく決意だったのかな。

わたしは北斗くんのこともSixTONESのことも、ずっと昔から見て来たわけじゃない。B.I.Shadowも、バカレアも、noon boys+ほくじぇ期も、なんとなく横目で見てはいたから、余計、こうやって昔の話を聞くたびに、このときから応援していたら‥もっと早く魅力に気付いていれば‥とタラレバ思うこともある。でも、たぶん、北斗くんが、SixTONESのメンバーそれぞれが、今日まで歩いてきた道を辿っていなかったら、もし違う道を進んでいれば、北斗くんを知り、SixTONESをすきになって、応援することはできなかったんだろうなとも思う。

今の松村北斗、今のSixTONESだから、すきになったんだし、いつだって今が一番すきだと心から思う。今のSixTONES松村北斗は今しかいないから。今この瞬間を、しっかり目を離さずに応援していきたいと思った次第でした。

っていうか、北斗くんかわいすぎない?安井くんは何にも聞いてないのに、「オレもSixTONESなんだな〜」ってわざわざ言いに行ったんでしょ?オールバックうれしかったのかな。メンバーに言うの恥ずかしくて、でも誰かに伝えたくて、それが安井くんだったのかな。あ〜、もう、安井くんにありがとうすぎる!!!北斗くんかわいい!!!

Jr.祭りについて

Love-tune

萩谷「オレがモロ(諸星翔希)の管楽器、ながつ(長妻怜央)のキーボードの音を作って入れて。モロに見せ場だから頑張れって言ったらながつと一緒にずっと練習してます。バンドはうちらの武器だから、そこでの新兵器。」

新兵器モロのサックスめちゃくちゃかっこよかった‥!そしてこの裏話を聞いてさらにかっこよく見えるんだろうなというたまアリへの期待。

安井「つい専門的な音にこだわりたくもなるけど、それはお客さんには伝わり難いこと。だからそれをポピュラーに落とし込んで、お客さんには"なんか分かんないけどすごい"って感じてもらえたらいいな。」

ああ、だからラブのパフォーマンスはあんなに会場全体でたのしめたんだなと納得。さすが安井くんとしか言いようのない。

Snow Man

岩本「Jr.祭りで大事なのは、今この時代で戦っているメンバーが「あのとき横浜アリーナでこういうことをやったね」っていう思い出をお客さんと共有できることだと思う。僕たちももう子供じゃないんだから、ただ"踊りを頑張りたい"とか"こういうアクロバットを見せたい"ってだけじゃなく、人の気持ちを動かせるという素晴らしい立場をどうやって生かして、夢や元気を与えられる存在になれるかだと思うんです。」

Snow Manが横アリしか出演しないことが寂しい‥。いつか「昔横アリで一緒にやってたのしかったよね〜!」ってテレビで言ってる各グループのみんなを見て、「あ〜たのしかったね!」ってわたしも思いたい!!!

Travis Japan

川島「(アクロバットについて)ただすごいで終わりたくない。こんなことができるんだっていう、可能性を感じていただきたいです。」

縦花を踊りながら進んで行くトラジャ、めちゃくちゃかっこよかった。Amazing!!!!!!後にもぬけの殻になりかけていたところを、ガッと掴まれて振り向かされるようなパフォーマンスだった。その中で、のえるくんだけ後ろにスタンバイしはじめて、「あ!アクロバットだ‥!」ってわくわくしたんだよね。そうやってわくわくさせられるのは、のえるくんだからだし、この言葉を見て、その事実がますますかっこいい。

そして、これはすのすとバスケにも言えることだなと思った。正直、いつまでバスケやるんだろうと思ってもいるけど(笑)、どんどんパワーアップしてる技も、なんか難しいことしてるなっていうのも、結局バスケかっこいいなって思うのも、彼らの可能性をたのしんでるんだなと思う。たまアリからはSnow Manいないけど、バスケするのかな?

SixTONES

京本「Jr.祭りは各グループがどこまで印象に残るかという戦いでもあると思うんです。東西SHOW合戦で自分たちの方向性を再確認できたので、"オレたちはこうやっていく"という部分をお客さん全員に伝わるくらいの熱で届けたいと思います。」

祭り前に東西を経験できたことは、本当にSixTONESにとって大きなことだったと思う。

京本「Amazing!!!!!!は今までで一番自分たちにヒットしている曲。SixTONESの1番の見せ場だと思うので、必殺技じゃないけど、この曲でトドメを刺すくらいのインパクトを残せたらいいなとワクワクします。」

有言実行、かっこいいな。Amazing!!!!!!、このタイミングで作ってもらったことに意味があるし、新しい曲で与えられたチャンスを最大限に使ってるSixTONESが最高にかっこいい。

森本「SixTONESは強い個性が6通りあるから、見た人は誰かしらにハマると思うんですよ。強すぎるのは良いところでも悪いところでもあるんですけどね。でもそれはこれからも大事にしていきたいものでもあるし、オレらの方向性でもある。」

SixTONESは1人1人バラバラだけど、まとまるとすごい。
最近、さらにこの言い回しを聞くようになった気がする。6人で話し合って、それぞれがSixTONESのビジョンを持ってるからなのかな。

*

まだジュニアだけど、もう10年近くも活動していて、歴史があって。ほんの一部しか知らないけど、今このタイミングで応援できていて、これからの未来を期待させてくれて。わたし、横アリで、SixTONES単独コンの未来を見たと思った。それと同時に、他の全グループにもその未来があることを願った。なんでみんながみんなデビューできないんだろう、と時代や運やタイミングや、そういった目に見えないものを恨みたくなったりする。ひとつでも多くの夢が叶いますように、彼らの歩く道が輝くものでありますように。そんなことを願う2017年春でした。もうすぐたまアリ。

ジャニーズJr.祭り 横浜アリーナ公演

ジャニーズJr.祭り 3/24・26両部 SixTONES

雑多な感想。

BE CRAZY

千秋楽。えっ、最初からジュニア全員出てくるの〜?!と驚き。(だいすきな「松村北斗でーーーす!」がなかったのはすこし悲しみ。)ユニごとに踊ってるときも他ユニが周囲にいて、煽ったりリズムに乗ったり、めっちゃスペシャル!あっ、SixTONESオールバックだ!\きゃ〜〜〜!/が超絶たのしかった。Sixラストはオールバックで決めるぜTONESが浸透してるのかな!うれしい。

BE CRAZYがはじまって、SixTONESが肩を組むと、まわりの他のジュニアたちも肩を組んで一緒にヘドバン。最初、見えてる景色にびっくりして、ポカンと口をあけてしまった。大勢のジュニアの真ん中で肩を組む6人がいつもよりさらに激しくて、さらにかっこよくて。こんな光景見せてくれるなんて。うれしいやら誇らしいやら。BE CRAZYという楽曲も、SixTONESというグループも、とっても愛してもらってるんだな、ってジーンときてしまった。ここで見たことは絶対忘れたくないと、胸に深く刻んだ。

ドロスト/Amazing!!!!!!

Amazing衣装の時点で期待値がとんでもないじゃないですか。でもそんな期待を優に超えてくるのがSixTONESで、もう「期待を超えること」すら期待してしまうレベルなんだけど、またそれよりも遥か上のものを提供してくれるのがSixTONES。止まることを知らない期待と裏切りのループ、なんて贅沢なしあわせ。

無限大マークにうねるペンライトで埋め尽くされた横浜アリーナ。祭りペンラの光力ものすごく小さくて、ほとんどキンブレ使いだし、各々担当のカラー意識でいろんな色に光ってて、本当に綺麗だった。花道に立ってた彼らの目にもきっと見えてたはずだから、それがとってもうれしい。この景色をまた見たいと思ってくれたかな。また見せてあげたいし、見せてくれる気がする。

京本くんの雄叫び。北斗くんがモニターに抜かれてクイッ\ギャ〜〜〜!/最っ高!!!この、自担のかっこよさに痺れて、自担のかっこよさに周りが沸いてることにも痺れる瞬間は何にも代え難いよね。

センステにピンクの照明が落ちて、「We are SixTONES」の声とともに、拳を突き上げる6人。浮かび上がるシルエット。えっ、どうしよう、めちゃくちゃかっこいい。これから凄いものを見せてやるぞってオーラがびしびしと伝わってきて慄く。

あぐらをかいて座り、はじまるパフォーマンス。息をのむように見つめる。腰を浮かす振りがモニターに映し出され、悲鳴にも似た声に包まれる横浜アリーナ。徐々に会場のボルテージがあがって、のりにのってくるお客さん。全力で「これがAmazing!!!!!!やで(ドヤア)」ってしたスト担はわたしだけでないはず。

北樹の背中合わせで歌う「おれらまだ原石さ」が大画面に映されたの感無量だった。立ってるだけでかっこいいって何度も言ってるけど改めて言わせてもらうね。立ってるだけでかっこいいよ!!!

Aブロ前〜縦花に広めの等間隔で並ぶSixTONES。薄暗いアリーナの中央だけに溢れた白い光、舞い上がる無数の羽。この演出天才。SixTONESってなんかクロムハーツみたいなイメージじゃん(?)それを表したかのような、天使とか十字架のような神聖さと強くてとゴツゴツした輝きが共存してるSixTONESそのものの演出。

あと、「1.2.3.4.5.6.SixTONES」で数字に合わせて6人が前から順番にパキパキ動いていくところも天才だなって思った。広い間隔で並んでるから、アリーナから見ると目線が大きく移動して、会場の大きさを実感する。会場に合わせた振り付けに変更してきたの、もうほんと天才。え、SixTONES天才なの?知ってた。

Amazing!!!!!!、東西で初めて見たとき、東西の千秋楽で見たとき、祭り初日で見たとき、祭り千秋楽で見たとき、パフォーマンスが磨かれていっていて驚く。当たり前だけど、お客さんからの反応がよくて、それに応じて自信を持ってパフォーマンスしてる。その堂々とした強さにさらにお客さんの反応もよくなって。こうやって楽曲は成長していくんだなと思った。今回、オリ曲だけで勝負したSixTONESだけど、自分たちの曲を成長させることに関して天才だなと常々思っていて。ビークレもこの星も、いろんな魅せ方をしてくれて、そのどれもがSixTONESらしくて、これがSixTONESの曲だ!と印象を強く残してる。今の時点ですでにインパクトの大きいAmazing!!!!!!が、今後どういう成長をするのか、末恐ろしいほどにたのしみ。

Amazing!!!!!! is Amazing!!!!!!(言いたかっただけ)

この星のHIKARI

チャン!チャン!チャン!のイントロで、わ〜っと沸く会場。この曲すき〜と言わんばかりのどよめきにn度目の「SixTONESやで(ドヤア)」他担も含めてみんなで歌える楽曲があるって、ありがたいしうれしいね。

ジェシー「ふと見とれてしまうから〜‥横アリっ♡」
樹「時が止まればと〜」北斗「横アリありが〜とう♩」
ねえ、北斗くんがこんなオシャレで粋なアレンジするだなんて聞いてない。「っでえぇへ」ってめっちゃ変な声出た。北斗くんすき。

横花を歌いながら歩き、センステで踊る。京ジェ・慎樹北髙に南北に分かれるところがすきだな。あといつもの足を高く蹴り上げるところ。

BCブロの方まで行って、「次はHiHiJET!」って言って6人でカメラに向かってポーズ決めるんだけど、めちゃくちゃにかっこいい。やっぱりSixTONESって異次元にスタイルがいいグループだと改めて思う。シルエットがかっこいい。かっこいい人たちの出で立ち。そりゃあダンスもかっこいいわけだと納得。この星は披露してる時間こそ長くなかったけど、生歌もしっかり歌えて、パフォーマンスが出来るグループであると証明した一曲。

闇を突き抜けて/バスケ

松村北斗さんの上着を脱ぎ捨てる一部始終が、横アリ中央の全方位モニターに映し出されるという、1万7千人に与えられた褒美。
そう!!!その人を撮って!!!という横アリの総意を叶えた人選。需要曲線と供給曲線の交点かよ。北斗くん以外にここ任される人いるかよ。ここの\ぎゃ〜〜!/の歓声、わたしもその一部になりながら「わかる、わかるで」と深く頷いた。

ところで、半裸の需要はあるけど、バスケいつまでやります?(笑)初日のOPでHiHi流れたとき、連番してた海人担と「バスケやるかな?さすがに360ステージではやんないか(笑)」って話してたんですけど、期待をあっさり超えてくるのがSixTONES(違う)わたしがEF側に入ったときは北西寄りだったからそれなりに見えたけど、ちょうどEFの間くらいの人たちは全然見えなかったのでは‥?

やりたいことが難しくて複雑だから、失敗しても何をどう失敗したのか、成功したときのイメージがわかりにくいのも難点だな〜、決まったらめちゃくちゃかっこいいし、なんかすごいことしてるぞっていうのは伝わってくるんだけどな〜なんてことを思ったり。でもバスケパフォーマンスのレベルめちゃくちゃ上がってるし、もはやその道の人たちなのでは?となるのが、さすがジャニーズ。お〜!ってなるのはやっぱり気持ちいいよ。このバスケパフォーマンスでどこまで上を目指すのか見守っていくしかないのでしょうか‥

26日1部の記者会見で各ユニの特徴を述べて紹介するとき、真っ先に話し出したジェシー。「SixTONESはひとりひとりバラバラなんですけど、6人集まるとすごいことが特徴です。」と堂々と言ってのけたジェシー。他ユニのようにアクロバットやダンス、ローラーといった具体的な武器はないけど、説得力のあるビジュアルとパフォーマンス、会場を沸かせる術、武器がたくさんあって、だからこそバラバラに見えて、バラバラこそが武器なSixTONES。めちゃくちゃかっこいいではないか。そもそもこういう場で誰よりもはやく手をあげたり、話し出すジェシーが大きな武器だよね。他に、横アリ中にシャウトを響かせた京本大我くんと、キラキラプリンスにも認められたキラキラ笑顔を振りまいた高地優吾くんと、数々の爆モテファンサで横アリの女を片っ端から抱き捨てたRAP担当の田中樹くんと、無邪気でちゃめっけたっぷりな言動とバキバキに踊る高低差が激しい(アクロバットもお得意よ)森本慎太郎くんと、エロを具現化し全人類に刺さる造形美の松村北斗くんのいるグループです。ぜひSixTONESご贔屓に。

お祭りが一旦終わってしまったのに、わたしはまだワクワクしている!

ヘドバンするジュニアたちの真ん中で肩を組む6人も、「せ〜の!」\ズドン!/のC&Rも、息をするのを忘れるようなパフォーマンスも、今回だけじゃないと思ったから。

彼らはこの先の未来で、きっと、もっと凄いもの・もっと素敵な景色を見せてくれる。今度は6人で、それこそ自分たちのオリジナル曲だけで、また楽しませてくれる。そんな未来を垣間見た気がした。

そんな希望を抱かせてくれるなんて、最高のアイドルだね!!!!!!

メドレーでは愛なんだのスト・チャンカパーナのほくじぇ・カモナ→抱いてセニョリータの北斗くんが非常によかったのですが、どういうふうにまとめるべきかわからないので、また気が向けば感想書きます。あと、トラジャのsoCrazyからのスパノヴァ、らぶのCALL、プリプリ、BTNらへんの感想も書きたい‥ビャクヤァもよかった‥祭り、一分一秒余すことなくたのしかった‥

東 SixTONES × 西 関西ジャニーズJr. SHOW合戦 千秋楽挨拶

SixTONES × 西 関西ジャニーズJr. SHOW合戦

2017/02/26 16:00公演(千秋楽) SixTONESコメント
発言は全てニュアンスです。ゆる〜くとったメモを元にこんな感じのこと言ってたな〜って思い出して書いただけなので、書き手の主観および間違った記憶が入っていることをご了承ください。個人の感想です。

立ち位置は 高 樹 ジ 京 北 慎
幕があがるとき、よ〜いしょって幕を持ち上げるふりしてる6人がすぺしゃるきゅーと。

森本慎太郎

関西にふられても、なかなか話出さない慎太郎くん。
「ワタクシですか?ワタクシ?」
隣の北斗くんに、はよやれって感じであしらわれる。

「ま〜、あのですね、いろんな誤解だったりガセネタが流れてますけども、嘘なんで!気にせずぼくたちのことを信じてください。SixTONES、こういったライブをさせてもらって、力を蓄えてどんどんステップアップして大きくなっていきたいと思いますので。みなさんのお力を借りて、ファンの方とぼくたちでひとつになって、もっとでっかいグループになっていきます。ありがとうございました。」

いきなりぶっこむ慎ちゃんに、樹くん大爆笑w わざわざ触れずに黙っていてもいいようなこと、言い難いこと、それを何てことないように、いの一番に笑って吹き飛ばしてくれた。慎ちゃんだからこそ言えたこと、慎ちゃんの言葉だから意味があったこと。わかりやすく、まっすぐな愛で、このあとに話す5人を守ってくれた慎ちゃん、とても男前でかっこよかったです。

慎ちゃんの、生きたいように生きてる感じがすごくすき。言いたいことは言う、笑いたいときは笑う、だれかに拾ってもらえなくてもひとりでおもしろいことしてたり。慎ちゃんが無邪気に今その一瞬一瞬をたのしんでいる姿を見ると、小さいことは気にしなくていっか、って前向きになれる。

高地優吾

「どうも。オールバックが崩れて、髪の毛が苔みたいになってますけど、大丈夫ですか?大丈夫ですかね。え〜、まずは龍太くん。こんなに自由奔放なSixTONESをまとめてくれて、本当にありがとうございました。」

SixTONESみんなで礼。

SixTONESにはツッコミがいなくて、みんなボケまくって、龍太くんがツッコんでくれるから、ぼくたちは自由にやれたし、面白くて頼りにしていました。東西で一緒にやれてよかったです。本当にありがとうございました。」

高地くんが室くんにお礼を述べたとき、会場の拍手もすごくおっきくて、「室くんおつかれさま!本当にありがとう!」というSixTONESのファンが初日からずっと抱えてた気持ちもぜ〜んぶ、高地くんがちゃんと届けてくれたような気がした。やっぱりSixTONESとファンの気持ちをまとめてくれるのは高地くんなんだなぁ、最年長頼れるなぁ、と思いました。そして、室くん、本当に本当におつかれさまでした&ありがとうございました。

夜空のMCやコントの京本さん情報で、こちくんが話していると心がほぐされる。この人に委ねたら安心。最後の挨拶しかり、大吾くんとの個人戦や千秋楽の夜空ガチャも、やさしい人柄とすべてを包み込む笑顔に、終始ほっこり和みっぱなしでした。

松村北斗

北斗「話します。」
慎太郎「ほんものですよ?」
北斗「ほんものです。」

\きゃ〜!/「しーっ」

SixTONESってバカなんですよ。個々はどうしようもないバカなんですけど、だからこそ来てくれたみなさんやスタッフさん、事務所の方、今回一緒にやってくれた関西ジュニアのみなさんがいてくれること、ものすごい感謝しています。ありがとうございました。SixTONESはひとりひとりはバカなんですけど、でも、6人集まるとすごいんです。僕は、胸を張って、SixTONESが良いグループだと思っているので、これからも一緒にたのしんでいこうねという気持ちでいっぱいです。今日はありがとうございました。」

心がスーッと晴れた。あの1週間、演舞場にいるときはとてもたのしくてしあわせで、見せてくれるステージは最高だったのに、いざ外に出るとずっとソワソワガサガサしてた。たのしかった思い出や素敵な光景を否定されてしまいそうで、怖くて、もう全部シャットアウトして、あの演舞場に、彼らと、彼らのことを盲目なくらいすきな人たちだけで閉じこもってしまいたくなるほどに。でも、北斗くんは「胸を張って、SixTONESは良いグループだ」って言ってくれた。この空間が楽しかったこと、目にしたものが素晴らしかったこと、胸を張っていいんだと。自分のすきなものくらい、自分で大切にしろよと。そう言われた気がした。たった一言で、いろんなぐちゃぐちゃした感情を回収してくれた北斗くんを、すきになってよかったなぁ、と心から思いました。

田中樹

SixTONESやばいっしょ?関西ジュニアやばいっしょ?ね?おれらやばいんすよ。この公演始まってから1週間、平和に、トラブルもなく終わるっていうわけにはいきませんでしたけど、おれら10人と、バックについてくれた、今はちょっといませんけど、一緒に踊ってくれたジュニア10人と、合わせて20人で、今自分たちにできることを全力で、本気でパフォーマンスしました。まあ、まだまだできると、満足はしてないですけど、でも今のおれたちをみて少しでもいいな〜、かっこいいな〜って思ってくれたら、これからも応援してくれたらうれしいです。ありがとうございました。」

最初の「やばいっしょ?」って得意げな樹くん、\いえ〜い/って頷きながら応えるお客さん、それを聞いてまたうれしそうな樹くん。やっぱり、何があっても、公演の最後にはこういうアイドルとファンでいたいと強く強く思った。それに、関ジュも後ろで踊ってくれたバックのジュニアたちも等しく誇りに思ってくれるところが樹くんらしい男っぽさだな〜と。最後は「少しでもいいと思ったら」って押し付けることなく、「応援してね」じゃなくて「応援してくれたらうれしいです」って謙虚なところにもきゅんでした。

樹くんって、カメラだいすきでずっとうるさくて目立ちたがり屋(褒めてる)と思ってたけど、実際は、周りをとってもよく見て気遣いができて、人を立てるのが上手だなぁ、と今回の東西を経て、一番印象が変わりました。とくにコントは、自らボケまくるというよりは散らかったボケをまとめて、室くんがつっこみやすいようなボケをかましたり、ジェシや康二くんに目線で促したりしている様子が、すごく頭のいい人なんだな〜と印象に残っています。あと、笑い上戸なのかわいい。一番最初に笑い出すのだいたい樹くんだよね。それにジェシーのAHAHAHAHAがこだまして、さらに笑いが大きくなって、こらえきれなくて、後ろ向いたり、セットの窓に顔をつっこんで笑っちゃうのも、おっきく口をあけて歯を見せながら笑うのも、かわいかったな〜。

京本大我

「おつかれさまでした。2017年‥ん?」

西暦が不安だったのかな?隣の北斗くんにチラッと目線を送る。北斗くんがニコッてしてからうんって頷く。きょもくんもニコッて返して、うんって頷いて、また話し出す。そのあとも何度もアイコンタクトして、北斗くんが京本くんを見守っているような、そして京本くんも安心しているような、そんな雰囲気に胸がじんわりと熱くなりました。もう不仲なんて言わないでね?(でもビジネス不仲はおいしいもぐもぐ)

「2017年になってすぐにこのような貴重な機会を設けていただいて、1週間ですが成長できたと思います。今、春‥、これから夏秋冬と、どんなお仕事かはわかりませんけど、」

先の仕事触れる?!クリエない理由匂わせちゃう?!って感じでニコニコしてるSixTONES

「またこれからのお仕事でパワーアップした姿を見せられるようにがんばっていきたいと思います。ぼくたちはパフォーマンスで全てを見せていこうと思っています。人柄や可能性、才能とかそういう色んなことを、パフォーマンスを通して、伝えていけたらいいなと思います。これからも信じてついて来てください。お願いします。」

大我くんがお話しているときのみんながやさしく見つめている雰囲気がとても胸に沁みた。言葉の選び方や話し方はほわっとしているけれど、とっても熱くて芯のあるメッセージだった。「パフォーマンスで見せる」と強調していた大我くん、噂や憶測ではなく、目に見えるものを信じてってことなのかなあ、深読みしすぎかあ‥。

きょもくんは、とにかく器用だなと感心しきりでした。コントで自分が登場する前に起きてたことをパッと自分のネタにするのが天才的に上手、赤絨毯の上でホールニューワールドを歌うような発想も天才。(もちろんどこまで打ち合わせしていて、本人のアイデアなのかはわからないけど、そう見せるのも才能。)それに、コントのちょっとした動きにしても、歌でもダンスでも、細かいとこまで決して手を抜かず常に全力でやりきっているから、あっという間に京本くんの世界に引き込まれる。パフォーマンスにおける純粋でひたむきな姿勢が、彼の努力や才能を支えているのかな、な〜んてね。

ジェシー

「本日はありがとうございました。関西ジュニアと東京ジュニアといい化学反応が起こったと思います。どうですか?」

\拍手/

「関西も新曲、SixTONESもAmazing!!!!!!とwhy、これは京本と作詞しました。あと、今回のSHOW×SHOWと、新しい曲を披露させてもらえてありがたいです。今後も、東と西のこういった交流が恒例になればいいなと思っています。ジャニーさん、お願いします!!みなさん、これからもよろし‥$✩︎!よろしくお願いしますっ!」

最後の最後に甘噛みしちゃって、HA〜ってちょっと笑っちゃうじぇしくんに、おいっ!って目線を送るSixTONES。どこまでもやさしい空間だった。ジェシーくんは度々、公の場でジャニーさんに感謝を伝えたりお願いをしたり、そういうのをいやらしくなくできるのが素晴らしいなと思う。それに、今回をきっかけに、これから先の東と西の交流がもっとあるといいなんて、ジェシーの言葉はいつもワクワクさせてくれる。

きっといろんな思いを抱えていただろうけど、最後までジェシーらしく明るくて前向きで、悔しさや辛いところなんてひとつも感じさせなくて。康二くんが「ジェシーの笑い声だけで楽しくなれる」って言ってくれたけど、本当にその通りだと思う。いるだけでパッとまわりが明るくなるようなエネルギーを持った人。最後に入った日はジェシーが舞台上にいない場面も多かったけど、またちゃんと出てきてくれるってわかっていても恋しくなってしまう存在感。まるで太陽だなぁ、と。

最後に

幕がしまるまで、「ばいば〜い!」「さよなら!」「ズドン!」ってとにかくたのしそうなSixTONESを見て、わたしはこの6人をまた見たい、また会いたい、これからも、何度でも、また彼らに落ちたい、と思いました。

手を繋ぎ合っているわけでもない、ギュッと肩を寄せているわけでもない、バラバラで、各々の足で立っている6人。でも6人はちゃんと同じところに立っているし、同じ方向を見ている。同じ方向に、6人で進んで行く。そうありますように。ずっと先の未来でも、北斗くんが胸を張って、「SixTONESはいいグループだ!」と言っていますように。

それぞれがそれぞれらしく、SixTONESとそのまわりにいる人たちへの愛を届けてくれて、うれしかった。なかなか自分たちの本当の気持ちを、自分たちの口から届けられなくて、悔しかったりもしただろうな。だけど、そんなことを爽やかに吹き飛ばして、まっすぐに届けてくれたことが、うれしかった。かっこいいかと思えばかわいくて、ギラギラして男っぽくて、それでいてやさしくて繊細で、危なっかしいところもあるけれど、そんなあなたたちがすきです。まだまだ原石。だけどその輝きは確かにあって、各々の輝きがお互いをさらに照らしているようだと思いました。刺々しさもあるけれど、それもまた輝きに変えて、6つの原石が磨かれていく過程を見届けていきたい。そう思えた東西SHOW合戦でした。全16公演、おつかれさまでした。たのしい時間をありがとうございました!

東 SixTONES × 西 関西ジャニーズJr. SHOW合戦 コント部分(2/26夜)

SixTONES × 西 関西ジャニーズJr. SHOW合戦

2017/02/26 16:00公演(千秋楽) コント
発言は全てニュアンスです。ゆる〜くとったメモやみなさまのレポを元にこんな感じのこと言ってたな〜って思い出して書いただけなので、書き手の主観および間違った記憶が入っていることをご了承ください。ちょいちょいSixTONESが関西弁になるのは書いた人が関西人だからです、ごめんね。

設定

登場順です。括弧の中は衣装。言うまでもなく、千秋楽なのでSixTONESはオールバックです。

  • 室龍太:お母さん(もんぺ・サザエさんヘアのカツラ)
  • ジェシー:長男(Tシャツをジャージにイン・脚の長さが異常・サングラス)
  • 田中樹:次男(学生服に丸メガネ)
  • 森本慎太郎:三男(黄色帽子にスモッグ、手には木の棒・スモッグ小さくて腹筋チラリ)
  • 向井康二:おじいちゃん(カツラ、ももひき、緑の腹巻)
  • 西畑大吾:警察官(警官制服)
  • 大西流星:妖精(白とピンクを貴重とした宇宙人と天使をまぜあわせたような感じ)
  • 京本大我:ミュージカルスター(ド派手な赤スーツにもしゃもしゃ)
  • 高地優吾:京本のマネジャー(普通のスーツ)
  • 松村北斗:街一番の美女(白のとろみシャツにスカーフ、ロングスカート、パンプス)

室くん登場。

室「あ〜、そうですか。もう、楽日にもなると何も言わなくても座るんですね、どうぞどうぞ。」

室「どうですか?もう千秋楽ですね。ちなみに今日、一番遠くから来たよ〜って人?」

\は〜い!/
室「どこ?」客「長崎」室「長崎?!」
室「でもおれ都道府県詳しくないねんな‥長崎ってどこ‥」

\ざわっ/

室「ちゃうちゃう!知ってるで、こう(斜めに長い日本地図を手で表現)地図があるでしょ!」必死w

室「あ、お客さんから見たら反対か。」と言って、お客さんと同じ向きになり、手で日本地図を表す室くん。最年長かわいい。

室「ほんで、こう地図があったら〜‥このへん(左下)や!」

\お〜!(拍手)/

室「ありがとうございます。こうやってね、小学生でもわかることで、おれは拍手をもらってるというね。」

室くん、ツッコミはもちろん(大っ変お世話になりました‥)、漫談もできるし、モノマネもするし、ほんとに芸達者。

歌舞伎の宣伝、息子たちどこ〜?

花道からジェシーと樹登場。オールバックにサングラスのジェシー

樹「今日のサングラスの似合い具合すごいでしょ?」
室「ターミネーターみたいやな。」
ジェ「I’ll be back.」
室「シュワちゃんちゃうねん!」
ジェ「(無視)」室「おい!」
ジェシ、耳栓を外す。室「耳栓すな!」

室「あんた、スーパーで何してたんよ?」
ジェシー「supermarketでsilver octopusを買った。」
室「シルア?」
ジェシー「silver」
室「なんや!」
ジェシー「silver octopus、銀だこです!‥京本政樹さん、ご馳走さまですっ!」
3人で上手側に礼っ。きょもパパの差し入れはクリスピークリームではなく、関西意識のたこ焼きでした〜!(でも関西人は銀だこあまりすきじゃないよ※わたし調べ)

室「樹は何してたん?」
樹「ぼくは、普段何気なく使っている言葉の意味について考えていたんだ。さようならは、本来は"さようならば仕方ない"と、この人と離れたくないが仕方ないと別れを惜しむ言葉から来ているんだ。だから、皆さんも人と別れるときはきちんと目を見て、さようならを伝えましょう。室くん、1週間お世話になりました。バイバイ!」
室「ちゃんとさよならって言え!別れを惜しまんかい!」

慎太郎登場。威張った感じで歩いてくる。

慎「おれはな〜、幼稚園の番長だぜ。この地区いったいをまとめてんだぜぇ。」(スギちゃん風?)
室「この地区いったいってどこのヤンキーやの。」(桜木達也だー!)

慎「クイズです!おれは一体‥何者でしょう?」(ゆっくり)
室「‥幼稚園児。」
慎「‥そうだよ。」
室「合ってんの?!なんのネタもなく花道歩いて来たん?!」
慎「うん、どうしようどうしようって思いながら‥じゃ、もう1問!」

ここでおじいちゃん走って登場。

康二「あれ?!まだ(クイズ)あった?!ほな帰るわ!」
走って帰っていくw
ジェ&樹&室「?!」慎「?!やり直したほうがいい?!」
はけていこうとする慎太郎。
室「そっからやり直さんでいいわ!」
ジェ「おれたちも‥」
室「あんたらもええわ!ほんでクイズは?」
慎「もういいw」
室「もうええの?!おじいちゃん出て来て!」

なかなか出てこないこじぞう。

室「おじいちゃーん!今!はよ出て来て!」

なんと、警備員さんにおぶられて登場!
段差できつそうな警備員さんw

康二「がんばって〜!」
室「がんばってちゃう!なにやってんの!」
康二「ありがとうございました!」(深くお辞儀)

戻っていく警備員さんに会場拍手。

康二「ジェシィ〜〜!」ジェ「おじいちゃん!」
ちゅっ♡ \ぎゃ〜/

室「チューはあかん!」
ジェ「おかん?」
室「わたしはおかん、チューはあかん!」
ジェ「すきなものは、みかん!」

みかんを取り出して決めポーズのジェシーと室ママ!しっかり打ち合わせ〜!w

康二「じゅりぃ〜〜!」
\ぎゃ〜〜〜!/

康二「ジェシー、いいな?」
ジェ「いいよ。」なぜかジェシーに確認w
樹くん、少し照れ笑いしたあと、持ってたかばんを放り投げ、手を広げて迎え入れるポーズ。

ちゅっ♡ \ぎゃ〜〜!/

康二「しんたろ〜〜!」
\ぎゃ〜〜〜!/

ここの慎ちゃんさ、かる〜く腕まわしてたよね、顔かたむけてたよね、まじただのリアコでしかなかったよね、森本担息してた?
康二くんとキスしたあとに、なぜかそのキスを客席に投げる慎ちゃん。

ジェ「お母さん!」
\ぎゃ〜〜〜!/

みかんでちゅっ♡かわいい。

どういう流れか忘れたけど、カブトムシでいじられる室ママ。
室くんにしがみつく康二くん。

室「おれ木ちゃう!カブトムシや!‥カブトムシちゃう!」天才w

西畑P登場。

大吾「カブトムシみたいですね。」
室「だれがヘラクレスオオカブトや!‥それはだれも言うてへんな。」
やっぱり天才w

大西妖精登場。お決まりのまぶしいポーズ。
このポーズを真似し始めるママ除く室一家。
エガちゃんの動きをしはじめる末ズ。

室「なにやってんの!」
ジェ「ここWi-Fiがいっぱいとんでる!」
樹「LTEもいっぱい!」
慎「ここは3Dなのか!」(なんて言ってたかあやふや‥)
大吾「みなさんがふざけてる間、妖精さんずっとまぶしいポーズしてますよ?!」
康二「プロやな。」

流星「(靴下の)レモンさんと〜、ピーチさんと〜、マスカットさんと〜、パイナップルさんと〜、側にいる警官さんに支えられてます♡」
大吾「やばい、おれ死にそう、心臓止まりそう。」ここの大吾くんがただのおたくw

室「おまえの趣味は知らん!」
康二「わしはシュミテクト使ってるぞ。」
室「もう散らかりすぎや!」
ジェ「しゅみません。」

流星「ぼくが何中かって?み〜んなに夢中♡」

室「ミュージカルスターの京本さんや!」

京本くんエガちゃんで登場。笑いくずれる三兄弟。
京本「いや〜ね〜、おいら、困っちゃいました。今日で千秋楽ですね。関西のみなさん、ありがとうございました。」
歌い始める。「か〜んさい〜、あり〜がとう〜♩さよ〜うなら〜♩むろくん〜にはバイバイ♩」
室「さよならって言え!」

きょもくん、エガちゃんもさよなら芸も、本当に前出のネタをうまく取り込むのが上手だなぁ、って東西を通してずっと思ってた。どこまでが打ち合わせでアドリブで本人の案なのかはわからないけどね。

レッドカーペットを敷く高地マネ、その上に乗った京本くん。
「み〜せてあげよう〜、か〜がや〜くせか〜い♩プリンセス、自由の花を〜、ほら♩」

ホールニューワールド!!!!!これ聴けただけでこの公演入ってよかったと思うレベルに一気に夢の世界が広がったよね。さっきまでエガちゃんの真似していたとは思えない引き込み力。素晴らしかった〜。

康二「おお〜ぞ〜ら〜♩」
こじぞうも歌い出し、ふたりが抱き合ってデュエット♩
これは、キスの流れか?!ついに康二くんきょもくんの唇も奪うのか?!と期待するおたく&SixTONES(主にジェシー

しかしキスならず。
ジェ「おしい〜〜〜!」
全力で悔しがるジェッさん。あなたはなんなのw

高地「京本さんの情報を仕入れて来ました!今日は、お父さんの前で緊張しているけど、いつも通りの僕でいくよ、ということです。」

あ〜なんかほっこり〜〜〜。こちくんのこういうとこがほんとすき。

京本「おお〜ぞ〜ら〜♩」
再び始まる京こじのホールニューワールドデュエット。
歌いながら近づいていって‥

ちゅっ\ぎゃ〜〜〜〜〜!/
大喜びのジェ慎樹。特にジェシーの喜びようがすごい、たのしいねえ。

はしゃぎすぎて、立ち位置がぐちゃぐちゃになる舞台上。

室「あんたら並べ!」

室くんの後ろに縦一列で並ぶ出演者w 息ぴったりw

室「縦ちゃう!横や!」

横に並び寝転び始める出演者w あ〜、おなかいたい。

やっと北美さん登場。

北斗「長かったわね。」それな。

風に舞い上がるスカートを、横にチラッ、後ろにチラッ、大サービス。

室「どこまでセクシーやねん!」
北斗「悪い?セクシーは正義だって聞いたの、サンキューセクシー!」

\フゥ〜!/

北斗「わたしは〜?」
\セクシィ〜!/
北斗「結婚するなら〜?」
\ゼクシィ〜!/
北斗「こいつは〜?」
ジェシィ〜!/

ふたりで顔を寄せてイエーイってするほくじぇ。はぁ、かわいいの極みだった。

北斗「みんな今までありがとう!バイバイ!」

スカートを翻し、全速力ではけていく北斗くん。速度が男。

北斗「そういえば、妖精さん、さっき眩しいって言ってたわよね?わたしサングラス持ってるからあげるわ。」

胸元からセクシーなアイマスクを取り出す北斗くん。

室「中学生にはあかん!」
康二「これはわしが火曜日につけてたやつじゃ‥」

また胸元にしまう北斗くん。

室「4次元ポケットみたいに使うな!」
北斗「4次元ポケットじゃないわよ?4次元おっp‥」
室「‥セーフ!」
ここのいたずらっ子な顔がほんと〜にほんと〜にかわいかった。きゅるんって室くんの方見てて。

メモに「みかんにチュー、かわいい」ってあるんだけど、ここ何かあったっけ‥?泣
北斗「みかん‥もってませ〜ん」のくだり何だっけ‥なんかまたおっぱいごそごそして、みかん?!と思ったら違いま〜すみたいな感じだっけ‥わたしの記憶力しっかり‥

当選番号を取り出す。

北斗「宇宙からの手紙かと思ったわ。」
室「それはジャニーズするら$✩︎?!〜なんちゃらや!」
ジェ「アイランドや!」

室「とーせ・ん番号を」(噛む)
ジェ「ソーセージ番号?!」
わちゃわちゃ。

京本「ばかか?!」と室ママに詰め寄る。ダチョウ倶楽部の流れ。
SixTONES「お?!お?!」

ちゅっ♡

大盛り上がりの出演者および客席。室くんがツボって、お腹を抱えてうずくまる。

ジェ?「産まれる?!産まれる?!」
康二「誰の子じゃー!わしか?!」
樹「ツボってるw」

たしかここで北斗くんが「未亡人の唇は貴重ね‥」ってボソッとつぶやいてたんだよね。このボヤキ、深く考え出すと、北斗くんの‥やめよう。はい、解散。

家に入ろう!

慎ちゃん、トントントトトンッ♩とリズミカルに扉を叩き、「ゆきだるまつく〜ろ〜♩」窓から出て来て「あっちいって、アナ。」ひとりアナ雪w

高地「ダンディハウス!」

街のセットから家のセットに回転。
百万円あったら何に使う?

流星「ぺろぺろキャンディーかな♡レモンさんか〜、マスカットさんか〜‥」
室「あと五年したらポン酢がすきなるわ。樹は?」
樹「100万で流星にもう1週間うちにいてもらう。」
流星「え〜、次のお仕事があるのでごめんな‥$サイ」
噛んでしまってふにゃって笑う流星くん。そのかわいさにみんな目尻が垂れ。
流星「ごめんなサイコキネシス〜✩︎」

康二くんと室くんがダチョウ倶楽部の流れに。
でもキスせずに跳ね返される。
ジェ「惜しいッ‥!」だからあなたはw

室「ジェシーは百万何に使う?」
ジェ「オカンのためにヤカン!」
室「そんな高いヤカンいらん!」
ジェ「‥の中のみかん!」
やかんから出てくるみかんw みかんとSixTONESの組み合わせかわいい。

慎太郎の百万円の使いみち。
慎「イカの塩辛と〜、たこわさと〜、エイヒレと〜、いちごをふたつ♡」
室「そんなガタイでいちご2個とか言うな!」

舞台上でみかんを剥き始める康二。
北斗くんにあ〜ん♡
\きゃ〜!/

そのあともSixTONESにあ〜んしてあげる康二くん、もぐもぐSixTONESかわいい。

室「もうええ!お母ちゃんが銀行に貯金してきます!」

暗転。

電気が点くと、松村さんの髪を撫でている慎太郎ぅぅぅ。

宝くじの代わりにちゃぶ台の上にはみかんが。それを見てクスクス笑いが止められない様子のジェシー。みかんすきね〜。
室くんがみかんを手に取ると、すかさず康二くん「お?!みかんでモノボケ?!」むちゃぶりw

室「え〜?!」
康二「あとでフラペチーノおごったるから。」かわいいw

室「あれ〜、どこいったんやろ〜?みっかんないな〜!」

宝くじがない!
スカートの中をごそごそして、赤いブラジャーを取り出す北美さん。これ見て、後ろに入ってた関西担の知らないお姉さんが「あれやばない?!どこに入れてんの?あの人やばない?!パンツの中に入れてるってこと?!え、性癖やばない?!大丈夫?!やばいわ。」とずっと言ってた‥それなボタンがあったら100万回おしてた‥やばい。

室「2階にあるかもしれんからちょっと京本さん見て来て!」
北斗「お父さんの前で‥」

ピーンと立ったままのきょもくんw
京本「こっちも協力しないと落ちないのか?」

2回目滑るも、壁抜けずに、階段との間にはさまる。
康二「きれいにおさまってる。」
京本「住みやすい。」
室「住むな!」
康二「もうこれはお父さんに責任とってもらわな‥」

\え〜?!/

康二「うそで〜す」

ジェ「おかあちゃん見て来て!」

なぜかこじぞうと室ママふたりで滑ることに。

室「暗くなったときを再現しよう!」

戦うきょもこじ。
高地くん「京本さ〜ん!」

たしか高地くん?が「み〜せてあげ〜よう♩」とホールニューワールドを歌い出して、また康二くんがデュエットして‥あわやキス?!って流れがあったようななかったような‥

康二「Brave」
SixTONES&関ジュ&客「Soul!」
康二「Brave」
SixTONES&関ジュ&客「Soul!」
ここめっちゃたのしかったんだけどなんでこの流れになったんだ?!

ジャンピナ歌う前に、パンプスをトントンしてた北斗くんきゃわい〜だった。

日を追うごとにメモの質が落ちてて(席も落ちてるのに何で!)ごめんなさい〜。

他の記事