終わることない夢

さあ夢見ましょう 素敵なこと

少年倶楽部(7月放送分)収録

少年倶楽部(7月放送分)収録

バニボトリオが同い年という貴重なタイミングで拝んできました〜!

一緒に入ってくれたかわいい岸担とはしゃぎまくって全くメモとらなかったので、記憶あやふやだし、順番も適当です。たぶん今まで史上最大に間違えてます‥。思い切りネタバレしていますのでご注意ください。

前説

誰だろ〜ってわくわく。お兄さん「え〜、では、SixTONESの‥!」わたし「〜〜〜〜〜!!!!(声にならない叫び)」やった〜!自軍の前説に当たるなんてラッキー♩

ゆご&しん「どうも〜〜!おねがいしま〜す!」と言いながら下手から走って登場。そのまま走り続けて「おつかれさまでした〜〜〜!」って上手にはけていく。なんかもうひとネタ仕込んでこないと生きていけないんだな〜、この人たち。という感想(笑)

※発言等は全てニュアンスです。

高地「まずは自己紹介しますか?」
慎太郎「ぼくたちのこと知らない人います?自己紹介いります?いりますかね?」
高地「じゃ、まず慎太郎から。」
慎太郎「森本といえばおしゃべり、おしゃべりといえば慎太郎、慎太郎といえば森本、どうも、連想の(?)森本慎太郎です。」(連想の順番は適当です、覚えてない!)
とにかく秒あたりの言葉数がめちゃくちゃ多い慎ちゃん、とってもうるさい(褒めてる)

高地「どうも〜、高地優吾です。」
めっちゃ普通な自己紹介の高地くん。よくやってる、顎にマイクあてて、マイク持ってない方の手は肘の下で組んでるみたいなポーズで、はしゃいじゃう慎ちゃんをニコニコ(ちょっと呆れたみたいに笑いながら)見ていて、眩しすぎた‥一挙手一投足リアコ。

うちわは1人1枚〜、みたいなお決まりの文言を言ってたはず(そもそもそのための前説)なんだけど、全く記憶になくて笑う。前説の意義とは。

後ろの番協の人のキャーッって声が大きくて、慎ちゃんが「圧がすげえんじゃ〜」って千鳥のものまね(笑)高地くんが「千鳥さんのこういう(使いやすい)ネタあるのいいよね〜。」みたいなことを言ってた。あなたたちにもズドンという一発ギャグ(?)あるじゃないですか😊

高地「時間が余ったので近況報告でもしますか?」
慎太郎「あのですね、ぼくは最近、肉じゃがを作りまして。味が濃かった(or 薄かった?)んですね、はい、それでですね〜、(略)あ、もう時間ですか?はい、じゃ〜、これで終わりですね、はい!」
とくになんのオチもなく、そのことに吹き出しちゃう高地くんがかわいかった〜。慎ちゃんがただただ騒がしい前説でした。

OP

夏の王様だったかな?上手にいたはず。髪の毛ふわふわしてる〜!ツボ!ツボ!って小躍りした♩岸くんも髪の毛切っててかっこよくて、お隣の岸担と互いに「かっこいいですね!」って言い合ってた。

SixTONES(太陽のあたる場所、Jumpin'up)

わりとはやめに出てきた!

曲がはじまる前の郁人と照史が話してるとき。おもむろにあぐらをかく京ジェ。いやいや違うでしょ〜って感じで笑ってるメンバー。そのネタお気に入りなのね(笑)かわいい!樹ちゃんは話してる照史に向かって両手あげてお手振り〜。なかよしだね(笑)そんな樹ちゃんをにこにこしながら見てる北斗くん〜!ほくじゅり〜!

暗くてあんまり見えないけど、私服衣装っぽい?何歌うのかな〜?

わ〜〜〜、太陽のあたる場所だあ〜〜〜!!!

きょもは前回と似たような、上下ともシルエットのゆったりしたお洋服。今回はストライプ。
ジェシーはなんかキラキラしてて、いちばん衣装っぽかった。
高地くんは上は赤?のチェックのネルシャツに、下はゆったりめのデニム。足が長くて細い人のだぼだぼボトムだいすきだから、胸がぎゅん。
北斗くんは、オーバーサイズのストライプシャツを襟抜きにして、ぴちぴちの黒スキニーにイン。シャツはけっこう前もはだけてて、中から黒いタンクトップをちらり。あんまりちゃんと覚えてないけど、みんな前回の私服衣装と少し似たようなものを選んでいるのかな?という印象。あ、でも高地くんは帽子かぶってなかったな。北斗くん、個人的には前回の方がすきだったぞ‥!(小声)
しんじゅりは覚えておらず‥ぽんこつな記憶力。

6人でにこにこ笑いながらカメラアピールしたり、京ジェがセンターで歌ってるときに四方に寝っ転がったり、にこにこはしゃいじゃって、とにかくかわいいの。
最近、Amazing、ドロストAmazing、シェケHellNo愛コマビークレ、キプフェ、と、かっこいい!強い!続きだったのに、ここにきてたのしくて微笑ましいわちゃわちゃ演出を入れてくるSixTONESすきしかない〜。北斗くんご機嫌だし、みんなたのしそうで、まるっと抱きしめたい愛おしさだった。あと、ジェシが曲の途中でもセンターであぐらかいて座って、腕をまわす最初の振りをやってた!すきだね(笑)かわいいよう〜。

はけていくとき、
ジェシー「21歳になりました!!!」
樹「おれもうすぐ22!」
北斗「ありがとうございました〜!」(通常通り、ぺこぺこお辞儀したり、手を合わせたり。)
の21歳トリオがそれぞれらしくてにっこり。J2かわいい。お誕生日おめでとう☺️🎂

B少年とかKINGとか

B少年のトーク。金指くんの絵が上手!たいしょ〜くん(だったかな?な〜くんだったかも?)が「ぼくのはどうですか?」って売り出しにいってたのとってもよかった!よ!

キラキラ光れはウィーケンに続いて、謎の振り付けになっていて、オリジナル振り付けを変更されちゃうじゃんぷ曲不憫‥と思いながら本気のフレッシュキラキラを見せつけられて眩しかった。

太陽がいっぱいもかわいかった〜!曲自体がすきだし、なんかもう今をときめくB少年たちがにこにこ歌うのがぴったりすぎて!
なにかの雑誌でも、クリエAに行ったショタk‥ごにょごにょ、え〜っと、面倒見のいい先輩こと京樹が、「今(この歳で)通らないといけない道を通ってる」って言っていたのが、まさにこれ!って感じだったな〜。

サマステの新曲は、ザ!キングの夏曲!明るくて、キラキラ。ただ、キングの3人がそれぞれの立ち位置にいるところに、HiHiの3人から1人ずつ、B少年の6人から2人ずつ、って綺麗に3組になるフォーメーションを見て、いがりんの居場所いずこ‥って少し切なくなったり。ゆっくりなおすんだよ😭

ED

たしか下手。しんじぇし高地くん前列、じゅりきょもほくが後列、かな?

跳ねたり回ったり、曲に合わせて自由に動くSixTONES!全員で顔見合わせたり、この日の収録を通して、なんだかあったかい空気がず〜っと流れてるようでほっこりほこほこ。笑顔の6人を見て、なんとも言えぬ安心感。あ〜すきだ。

北斗くん、京本くんと同じタイミングでぴょんぴょんしたり、ときどき顔見合わせて笑ったりしてて、なんだよ〜なかよしじゃん〜となったよ☺️個人的なフィルターがんがんにかけた発言でごめんなさいだけど、全体的に京本くんとすごくなかよしじゃなかった?雪でも降る?(こら、煽りなさんな)

あとは、ジェシーとも笑いあってたし、樹ちゃんとも何か爆笑してたし、れんれんとかとも絡んでたかな〜?全体的にご機嫌な様子でなにより♩

このタイミングではないけど、ふみきゅんが「誕生日のうちわ多いな〜」って言ってて、うれしかったな〜。誰のがあったとかまではちゃんと見ていないけれど、北斗くんや樹、ジェシーに、みんなのおめでとうの気持ちが届いてるといいな、と思いました。

ジュニアクイズ

出てきたメンバーでジュニアクイズだね〜ってなった。
照史「さぁ、ここからはゲームです!」
風磨?小瀧?「山手線ゲ〜〜〜ム!」\いえ〜っ!/(教育されたおたくすごい)
風磨「桐山の悪口〜!」\いえ〜っ!/
桐山「おいっ!こんなに盛り上がられることある?!」

  • 金指くん

    歓声がすごい。そしてお顔がかわいい。

    金指くんがコーナー初登場ということで軽く自己紹介。2004年生まれで、去年の6月に入所という情報。
    小瀧「2004ってこないだやん!子供やん!」言うてたけど、のんちゃんも十分若いよ、なんなら、そこに座ってるなかで金指くんの次に2番目に若いのあなたよ☺️という気持ちに。
    入所したばっかりやん!おれら○年目やぞ!まだ早いわ!みたいな、わざとドスを利かせるのんちゃんと風磨くん、「怖がってるやん!やめたれ!」っていうやさしいあきと、みたいなくだりがあったようななかったような。

    金指くんの出題クイズは「ぼくが森本慎太郎くんにつけられたあだ名はなんでしょう?」ここでまさかの慎ちゃん(笑)しかも、金指くん「つけてくれた」とかじゃなくて「つけられた」って言ってのけたからね?!迷惑な先輩でごめんね?!(笑)

    選択肢は
    1:オカネン
    2:ゴールドフィンガー
    3:かねやん?だったっけ?何か忘れちゃった。

    3人の選んだ答えは全員一致で2。
    風磨「いかにも慎太郎が考えそうな短絡的なあだ名だもん。これ、慎太郎が考えたやつ以外はNHKのスタッフさんが考えたんでしょ?NHKのスタッフさんがこんなの考えるわけないわ〜(笑)」(ニュアンス)
    金指「正解は1です!」
    風磨の振りが天才!

    風磨「ゴールドフィンガー、下手したら禁止用語だからね?!放送コードぎりぎりよ?!」

    でも「かなさし」だから「オカネン」って間違ってるよね〜って話。
    この話出るまで、ずっと「かねさしくん」って呼ばれてたけど、訂正せずにニコニコキープしていて、よくがんばったね、ってお小遣いあげたくなった。

  • 岸くん

    出てきてそうそういじられる岸くん。
    さっきの放送コードぎりぎりネタを引きずって、風磨に「岸は存在そのものが放送ぎりぎりだからな。」みたいなことを言われる。
    風磨「もうお前のことは知らなくていいわ〜!」
    岸「いやいや、興味持ってください!ぼくのこと!」みたいな感じだったかな?愛され岸くん。

    岸くんの出題「ぼくが将来ジャニーズで生き残ることを考えて最近取り組んでることはなんでしょう?」
    1:ヨガ
    2:料理
    3:占い

    風磨「いや、この出題ないわ〜。金指くんのありがたみを感じる。」
    あたふたする岸くん。ふうまくん、岸くんのことかわいくて仕方ないんだな〜。

    解答者が何を出したかは覚えてないんだけど、「生き残るための戦略として、人と違うことに取り組んでます!」みたいに言った岸くんに対して(将来を見据えてる岸くんかっこよすぎでは?)、風磨くんとのんちゃんが「料理はもうすでにやってる先輩がいるから、ないわ。」「横尾くんがいるもん。」という意見。
    モニターにうつされる岸くんのバツの悪そうなお顔‥。
    それを察知したいじりたがりのおふたりは、ますます「いや、これで料理だったら横尾くんに喧嘩売ってるってことですよね!」とさらに追いやる(笑)岸くんのうへ〜って笑ってたお顔が愛しすぎて、お隣の岸担と「やばいよやばいよ」って出川みたいになっちゃってた。

    もちろん、答えは2の料理。
    岸「料理オトコってかっこいいじゃないですか!」
    風磨「料理おとこ?!料理男子だろ。」
    小瀧「妖怪みたいに言いな。料理おとこて!」
    とにかく一言動ごとにいじられる岸くん。

    岸「ジャニーズで料理できるのって珍しいし、武器になるじゃないですか。たとえば、横尾くんにしても、長野くんにしても、もこみちさんにしても。」
    風磨「おい、急に俳優でてきたぞ!」
    小瀧「ジャニーズちゃうやん!」

    風磨「岸はほんとやばいんすよ。さっきリハのときも変な髪型で、セットしたらいい感じッス!って言ってこれですからね!」
    岸「え?!これ微妙っすか?!よくないっすか?」
    いいよ!岸くんのニューヘアー似合っててかっこいいよ!!!
    小瀧「ま、おれも人のこと言われへんけどな!」
    たしかに、のんちゃんの髪型は新しかった(笑)

    桐山「最近何作ったんですか?」
    岸「アスパラのベーコン巻きです!」
    小瀧「巻いて焼くだけやん!」
    めちゃくちゃ家庭的でいいと思ったけどな、わたしは(笑)ひたすらツッコまれまくる岸くんがかわいかったです。

このあと、ジャニーズWESTのやっほっほ?だったかな?たのしい曲。ザ!夏の関西!って感じ。

ケンティのラブ講座

生徒はかいちゃん、いわち、美勇人。今回は夏祭りがテーマ。

ケンティ先生「今日のキーワードは、『ふいに』です。想像以上の驚きが大切です。」なんちゃらかんちゃら。

高橋海人シチュエーション:夏祭りではぐれてしまった彼女にひとこと。
かいちゃん「はぐれても、またすぐに君を見つけ出すよ、なぜなら君は僕の打ち上げ花火だから。」
ひゅ〜!かいちゃんやるぅ〜!自分で「ひゅるるるる、ど〜ん!」って花火の効果音言ってたのもかわいかった。ケンティ先生からは、手を繋ぐのがよかったですね、とお褒めのお言葉。

岩橋玄樹シチュエーション:祭りで他の男にナンパされてる彼女にひとこと。
いわち「おれと一緒に歩いてないから、こんなことになるんだろ。一緒にいろよ、ばーか。」
お決まりのふみきゅん大絶賛。「ちょっとドSっぽくやってみました。」な小悪魔いわちたん。

森田美勇人シチュエーション:なんだったっけ?(笑)花火を見てるときに告白?とかかな?
美勇人「もう打ち上げ花火(海人が)やっちゃったじゃん!」ってギャーギャー言ってる、かわいい。

ちゃんと覚えてないんだけど、だいたいの感じで。
「花火あがるね〜。ひゅるるるる、どーーーん。花火どーん!からの〜、壁!どん!(手をばんっ)」
「はなこ‥」
(えっ、名前はなこなの?花火だから?と会場ざわざわw)
「はなこが綺麗で、花火見逃しちゃった。花火が見れなくて悲しい?(何かそんなようなこと言ったと思うんだけど思い出せない〜)ダメウーマン、花火の美しさは一瞬だけど、花子の美しさは永・遠(首こてん)」
なんかブルゾンちえみのネタっぽくしてたんだけど、思い出せなくてもや〜。美勇人のおもしろくて、ネタとして完成されていた!
ケンティもふみとも褒めてた〜!「初めてこんなウケました」ってけらけら笑ってたのもかわいかったよ!

そのあとはSexy ZoneでHigh!High!People。紅白〜!懐かしかった〜。

熱血バトル

始まる前に暗転してる舞台の上でわらわらしてる出場メンバーたち。

れんれおが、髙地くんの手をとって、くるっとまわす?みたいな、よくわからないかわいいちょっかいをかける。それに付き合ってあげるやさしいお兄さんな優吾〜!顕嵐ちゃんも加わって、らんれおれんのなかよし3人組とお世話がかりのお兄さんって感じでかわいかった。

いざコーナーがはじまると、この4人で同じチームで、なぜ髙地くんここに入れられたの?となる(笑)しかも、3対1でネットをまたいで別れるんだけど、案の定、髙地くんがひとりの側で、勝手に楽しそうにしてる3人の付き添いって感じだった(笑)

でも、自分たちの番が終わってから、小道具のボールをカゴに戻したり、デビュー組の先輩たちのマイクを受け渡したり、誰よりもまわりを見て、率先して動く気配り上手な髙地くんに、惚れるしかなかった。わざとらしくなく、もくもくと自然にそういう行動をできるところ、本当に素敵だなと思う。そんな髙地くんをちゃんと見てる人もいるからね〜って伝えたくて伝えたくて、髙地うちわを家に置いてきたことをちょっぴり後悔した😢(だって、バニボトリオの㊗️誕生日うちわが重かったんだもん、という言い訳)

のえるくん、慎太郎、なべしょ、神宮寺くんチームは「チャラいチャラい」言われてて、確かに!なべしょが練習してたよ〜ってくだりがあった。ただなべしょの衣装が全然運動向けじゃなくて、ちょっとおもしろかった。

最後も、マイクを渡したりしてたから、ちょっとだけ出遅れてしまって、横一列に並ぶジュニアのあいだにちょこって入る髙地くんに、胸が苦しくなりました。(これは恋)

Mr.KINGの新コーナー

いきなりジュニアの名前が書かれたボードとともに3人が出てきてびっくりした〜!進行役は紫耀くん、ボードに貼られたジュニアの名前(平野紫耀阿部顕嵐、宮近海斗、森本慎太郎神宮寺勇太)を、あるお題に沿って並べ替えてください、というゲーム。解答者はかいちゃんとれんれん。

お題:誕生日の早い順
廉「紫耀は1月やからはやい!顕嵐は8月や!おれこのふたりしかわからんわ(笑)かいとは、慎太郎と仲良いからわかるんちゃう?」
海人「慎ちゃんは、誕生日を知ってるような仲じゃないんだよな〜。」うそやんww

結果発表、平野「見事、不正解です!」見事??ってざわざわする会場(笑) 答えはあってなかったけど、誰かと誰かを入れ替えたら合ってたね〜みたいな感じだったかな。

平野「最後の問題です!」2問しかないんかい!

お題:携帯に登録されているジュニアの人数
廉「顕嵐は他人に興味ないから少ないわ。」
海人「慎ちゃんは、話せばみんな友達って感じだから多そう。」

結果、紫耀くんが一番多くて、あらんちゃんは思ったより上位(たしか2位かな?次点で宮近、神宮寺くんだったような)、まさかの慎太郎最下位!
廉「意外や〜!」
紫耀「ぼくも自分が1位って意外でした。でも結構後輩に聞かれて、いいよ〜って教えるから多いのかも。」

海人「慎太郎、友達多そうな顔してるのにね!」
ここで、アップになる慎ちゃんの顔写真。にこやかな笑顔に笑う会場。
海人「ほら、こんな顔。」(このネタが気に入った様子のかいちゃん)
またもやアップになる慎太郎。金指くんのとこでも名前出てきたし、おいしいねw

慎太郎、ずっとかいちゃんにいじられてて、このふたりの関係性に俄然興味湧いた。
あと、かいちゃんって、ちゃかちゃんのこと「みやっち」って呼んでるんだね?!「こうちっち」とか「しょっぴー」とか自分だけの呼び方で呼びたがるのかわいすぎです。

次の曲のためにエビがスタンバイ中。
平野「河合くん、ぼくたちのコーナーどうでしたか?」
郁人「慎太郎の顔がカズレーザーにしか見えませんでした。」
平野「この衣装(自分のきてる赤の衣装)着たら、完璧ですね!」ww

A.B.C-Zは、いちにち1歩半!みっかで4歩半!ってやつ。踊った後すごく息切れしてて、やっぱりこれ大変だな〜という感想。次のえび曲が終わった後も、ふみきゅんが「テレパシー踊ったあとだと全然身体動かねぇ!」って言ってて、相当なんだな〜と思う。

Love-tune × Travis Japan(Fantastic Ride)

急に現れる安井くんとちゃかちゃんに、なになになに?!となる。エビも出てきて、「ぼくたちFantastic Rideを‥」

わ〜〜〜〜!祭りだあ〜〜!
やすちかの話そっちのけで(ごめん)、ドラムの後ろでラブが遊んでるのかわいかったよね〜と、岸担と祭り回顧しはじめる。

曲振りはえびがすることに。はっしーがタイミングを間違えて、ぐだったので撮り直し。
郁人「はっしー、まだおまえらがやるの認めてないから(笑)」
え〜、おねがいしますよ〜って感じでぺこぺこするトラジャ、かわいい!

そんでやっぱり、この曲すきだ〜!
し〜くんに注目してしまう。ゆったりしてるようでパキパキと動くダンスが好みだなと思うし、たのしそうに踊るところがなによりすきです!

SnowMan(Boogie Woogie Baby)

郁人「なんかおじさんみたいな衣装だね(笑)渡辺、その帽子どうしたの?」と、とにかくしょ〜たをいじる郁人。

総合プロデュース:滝沢秀明
衣装デザイン:三宅健
ダンス振り付け:五関晃一
スペシャルな新曲!お目にかかれてうれしい。

衣装のデザインが健ちゃんであることを知ったふみきゅん、前言撤回して「めっちゃおしゃれだね!」とか言い出すの、笑う。

鳥ダンスかっこよかったし、アクロバットがなくても身体を動かしてるスノはかっこいいな〜と思うし、このタイミングであえてアクロバットを入れないって選択が本当にかっこいい。

阿部ちゃんの黒髪パーマとタートルネックに、岸担とめちゃめちゃ盛り上がった!阿部ちゃんかっこいい〜!

リクエスト多数によるサプライズ

チョエクとBTNの盛り上がりがすごかった〜!あと、テレポーテーションのときも盛り上がってた!見てみたかったスノの新曲も見れて、いいもの見れた〜ってお得感の強い少年収でした。星屑のスパンコールもすき。ぜひとも北斗くんに歌っていただきたかったけど!SixTONESの出番は少なめだったけど、心いっぱいでした💓(出てない時間長かったから、楽屋訪問とかの別の収録があったんだと思っておこう、それか東西曲の放送あるかな〜、ありますように、言霊大事🙏)

そして、見たいものを見たいって届けるのは大切なんだなと改めて知る。AmazingフルとBrave Soulとプリプリフルは根気強くリクエストしようと思います💪

初めてちゃんと少年収の感想ブログに書いた!最後内容薄い!おしまい!

2時27分の奇跡

ジュ★ガクJOURNAL SixTONES Part2

「先輩のバックにつきたい」と言っていた夢を、先日のミュージックステーションで嵐のバックについて、ひとつ叶えた彼らが、今や代名詞とも呼べる武器になりつつあるバスケパフォーマンスについて、それが生まれたきっかけや熱い思いを語る。

ジュニア祭りを終えて、次への課題は?

森本「勝負強さというか、締めるときは締めたい。最初はうまくいくのにバスケパフォーマンスが締まらないのが悔しい。」
京本「あの技をおれたちは"奇跡"って呼んでるんですよ。」
松村「おれらにとってそれくらい難易度が高い技なんです。」
髙地「実はリハでも1〜2回しか成功してなくって。」
田中「でも"奇跡"を信じて毎回本番に挑んでいたんだよね。」

東西楽のきょもの挨拶「人柄や可能性もパフォーマンスで見せていこうと思います」を思い出した。見せたいのは完成された技じゃなく、挑戦の姿勢や過程、奇跡が見られるかもしれない可能性なのかな〜って。

せっかくいろんなことに挑戦できる立場なのだから、たくさんチャレンジして、成長していく姿を見せる。
奇跡が叶う瞬間じゃなくても、叶えようとする情熱には心揺さぶられるよね。

松村「みんなで意見を出し合ってやってみたらできらから、「今の奇跡じゃない?」って、自分たちでも技が決まったのが奇跡だって思っているんです。」
森本「それが2時27分に決まったから、"2時27分の奇跡"って呼んでる(笑)」

なんだか、男の稽古場!という感じだな〜。熱い魂がぶつかり合うような奇跡の瞬間がなんとなく想像できちゃうの、愛しくってたまらない!かわいいよ〜。

田中「東西の時は$10の曲の構成からバスケの練習を含めて2日間くらいは練習したんじゃない?」
京本「与えられた時間内では相当やったね。」
森本「それがさいたまスーパーアリーナでは5〜10分練習しただけで。」
髙地「曲に合わせてできるかな、ってくらいの練習でした。」
松村「でも、練習できなかったからって、失敗した言い訳にはならないんだけど。」

今までも振り入れは30分とか、1ヶ月で三味線をマスターしたりだとか、ジャニーズのタレントがいかに短い時間で様々なもの習得するのかみたいなエピソードはたくさん耳にしているけれど、この類の話は何度聞いても、その対応力、集中力、ポテンシャルに、新鮮に驚く。幅広くやるからこそ、ひとつひとつのことに懸けられる時間は多くなくて、でもそれはできないことの言い訳にはならない。ジャニーズのそういうところがすきだなあ、と思う。とんでもない人たちだよ、本当に。

ジェシー「バスケの技は自分たちで作っています。」
髙地「技を教えてくれる人がいないんです。慎太郎が動画サイトでできそうな技を見つけてきて。」
森本「それをジェシーに見せて相談する。動画を見ながら、この技を誰がやって‥と作っていくんです。」
田中「あまりに難しい技はおれたちができるようにアレンジしたり。」
森本「この技をつなげたら、こんな感じに見せられるかなとか。」

練習時間もままならなくて、作るのも自分たちで、負担が大きそうだけど、それでもバスケをやるという意思。こだわりを持って新しい道を開拓してる姿はかっこいいね。

田中「バスケが苦手だと思われてるきょもだって、本当はすごくうまいんだよ!」
松村「他の人はできる気になってるから技に走っちゃうけど、ひとりだけめっちゃ基礎ができてるの。」
京本「今後も無茶はせず、基礎をしっかり磨いていこうと思います!」

京本くんの考え方がとてもすきだな。歌にしてもダンスにしても、きちんと練習を積んでることは見てる人にはわかるもんね。ミュージカルで認められたりしてるのもこういう姿勢があるからなんだろうな。

今後のバスケパフォーマンスについて

田中「ライブでバスケをやるのって本当に気持ちがいいんです。」
森本「ダンクが決まった時、会場のお客さんがものすごく喜んでくれるから。」
髙地「一体感が生まれるんだよね。」
ジェシー「ミスったらミスったであぁ‥ってなるんだけど(笑)」
田中「ボールが入ることって当たり前じゃないんですよ。本当に難しいから。」
松村「会場の反応をリアルに感じることができるってうれしいよね。」

複数ある公演のうち、1回しか入れない人もいるんだから、毎回同じレベルのパフォーマンスを見せるべきだと言う人も、練習でも失敗続きで成功の可能性が極めて低い技を披露することに否定的な人もいると思う。その意見は尤もだし、もちろんミスひとつない完璧なパフォーマンスが求められるときもあると思う。それも美学。
でも、わたしはその日のその状況でしか生まれないもの、いろんな条件が合わさって、そのときにしか起こり得ない化学反応を見れること、それが生で会いに行く醍醐味のひとつだと思っていて。失敗しようが成功しようが、意気込みや、奇跡に懸ける情熱みたいなもの、そういう生でしか感じ取れないものもまたいいものだと思うのです。

京本「もう飽きたってファンの人もいるとは思うんだけど。」
ジェシー「だから飽きられないように、より新しくて高度なパフォーマンスを見せていかなきゃいけないと思う。」

飽きたとか少しでも思ってごめん!貪欲なファンでごめん!でもそれ以上に貪欲でいてくれてありがとう!という気持ち。

京本「いつか武道館や東京ドームとかでもやらせていただきたいですね!」
田中「さらに技を極めていったら、2020年のオリンピックのOPをやってるんじゃないかな?って(笑)」
ジェシー「みんなで密かに大きな野望を抱いてます!」

わくわくさせてくれるな〜。2020たのしみにしていようっと。ビッグマウスだいすき、大きな野望はどんどん口にしてほしい。可能性は無限だから、いくらでもわくわくしたい。


この誌面でも、ドル誌でも、北斗くんが「親がSixTONESのファンです。」って言っているのが、うれしくて仕方ない。

一番身近な人に、自身だけでなくグループまるごと愛してもらっているのは、きっと北斗くんがSixTONESで充実した活動ができていて、SixTONESにいるときが輝いているからこそ、息子のグループへの愛を感じ取っているからこそだと思う。
それに、そのことをちゃんと言葉にして伝えてくれる誠実な北斗くんがだいすきだなあ。ご両親の大きな愛と、SixTONESへの愛とで、胸がいっぱい。北斗くんはたくさんの愛情を注がれて育って来て、そのぶんたくさんの愛情を周りの人にも注いできて、愛で溢れたあったかい人なんだろうな〜と思う。しあわせだね☺️

ミュージックステーション

Mステの録画がHDDに並んでいるのを、ほくほくしながら眺めています。金曜夜の生放送って素晴らしいね〜!感想やら、最近思うことやらを、いろいろとしたためました。

嵐「I’ll be there」(4/28)

この日は美女と野獣吹き替えデュエットのために録画していて、V6も嵐もいるし、最後まで見るか〜となんとなく流していた。(ぐっじょぶ自分!)

目抜き通りの世界観すきだな〜とか、後ろでごそごそしてるV6たのしそうだな〜とか思いながら、のんびりと金曜の夜を過ごしていたら、

松潤「ジュニアも今回‥」

ヒエッ?!えええ?!

テロップに‥

SixTONES」の文字が!!!!!!

ドキドキして嵐兄さんの話がなかなか入ってこない。でも相葉くんはかわいい。
CMはやく終わってほしいけど終わってほしくない‥‥

わ〜〜〜〜いる〜〜〜!!!ズドンしてる!!!!!!

わ‥この曲かっこいい‥オトナのかっこよさだ‥
鏡使うのおしゃれだな‥(ところでジュニアは鏡係だけなのかな‥)

お!みんな出てきた!!!
わ〜〜〜無個性!!!セットの一部と化している!!!お仕事してる!!!いい!!!(北斗くんどこだ‥)

森継〜!!!
と、SixTONES!いた!!

ジェシーダンディだな‥衣装と髪型似合いすぎるでしょ‥
きょも綺麗、顔が圧倒的に綺麗、お肌がつるつる、発光している。
笑っていないこうちくんの破壊力‥!むりじゃん‥
樹〜!(一瞬また森継かと思ったごめん)
北斗くんと慎ちゃんは立ち位置的にアップめの写り込みは少なめ‥しゅん‥

それにしても!!! こういうパキパキしたダンス、北斗くんの鋭いトメッ、キメッ、がしっかり見れて最高です!嵐さんありがとうございました!

正直、バックでどれだけいい位置にいようが、写り込みが多かろうが、そこから見つけてくれる人ってごくごく少数だと思う。ましてや、全員同じような衣装を着て、誰も差別化せず、無個性なバックだし。それでも、SixTONESがバックの中では一番目立つポジションにいて、美しいお顔や揃ったダンス(揃えなきゃいけないときは揃えることもできるんだよ!)が見やすいこと、それだけ信頼があるのかな〜なんて思うと、このうえなくうれしかった。

東京B少年「ジャニーズメドレー」(5/12)

少クラの余韻にひたりながらテレビの前に座る。ミニステのB少年ちゃんたち、すごい‥のびのびしてる‥お顔コチコチかと思いきやにこにこしてる、強いぞ‥!

このメンツなら出番は最初のほうかな〜とか思いつつドキドキしながら待ってるんだけど、いっこうに出る気配がない。徐々にB少年がトリなのでは‥?となってくる。え‥ほんとにトリじゃん‥すごい‥

しかも紹介ムービーまであるのね?!金指くんぽわぽわしててかわいいね‥

ドアップでうつされる那須くんのお顔‥かっこいい‥安定と信頼の那須くんのお顔力の高さ。うわ〜、りゅがたんがキリッとした表情してる!

BYAKUYA

「ビャクヤァ‥」のあとに片方だけ口の端をあげる那須くんとんでもないね?!小鼻の上にできる皺があんなにかっこいい人は初めてだよ‥高校生なんて嘘でしょ‥

りゅがたんの脚が長い‥目で追ってしまう‥ジャケットの丈足りてないし足もつんつるてんだね‥有岡くんの衣装だもんね(笑)

僕はVampire

瑞樹「ヴァンパイア〜」
かっこいい!かっこいいよ、みじゅき!

金指「僕はVampire‥」
ヴァンパイアの手が猫ちゃんみたいでかわいい‥藤井くんのダンスがすきだ‥

Sexy Zone

龍我「Sexy Rose‥」
首が!ない!かわいい!赤ちゃん!アップで見るとベイビーきゅるるんキュートなのに、ひいた途端スタイルのいい男の子になるのむり‥すきじゃん‥

「夢をのせながら〜」と「時代を創ろう Sexy Zone」のとこで、ちょっと眉根を寄せたり薄目にしたり、悩ましい表情をするの何‥どこでそんなの覚えたの‥お空をぽやっと見つめるかにこにこするかのどっちかだけにして‥とか思ってたらカモナのはじめでなんとも形容しがたいポーズでジャンプしたり、決め台詞のたいしょ〜の横できゅぴっとかわいい指差しを決めたりするので、ちょっと待ってくれ、わたしの感情がジェットコースター。もろもろの表情や動きが、まだわりと無意識っぽいところが本当に罪!

Come On A My House

B少年のキャラやメンバーの立ち位置的なものに詳しくないけれど、本家じゃんぷでは、かわいいの権化知念ちゃんが担当する「カモナマイハ〜ウス♩」がたいしょ〜くんなの意外だ〜!(o・ω・)「かもなまいは〜うす」は断られるはずがないことを完全に理解した上のお誘いって感じで、たいしょ〜くんはザ!元気な男の子!が小学校終わって「家帰ったらすぐ電話して遊びに行くね〜!」って感じ。
そのあとのひとりずつ抜かれるところ、ポーズがだれひとりとして被らないの、めちゃくちゃアイドルだった‥B少年いちばん新しくできたユニットかもしれないけど、もうすでにみんなちゃんとジャニーズなんだよな〜と強く印象に残った場面でした。

喜びの歌

「君と走っていこう」の歌詞のところ、曲の雰囲気に合わせてみんなは立ったまま手だけ動かしたりかっこつけてる中、その場でぴょこぴょこ走っちゃう足の長いかわいい男の子がいるんですよ。佐藤龍我くんっていうんですけど。なんなんだもう。

HiHiJET

これ聴きながら、一年前のけんしょりMステを思い出していて、新しい時代だ〜と思ったりした。「僕たちが時代を創らないといけない」はジェシーの名言だけど、歴が短いとか経験が少ないとか関係なく、今このとき、この事務所で芽を出そうともがいている誰もがそんな気持ちなのかな〜って。全員がしあわせになるのってやっぱりそんなに難しいことなのかな〜なんて泣きそうになってしまった。本当にみんながそれぞれのしあわせを掴めるといいね‥

亀と山P「逆転レボルシオン・背中越しのチャンス・青春アミーゴ」5/26

「ぼくらがバックにつかせてもらってたことを、後輩にもと。そういうの意識して、ジャニーズ感のどまんなかで!」って、先輩の背中を見て育っていくジャニーズイズム!

逆転レボルシオ

待って、最初からど真ん中なんだけど??!??(混乱)

アンダルシアっぽいふりでお口むってするのかわいい、気合いが入ってる、かわいい、気合い。

やまとかめの後ろにうつる京ジェの顔面の綺麗さ。嵐バックのときも思ったけど、この2人のお顔の華やかさは本当に大きな武器だな、と思う。イケメンとかすきな顔とか、刺さるかどうかは個人の好み任せだけど、華があるっていうのは、ぱっと目を引くんだよね。

亀梨「交差点で俺を呼んだ」

後ろ向きの移動、気を遣ってる感出ていていい!こういうのすき!

亀梨「変わらない」

ここで亀のうしろにうつりこむ、北斗くんの眼差しにやられなかった人いる?!ピントあってなくてよかったよ、逆にねっ?!(cv.ジェッさん)殺傷能力高すぎる‥停止ボタンがあってよかったと心底思ったよ、ありがとう文明の利器‥(?)

山下「あの日の夢なら」

ステイのときに息整えてるのだいすきマンだから、「ふっかが!息ついてる!」とテンションがあがった。きょもは割と平気そうなところがまたよき。

山下「ともに追いかけよう」

慎ちゃんのお口がキュってなってるのかわいい〜ダンスや服装がかっこいいほど未成年を感じる、かわいい〜。

サビのダンス、ほんっとうにみんな気合い入っていてすき。肩入れたり、顔つけたり、膝いれたり、普段は流しがちなところもしっかりきっちりやってるの、バックの醍醐味!歌わないからこそダンスに全力をかける、先輩のステージの世界観を守りつつ、自分のアピールもする、これぞジャニーズのバック!ありがとう!

山下「SixTONES

え、紹介してくれた(泣)テロップ(泣)震えた‥よかったね、北斗くん‥やまぴ、SixTONESのこと覚えてくれたよきっと‥(泣)

あめ〜じんぐの振りじゃん‥かっこいい‥この一瞬にかける情熱が最高だよね、ほんと!!!ジャンプも高くて最高。最高しか言えないのか、言えないな!は〜かっこいい!

中越しのチャンス」

チビジュに変わった!こういうのもすき!

ここに来て、ジャニーさんの赤い花アドバイスは正解だったんだな〜と思う。

赤チームの一番後ろで元気に踊るラウたん!舌ぺろってしてかわいい〜!

青チームの黒田くんも後ろだけど、誰よりたのしそうに大きな口をあけて歌ってるので、すきしかない。後半で全員白衣装になったあとは亀の後ろでけっこう映り込むんだけど、そこでもず〜っと歌ってるのいい!マイクがなくても歌いながら踊れる子はいい!

ステップ踏む松尾くんが、そう!バレエやってたらそうなるよね!わかる!という動きですきだ。足のさばき方の優雅さとか、ちょっとしたステップではねてしまうところとか、重心が高いところとか!

最初のサビで赤チームの一番右にいる子がすごく大きなダンスでとても好感!

いっそ ぼくら
何回でも恋をして 何回でも愛していこう
ちゃんと言う 君にちゃんと言う
スキの二文字を この声で
何回でも更新しよう 最高の思い出を

逆転レボルシオンで、ぐ〜っと高まった感情をそのまま歌詞にしてくれてるようで、涙腺にキた。もう何回も恋に落ちて、何回も愛してるんだよ、この気持ちはちゃんと伝えなきゃね、何回も何回も最高の思い出を更新してくれるように、ちゃんと、好きの二文字を伝えよう、って、なんでもかんでも自分のことに置き換えてしまうのジャニオタの悪い癖だけど、こればっかりは今の感情まさにすぎるよ、と思った。

ところで、背中越しのチャンスを踊るSixTONESはどこで見られます?

青春アミーゴ

待って、そんな制服で出て来るなんて聞いてない。

やさしくほほえむやまぴーの横顔にくらっとしたけど、それどころではない。なに、このハイカースト制服集団。ヤンキー工業高校ものの再演もほしいけど、私立おぼっちゃま学園もののドラマもほしい。

ジェシーのネクタイの短さに笑う。みんな同じネクタイだよね?!チビジュは有り余る長さなのに、ひとりだけやたらと短くて、驚異的に背が高い+結び慣れてない(バランスとれてない)ところに愛おしさしか感じられない。

うれしさを隠しきれてない館さまかわいいな〜。よろこびを噛み締めてる亀梨担と冷静に受け止めて気合い入れまくってる山下担の対比が最高。ふたりとも普段はクールセクシーキャラかもしれないけど、そんなことないところがまたいいよ〜、いいよ〜。だてさまのうれしそうな顔が本当にかわいくて、よかったね、よかったね、って何度も唱えた。北斗くんも本当はうれしいくせに〜!笑っちゃいなよ〜!と心の中で茶化すんだけど、それをひた隠す北斗くんがすきなんだよな〜。盲目。

ハイキック最高かよ〜!高く上げてやるって気合いがすごい。なんか、もうとにかく気合いだよね、1に気合い、2に気合い、3、4がなくて、5に気合いというくらい気合いが入ってる。気合いの一言。 そして、北斗くん、気合い入りすぎるあまりに音をはやどりする癖が顕著になる(笑)おそらく踊り慣れてる曲だろうから余計に自分色が出てしまうんだろうな〜。これでも可愛いいとしいって思っちゃうんだからでろでろに甘くていやになるね(笑)

チビジュが出てきたとき、一瞬ヴァサが裕翔くんに見えたのわたしだけではないよね?

湧くんの横にいる首でリズムとってる子すごい‥!(ネクタイがよれてる子)この子、「信じて生きてきた〜」のあとの母音を伸ばす僅かな間のところでクッて頷くの、天性のリズム感で踊ってます感がとてもある‥!この頷きがすきすぎて、北斗くんいないのに何回もリピしてしまった。お名前知りたい。あと、北斗くんとジェシーのあいだにいる、手と一緒に首を横につけてる子もすごい。だけどやっぱり、大きな口で一生懸命歌う黒田くんがかわいい。

最後の足を後ろにまわすところの北斗くん、ぴんとのびた足に意志の強さを感じて、もう本当にすき。ぬかりない。気を張ったダンス、最高にすきです。もうほんとうに、ありがとう。

曲が終わって、全員が集合したところ、本当にかわいい。指差し、左手を右ひじの下にいれて謎のズドンもどき、なにそのポーズかわいい。やっとにこにこしていてうれしい。念願の山下くんのバックにつけて、本当によかったね。慎ちゃんのズドンの亜種(余震で少し揺れるみたいなの)かわいい。

もう一度カメラが戻ったときは、いちはやく気付いてズドン(樹はガン無視、何を話しかけようとしたのかな〜)、両手でぶりっこズドン、お顔が憎らしいくらいかわいい、お手振りにこにこ〜、最後は手を高くあげて〜、ズドン!!!(ここで最後に正規のズドンをやるあたりがさすが元祖ズドン担という感じでこれもまたかわいい。)かわいさが詰まりすぎていて、本当にかわいい以外の感情が湧かなかった。北斗くんのかわいさばかりに目がいってたけど、後ろで泳いでる慎太郎もめちゃくちゃかわいいことに後で気付いた。録画万歳!

いろんなことがあったMステ月間、とにかくジャニーズJr.を全うしてくれたことが、うれしくてうれしくて仕方なかった。

そりゃ、今のジュニアの現状とかおじいちゃんのやり方とか、不満を感じたり疑念を抱くことはあるし、確実に真っ白な事務所ではないことくらいはわかるし、こんな世間知らずなわたしでもわかるくらいに白くないってやばいでしょと思うし、ここにとどまることが本当に正解なのかと思うこともあるけど、それでも先輩の背中を見て育つ伝統を受け継いでいくこの事務所のことはどうしても嫌いになれなくて。「Youたち、黒すぎるよ」って赤い花を胸のポッケに差すようにアドバイスした人が、この場にいてくれたという事実にほっとして。ジャニタレから聞く話でしか人物像をイメージできないけど、きっと手塩にかけた子たちが不安になったり迷ったときには、ほったらかしにせず、ちゃんと寄り添ってくれる人なんじゃないかな、だからこの日、Mステに来てくれたのかな、なんて思ったりして。外で何を言われようと、何が起きようと関係なく、キラキラと輝く最高のステージを作った「Show must go on」の精神にはやっぱり信頼しかなくて。いつもと変わりない輝きがあったことがうれしくて。この数分間は、何もかも忘れて、ジャニーズの世界観に魅了された、それってすごいことだよな〜って。

いろんな感情がぐるぐるして、でもやっぱりどうしたってすきなものはすきで、結局はすきに落ち着いちゃうんだ。すきだからこそ、それをとりまくいろんなことに悲しくなったり腹が立ったりするんだけど、それでもやっぱりそのものがすきなことに変わりはなくて。すきなものがあるって心強い。すきって感情は強い。ときどき、強くて困ることもあるけどね。でも助けられることのほうが圧倒的に多い。

それは、誰にとっても一緒。

だから、泣きたくなる日はすきなものに囲まれてね、消えてしまいたくなったときはすきな人たちのことを思い出してね、くじけそうになったらすきな音楽を聴いてね、すきなものをたらふく食べてね。すきだからこそ生まれる負の感情もあるだろうけど、そんなときは他のすきなものにすがってね。すきなことを、すきなだけ、できますように。そんな姿をずっとすきでいられますように。show must go on、これを遂行しようとしてくれる限り、ありったけの愛を届けます。双方の感情が、あたたかくやさしいままでいられますように。進む先の未来が、たくさんの愛で溢れますように。そう願ってやまないです。願うしかできなくてもどかしいけど!!!

不安になる、何をしても間違ってる気がして苦しい、それでも、きっとすきという気持ちは力になるはずだと信じたい。「Show must go on」の傘下にいてくれるのなら、ステージに立ち続けてくれるのなら、それを本人が望む限り、そのことに感謝しながら、ありったけの声を届けたいなあ、と思うよ。いつが最後でもいいように、でも次もありますように、っていうのも少し思ったりしてね。うまく言えないんだけど、いくらまわりがごちゃごちゃしようと、当の本人の意思や努力を無下にするようなことにはならないんじゃないかな、と思う。願望でしかないんだけれど。本人の意思なんてずっとわからないんだろうけど。

「すきなものを すきと言える勇気だけは 手放したらだめだよ」
すきなものに出会ってから、ずっと胸の中にあって、ときどきハッとさせられるこのフレーズ。どんなことがあったって、すきなものはすきだし、すきな人のことはずっとすき。すきになってはいけないものなんてない。むりに嫌いにならなくたっていいよ。この先もずっと、自分も、自分のすきなひとも、すきなものをすきと言い続けられますように、そんなことを考えたりした日々でした。

あきらめない 君がいれば
どんなときも チャンスはある
物語は 終わらない
Never ending story 夢は続いてく

Believe yourself 信じるんだ
Believe yourself 最後まで

ジャニーズJr.祭り①

ジャニーズJr.祭り 横浜アリーナ(3/24・26)/さいたまスーパーアリーナ(4/8・9)/大阪城ホール(5/3)

SixTONESのまとめしかしてなかったから他のユニットについての感想やらをつらつらと〜。好き勝手言ってごめんなさい。記憶がだいぶ薄れてきてるので都合いいように覚え間違えてる等々あるかと思いますがさらっと流してください。ちょいちょい書き留めてたのをざっとまとめたので言ってること重複してるかも〜。

Mr.KING

ウィークエンダー

「カメラの前のみんなも」(カメラの前にいるのはあなたよ☺️)「一緒に踊ってね〜!」(‥‥いやそんな振り付け知らんぞ?!)となった少クラウィーケンがすごくすきなので、たまアリで一度だけの披露だったのが見れてよかったな〜!キングちゃんガン無視でオリジナルの振り踊っててごめんね!

少クラソロ曲メドレー

ひとりが歌って、あとの2人が踊っているという演出がすきだった〜。バックではなく、でも真ん中で歌うメンバーを引き立ててもいて。それぞれに合わせた選曲も改めて素晴らしいな〜!と!

Remedy

めちゃくちゃレメディすきです!(突然)最初少クラで見たときからかっこいい〜!と思っていたけど、生で見ると、かいちゃんのパキパキと見ていて気持いいダンス、驚くほど大人っぽい表情、甘さの残る歌声、全部が心に響いて、みるみるまにすきになりました。「ウ〜ゥ〜、ア〜ァ〜」ってめっちゃ口ずさんでしまう。あと、かいちゃんのファンサが丁寧かつ、ひとつひとつどれも可愛くて、そりゃみんなすきになっちゃうなあ、と納得でした。ええ子や〜😚

Oh!サマー/愛は味方さ

多幸感のある曲の似合うこと似合うこと!やっぱりKINGの歓声はすごいな〜と出てくるたび思ってた。会場の上り詰めたわくわくの爆発する瞬間を一心に受け止められるのはさすがキング!歓声とライトが似合うザ!アイドル!歌ってるあいだずっと「うわ〜!ジャニーズ!ジャニーズ!めっちゃジャニーズ!」って思ってました(あほ)

Prince

For the Glory

一緒にヴェッヴェッできるのめちゃくちゃたのしい〜!(そこ)全力疾走してるのものすごく応援したさが募る。いわち!いわち!がんばれ!って、謎にビデオカメラまわすおじさんを心の中に飼ってた。「じぐいわと俺」芸の岸くんが花道にひとりでいるところの、「おれはひとりでも強く生きるぜ」感がとてもかっこよくて、モニターに抜かれるじぐいわが巻き起こす「きゃ〜!」の正体を見逃しがちだった‥岸くんかっこいい‥

Prince Princess

横アリの初日だけ「プリンス!」\プリンセス〜!/「プリンス!」\プリンセス〜!/だったの、めちゃくちゃすきだったのにすぐに変更されてしまって悲しかった‥でも確かに逆の方がしっくり来るね‥

初日がやっぱり忘れられないな。いろんな人を見に来たファンのはずなのに、ペンライトが揃ってプリプリの振りで動いてるの、あ〜名曲ってこういうことなんだ〜って。わたし自身もこの歌がとてもすきで、一緒に踊れる振り付けもすきで、だけどそれはわたしひとりじゃなくみんなもなんだな〜って、万人に愛されるってこういうことだ!と感動していました。

からの!2番‥‥!え〜!なに、歌詞、これまた、いい。どんな立場のどんな環境の人にも、自分に重ねられるワードが散りばめられていて、本当に歌詞通り「誰もがプリンセス」になれる曲なんだな〜と、CD買わせてほしさしかなかった。絶対ミリオンとれる‥!

それから、たまアリ初日だったっけ?岩橋「一生アイドルです♡」岸「何言ってんだ!おれもだよ!一生アイドル!神宮寺は?」神宮寺「もちろん一生アイドル!」みたいな流れ、本当に心がぎゅ〜っとなってね。いつデビューできるかわからない今の状況で、ファンの前で、自分たち自身の声で「一生アイドル」を主張すること、どれだけ大きな意味があるのか。祭りまでに、それはそれはいろんなことがあって、いくらユニットに所属しているとはいえ、コンスタントに表に出る機会が巡ってくるとはいえ、ふといなくなってしまう可能性が誰にでもあることを思い知らされていたから。しかもね、いわちのスペシャルキュートな宣言から、それに負けじと乗った岸くん、そんな2人を包み込むようにおれもだよと言った神宮寺くん。この3人のそれぞれのキャラクターがお互いに作用してぎゅっと繋がってる感じに、思わずホロリと涙しそうになって。プリンスってなんてすてきな3人組なんだろうと。「星空は君を包んでた〜」で、3人で腕を組んで輪になってくるんってまわるところ、この3人のよさを凝縮した場面で、いつまでもその手を離さず、向き合っていてね、って涙腺にきた。

にしても、ジュニアのオリジナル曲に2番も作ってもらえるってすごいね!追加しよう、となった経緯がとても知りたい、です。あと、とても個人的だけれど、かねてからじぐいわにはHey!Say!JUMPのChau#の衣装着てほしいとずっと思っていたから、あの衣装かわいすぎてしめた!と思ったよね。

キンプリ

Helloハルイロ

6人がカメラで遊んでるだけで、あれだけ場が盛り上がるのすごくないですか?!センステでぎゅっとなってるだけなのに、千単位の人が、ただただかわいい顔面がうつされてるモニターを見てるの、いや、すごいね?!メンカラのジャケットも含めて、めちゃくちゃジャニーズだね?!(めちゃくちゃジャニーズとは)

Bounce to Night

過去に披露したものと同じ衣装・演出をもう一度ファンの前でできるというストーリー性、明るくキュートな楽曲から強くセクシーな曲までできる幅広さ、キンプリやっぱりすごい!と唸った。キンプリすごい〜〜〜!

みんな忙しい日々だろうけど、休めるときにしっかりと休んでね‥😢

HiHiJET × 東京B少年

BYAKUYA

那須くんに尽きるでしょう。と言いたいところなんだけど!さとりゅダンス上手だね?!この子入ってまだ1年経ってないんじゃなかったっけ?ってびっくりしたんだけど、経験者だったのね〜!なるほど!(調べました)手足が急激に長くなりすぎて持て余してる感はとてもあるけど、成長期止まったらますますうまくなりそうでたのしみ〜!

HiHi JET

ドンッ、ドンッ、ハッ!ハイハイハーーーイ!フライハイハハーーーイ!
これもうだいすき〜!息つかせる間もないトンチキワードの連続、意味はわからないけどポジティブな言葉がぽんぽん投げつけられてきて、なんだろうね、たまらない快感!羽場ちゃんに思い入れがあったから、HiHiを見るとなんとなく悲しい気持ちもあったのだけど、B少年と一緒にパフォーマンスする4人はしっかりと先輩で、4人でこの曲をやることにチームワークを感じて、ああ、今のHiHiはこの4人なんだね、って自分なりにストンと納得した。

ちょうどはけ口が丸見えの席だったとき、階段にローラーが用意されていて、それを高速で履き替えるところ見て、まだまだちっちゃいと思ってた子たちがぐっと大人で、立派にアイドルしてる‥!プロだ‥!ってなんだかよくわからない感情が湧いた。HiHi応援してるよ〜〜〜!

Sexy Zone

さとりゅにキュンとしたおばばがここに。もう産んだとかたやすく言えないくらい、まっすぐな瞳とスタイルにやられてる。龍我ちゃんって呼びたいけどもう赤ちゃんに見れないし、くん付けも恥ずかしくてできないから、なんか照れ隠しでさとりゅって呼んでる。末期(笑)

Travis Japan

OP

PERFECT、Now and foreve、Shelter、少クラでもやってた曲けどトラジャの選曲がすきすぎる!ストの次だから、なんやらかんやら頭パンクしそうになってるとこにトラジャがばーーーんとくるわけなんですが!全て吹っ飛ばしてくれるんです!「ちょ、なにこれ、北斗くんかっkッあ〜〜〜!これすき〜〜〜!」てな具合に。瞬時にスイッチ切り替えてくれるトラジャ、天才!

soCrazy

もう、これもそれもトラジャ!あれもどれもトラジャですよ!(?)感服の一言、天才スイッチャートラジャ。
だって、Amazing!!!!!!のあとなんて、魂抜けてるじゃない。ぐるぐる黒レザーとか、白い羽根とか、任せろラ〜ブとか、オ〜まェらッとか、ぐるぐる黒レザーとか、北樹背中合わせとか、ぐるぐる黒レザーとか、あとぐるぐる黒レザー(しつこい)とかで、ヨロヨロじゃないですか。でもメンステの白いライトの中の深いグリーンのスーツの7人を見た瞬間、ぱっとトラジャに気持ちが向く。あ、これはしっかり目に焼き付けたいやつだ、ってしゃんと生力が戻る。ストを見て、ヒィッ、やられる‥ってなったあと、ほわっと救ってくれるトラジャ。やさしい。わたし、横アリ初日終わったあと、「トラジャのラブソングよかったな」ってずっと思ってたし、次の日も「Crazy Love♩」って頭から離れなくて、Crazy Loveで楽曲検索しても出てこなくてえぇ?!なんで?ってiPhoneに話しかけたからね?(だから何だという)それくらい、印象的な一曲でした。

こうやってしっとり大人の曲ができるのって、今のジュニアの中でトラジャくらいだし稀有な存在だな〜、と改めて思う。凄いパフォーマンスを見たときって、何も言葉が出てこないんだけど、SixTONESのAmazing!!!!!!が強引に語彙を奪うパフォーマンスだとすれば、トラジャはそっと口を塞いでくるような、そんな言葉のなさ。攻撃力!破壊力!って感じではなく、しっかり握った手を絶対に離さないような、やさしい強さ。

この曲とWYNを通して、トラジャに演技のお仕事やってほしいなってすごく思った!曲の世界観を伝える、表情、身体の動かし方、魅せ方が、もうピカイチだったから。パフォーマーというより表現者!コンテとか踊ってほし〜!ドラマよりも、舞台とか映画に出て欲しい。漫画原作とか、キャッチーな胸キュン映画とかでなく、見たあとにズンと深く重く響くような、セリフのない空間や風景の描写を大切にするような、青みがかった画面の映画に。‥待ってます!

曲の最後、センステで外向きの輪になってダブルまわって、全員が同じタイミングでぴたっと止まって終わるの、最高にかっこよくて痺れた。ずるい、ずるいよ、あんなの。だって、まずメンバー全員があんな綺麗にダブルをまわりきれることがずるい、それを止まるタイミング、向き、止まった後のポーズまで全て揃えられることもずるい、トラジャにしかできない締めくくり、ずるすぎた。完敗だった。

トラジャのダンスは、徹底的に振り合わせしたことが見てとれる、時間と労力をかけた努力の痕跡を感じられる揃い具合が本当に気持ちよくて!見ていて心が晴れる!満たされる!

Supernova

センステからメンステに向かうところ、うわ〜!かっこいい男の子たちの集団!ハイカーストだ〜!って、憧れとドキドキで胸いっぱいになる。この人たちが今から盛り上げてくれる〜!というわくわく。前に進んで、同じタイミングで手をあげて、ヘ〜イ!ってテンションがあげられるの、わ〜、トラジャの時間はじまる〜!って感じた。それから、その集団からのえるくんが後ろに向かうのも、あ!アクロバットだぞ!ってのえるくんにしか与えられない興奮、たまらなかったな〜!次々とたのしいことを見せてくれる、めくるめくトラジャワールド、あの数秒間たまらなかった〜!

それで、あれだけズレのない美しさを見せたあと、四方八方に散って、個のスキルも見せてくれるの天才なの‥?
特にこの人!という人もいなかったので、近くに来た人を見たのだけど、全公演通して近くで見れたのは、うみ、みゅ、のえ、ちゃかちゃんかな?(あんまりいろんな角度で見られてないかも‥)個別にまた感想を書いたけれど、あんなに揃ってるのにひとりひとりで見ると踊り方違うんだな〜という当たり前のことに気付かされて、その努力と才能に、二重に感動したし、みんな踊るのが本当にすきなんだなと、強く感じた。ステージなしに生きられない人たちなんだな、って羨ましかった、すごく。

Let It Burn

城ホではセトリ変更になってたけど(キスマイバックだから?違う?)、個人的にはスパノバのがすきだったかな〜!ひとりずつスポットライトあてて歌って踊る演出はとてもよかった!トラジャって、ダンスが揃ってるぶん、まるっと「Trvis Japan」全体として見てしまいがちだったんだけど、この演出とか、MCでひとりずつの名前をお客さんに呼んでもらったり、全方向に散るスパノバもしかり、歌割りでもそれぞれ最適な人を選出して、個の見せ方もすごく上手なんだな〜と思った。

あと大阪の1部でちゃかちゃんがコケちゃったのがすごく印象に残ってて。そりゃ、もちろん「失敗」になるんだろうけど、「もうコケません!ごめんなさい!」って謝ってたけど、わたしにとっては「あ、本気で踊ってるんだ」って、あんなにしっかり踊るスキルのある人が、思わずバランス崩して足元絡まるほど、一生懸命に、激しく踊ってる、それくらいのダンスなんだ、って事実の方が刺さった。ちゃかちゃん、かっこよかったよ〜!(横アリのなんでもないとこでこけちゃったうみんちゅも、これはこれでかわいくてよかったよ♡)

次々に正面が切り替わっていくフォーメーション移動もすきだった〜!圧巻でした!

Cha-Cha-Cha チャンピオン

ジュニア担2016年1月29日のMステすきじゃん?(cv.キスブサ藤ヶ谷)しょりけんのチャチャチャからのハイハイ、平均して1人30回は再生してるじゃん?わたし?わたしは余裕で3桁超えたよ?つまり、何が言いたいかって、あのジュニア担大集合の中で、この選曲がもう勝ってる。そこでトラジャver.にアレンジ加えてくるあたり、したたか。だってめちゃくちゃたのしかったもん、一緒に踊れるのも、トラジャマークできるのも!

山手線外回り

極め付けのこれ!もうちゃかちゃんの煽りなしでは聞けません〜!口説いてるゥ?終電ナァイ!ほんとたのしい!トラジャのステージたのしい!大阪公演で駅名変えてきたのも、やるな〜、トラジャ最高!って思った!でも、ひとつだけ疑問なの、なんで環状線にしなかったんだろ?(笑)あと江坂と北新地なぜ?(笑)適当に大阪の駅名検索したのかな(笑)このあたりの裏話お願いします!

のえるくん

多才!ダンスはしなやか、アクロバットは軽やか、歌声はすずやか、いろんな表情を持っていて、惹きつけられる。特にsoCrazyの美勇人くんと交差したあとの表情がぐっときた。手の使い方までもロイヤル。今回の祭りを通して、のえるくんが「ロイヤル」と言われている意味がやっとわかりました!チャチャチャの「信じこと そだけで〜♩」で、「あ、これはロイヤル、ロイヤル以外に表現しようがない!」と理解できた!(笑)とくに「ら行」から感じるロイヤリティすごい。

うみんちゅ

オーラスのアンコで、Amazing!!!!!!で落ちた羽根(たぶん?)を耳に刺して、それをDブロに見せてにこにこしてたんだけど、リアルピーターパンだった。永遠の少年。(緑だし!)愛されんちゅさん〜!

soCrazyのモニターに抜かれたときは切ない表情もするし、スパノバではスイッチ入ってガシガシ踊るし、お顔ち〜ちゃくて手足がスラッとしていて、なのに首すわってない(頷くの癖?)ときが多々あって、これはすきになる要素しかない‥?長い手足を余すことなく最後までのばしきったダンス、スタイルのよさがさらに際立ってとても好みだな〜と思った!

ちゃかちゃん

ちゃかちゃん、手足の動かし方が丁寧で、流さないで踊ってるの素敵!個人的に、横アリたまアリでは、「ホストだ‥!行ったことないけど、たぶんホストってこれ‥!」って感じだったけど、大阪では『ちゃか先輩(経済学部・フットサルサークル・4年)』って感じだった。なんにせよ、煽り慣れてらっしゃる。

薬指からリング外す仕草はほんとずるいよね〜!あの振りだけで、いろんな物語を掻き立てられるんだもの。

美勇人

みゅうとくん2人いた。冗談でなく!トラジャのときとラブのときと、全然違くて、トラジャの美勇人とラブの美勇人がいた。‥んだけど!ラブトラのときにラップ以外であんまりちゃんと美勇人くんのこと見れなかったのが残念〜、目が足りません!

あさひ

スパノバではまじまじと見れてないんだけど、カモナで北斗くんのお相手してくれて、ありがとうございました!抱セニョのダンスも、チラチラと視界に入ってくるキレの良さ!

それから何と言っても「Woo〜Baby♩」!!!!たぶん、たまアリで初披露したときは、のえるくんのロイヤルソロパートのあとの普通のソロパートでしかなくて、そこまで見せ場!!!って感じではなかったけど、そのときの客席の反応がよくて、次の回からキメにキメてきて、二段階でたのしめるように持ってきていたのには全力で拍手でした!需要を感じ取る力と対応力、そして表情がなんともすばらしかった〜!

それから、ファンサでじゃんけんして、(たぶん負けて?)全力で頭下げてたのめっちゃおもしろかった(笑)90°のお辞儀、キレッキレの謝罪だった(笑)

しーくんしめちゃん、立ち位置と目が足りない問題で、あまり見ることができなかったので割愛します!ごめんなさい!

あれやこれや

もともと、ジャニアイとかではトラジャだとヒロキを見ていたから、横アリではどうしてもその影を探してしまって。soCrazyどのパートだったんだろう、どんな表情で踊るんだろう、山手線は弾けんばかりのダンスなんだろうな〜とか、「ここにいてほしいな」って、無意識に見えないものを見ようとしてしまって、せっかくたのしいステージなのに、そのたのしさから余計にさみしさを増幅させてしまってた。でも、しめちゃんも戻ってきて、トラジャのまとまりを感じて、徐々にその穴は埋まって、最終的に今のトラジャがとても素敵だな〜!という気持ちになりました。これからいろんなトラジャが見れるのたのしみたい〜!

プリプリとトラジャに長く語りすぎたので、ラブやスノはまた別の記事に書こうと思います。(書く気力があれば)思った以上にトラジャをすきになっている自分がいて驚き〜!すきなものが増えるのはたのしいね😊👍

ジャニーズJr.祭り 大阪城ホール公演

ジャニーズJr.祭り 5/3 SixTONES

な〜にを今さらほざいてるんだ!感がものすごいですが、雑多な感想です。中身はありません。

OP

1部:In THE STORM
2部:ドロスト
3部:BE CRAZY

たまアリのときみたいに、公演ごとに「この曲やるの‥!」となる驚きとよろこびが薄れてしまった、すれた自分がちょっぴり悲しかったりした。あとやっぱり、どの曲もすきだからこそ、フルで聴きたい!物足りない‥と欲深くなってしまう〜!銃撃戦したいし、ジェッさんの「Are you Crazy?」とか時を刻むきょも見たいよ〜!

ちゃちゃっとキングの歌まで進めたい安井くん vs なんとか食いつきたいジーコの東西対決おもしろくて、その間ずっと「ジーコww」って、SixTONES内でお互いに顔見合わせてニヤニヤしたり、大きな口あけて笑ってたのがと〜ってもかわいかった!SixTONESが1番関ジュとなかよしだった!(私調べ)東西SHOW合戦を経てから、関ジュとの距離感が縮んでることに心があったかくなったよ〜。あとやはり安心と信頼の関ジュのトーク力‥!と感服した3公演でした。

オーラスではたこ焼きの顔真似をしたカジを皮切りに、モロのはこふぐ、りゅちぇの串カツ(だったっけ?)、と各ユニットひとりずつ顔芸を披露する流れになったとき、その流れを一瞬で汲み取って瞬時に相談しはじめたSixTONESが最高だった。「ここで出ずしてどうする?」「出るとこ出とこうぜ!」っていう爪痕残そう!負けてられねえ!精神、いざという時の団結力。今!今!SixTONESがめっちゃSixTONESしてる〜!ってウキウキした〜!

反対側(Jr.いるほう向かって左)にいてあまりちゃんと見れてないんだけど、ジェシー樹が中心となって話してた。言葉は全部妄想だけど、樹「どうする?北斗やる?」ジェ「北斗やれよ」髙「いいじゃんいいじゃん」北「やだよ(手でいやいや、首をふりふり)」樹「慎太郎は?」慎「え?おれ?」ジェ「北斗がいけよ〜」北「むり〜(え〜ってお顔)」ジェ「北斗!」北「むりむり」って感じに見てとれた!(※あくまで妄想)ここの人選、北斗くんなんだ〜愛されてるぅ〜って目尻下がるし、何が何でも北斗くんにやらせたいジェシーにも頬が緩んだけど、あ〜こりゃ入り込むタイミングないな〜‥と探ってるまに終わってしまった。しゅーん。あと、この一連の作戦会議に全く気付いてないきょもがきょもだった。

SHAKE IT BABY/HEll No/愛のコマンド

SixTONESは必ずしも「ダンスの上手いグループ」ではないのかもしれないけど、わたしは北斗くんのダンスがすきだな〜と思ったSixTONES少クラ過去曲メドレー。

なりふり構わず髪を振り乱し、こちらが心配になるほど激しく踊る北斗くんがすき。周りを気にせず、曲の世界に入って、身を任す北斗くんのダンスがすき。それを見られるだけで十分でした。しあわせだったなあ。

愛のコマンドの最後、センステで6方向に散って、ひとりずつライトがあたって「Swich on!」って言っていくところ、近い席でもモニターを見るべき!というくらい、6人6様なのが最高だった。自分の見せ場!って1節に向けて表情作って、魂込めていて、6回とも心臓がギュッとなった。

Amazing!!!!!!

始まったときの歓声に鳥肌が立ったのだけど。スト担だけじゃない中で、しかも今回は関ジュ担もいて(とくに朝の部、わたしのまわりには関ジュ担が多かった〜)、それなのにAmazing前に会場全体が「くる‥!くる‥!」となってるの、めちゃくちゃうれしかった。Amazingって、こんなに多くの人をわくわくさせられる楽曲なんだ、ただでさえわくわくしてたのに周りの空気にさらに高められたよ〜、相乗効果!

北斗くん、城ホ公演通して、髪をかきあげる仕草が多かったけれど、Amazingでもここぞとばかりにかきあげてて、とくにオーラスは半分流して固めてるから、かきあげるとお顔がばっちり全部見えて、綺麗だったよ‥。Cブロに入ったとき、羽根が舞う中で北斗くんがセンステを歩いていて、こちらにゆっくり向かって来るのがスローモーションのように見えて、あれ‥天界からのお迎え‥わたし死んだの?というくらい美しくて神々しくて息ができなかった。正面から一列のSixTONESを見るのもよかったけれど、自分に酔いまくってる北斗くんをしっかり見れるとこにも入れてよかった〜!ほんとにあの記憶だけでしばらく生きている。

今回は少クラの録画を何度も何度も繰り返し見たぶん、今までより一番冷静にAmazingが見れた気もする‥すきなとこで停止してなんども見れる世界ありがとう‥(できればフルver.もお願い致します。)

この星のHIKARI

完全にフィルターかかった目線だけど、たまアリよりも堂々とマイクを向けてる気がした。イヤモニ外して、と〜ってもしあわせそうな顔で。

オーラスの替え歌は ジェシー「うつむく〜大阪も〜♩ふと見とれてしまうから〜目をそらちゅっ♡」
樹「時が止まればと〜」北斗「ほんまにありがとう〜♩」
大我「愛してる!(その全て)」ジェシー「ありがとう!(僕の手で)」

ありがとうって言ったあとに「違うか」ってボソッと呟いたジェシーかわいかったし、それ見てニコニコしてるSixTONESも非常によかったです。この曲の間中、しあわせって目に見えるんだな〜今まさに見ているこの光景がしあわせそのものだ〜と思いました。

今まで「横アリありがとう」「さいたま高」だったから、大阪は「おおきに」かなぁ、でも「おおきに」ってそんなに使わないしなぁ、なにくるかな〜って思ってたら‥「ほんまにありがとう」‥‥ちょ〜どえ〜大阪弁‥すき‥。

Brave Soul

関ジュ出演確定した時点で、これやるだろうとの予想はあったけれど、実際に鉄パイプ持って出て来たときは大歓喜だった〜!自分がもう一度見られるよろこびもだけど、あの勇姿をもっと多くの人たちにも見てもらえるというよろこびがね!本当に一瞬だけれど北斗くんのソロがあってよかった!

るーたくんいなくて6vs3の構図だったの、りゅせごめんな‥ジーコがんばって‥と謎の感情が芽生えた(?)それと、ぐるぐるまわすスピード速くて、ひとりやたらと回転数多かったけど、北斗くんやはり棒術得意なのね?すき!

SHOW&SHOW

歌詞は東西のときからなんとなく聞き取って覚えただけなので間違ってる可能性大です!

「刺激がほしいのさ 傷付いてもいい」「いつもと同じような毎日を この手で壊すのさ」
「恐れず前に踏み出せば 何か変わる」「怖いものはない 戦うたび強くなっていく」

明るい曲調と「Hey!」の掛け声がたのしいこの曲、歌詞が胸に沁みますね。与えてもらうのではなく、自分たちで前に踏み出し、戦い、強くなり、何かが変わり、何かを壊し、No.1を掴み取る。このストーリーを歩む彼らを応援したい!

京本「情熱的に」北斗「衝撃的に」きょもほく「生きていくだけ」

背!中!合!わ!せ!
東西から言ってるけどここのパート決めたの樹でしょ?最高だよね、ほんと。keep onのきょもほく背中合わせなくなってたからしょげてたけど、これ復活したから許す!(誰)

わたし、無類の背中合わせ好きなんですけど(知らんがな)、SHOW&SHOWは背中合わせ曲なんですよね!ちびりゅとの「お尻の高さ全然合ってないやん背中合わせ」からの、ごっつんこも見たかった〜!

「摑み取れNO.1!世界変えるのはおれたちなのさ〜♩おれたちなのさ〜♩」

なんかね、「掴み取る」って言葉のチョイスがすごくSixTONESっぽくていいよな〜ってずっと思ってた。摑み取ろうね!自分たちの手で!

世界に1つだけの花

北斗くんの「どうしてこうも比べたがる」の歌い方がすごくすき。しっかり気持ち込めて歌ってる表情がなんとも言えなくてね〜。

きょもしんほくの3人芸
1部:顔の横でアロハポーズひらひら、片足は前に出す(好きやねんのそんでもってほんで〜のフリ?大阪公演だから意識したのかな?)
2部:急にきょもが座り出す。慎太郎が膝をかがめて、北斗くんは立ちっぱなしで、ガラケーのアンテナマーク?を再現
3部:おさかなポーズで3人が/|\←こんな感じで寄る、かわいい〜!解散したあとはいつも通り丁寧なお辞儀、どうぞどうぞのポーズなんだけど、北斗くんが歩き出してもきょもしんがずっとじゃれてて、しばらく歩いてから2人がついてきてないことに気付いた北斗くんが振り返る。何してんの〜って笑いながら早く来いよ〜って手招く。っていう最後までスペシャルキュートな3人劇場でした!

ジュニア祭り、本当に本当にたのしかったです!おつかれさまでした〜!かっこよかった北斗くんもかわいかった北斗くんもたくさんたくさんあるけど、最終的に全て髙地先生にもっていかれた大阪公演でした!

少年倶楽部(5月放送分)収録

こちらも文章にするのを諦めて、twitterれぽやらなんやらコピペした。中身薄い‥

前説

もろとながつ

うちわは一つにしてください、長妻だったら妻、怜央だったら央にしてください、のながつかわいい!ずっとへにょへにょしてる。

だよなー?\そうだー!/が浸透してきてるね〜ってうれしそうなもろ。

青春アミーゴ

岸くんわたわたしてかわいい。
神宮寺「玄樹はガールフレンド」リアルにはいはいじぐいわ、って感じでしたわ。

北斗くん、祭りの抱いてセニョリータよろしくの本気ダンス!カメラに抜かれるときはおすましさん。山P意識かな☺️北斗くんに山P曲踊らせてくれてありがとうーーー!

ストばっかり見てたから、他のGが踊ってないの気付いてなかった(笑)SixTONESかわいい!

えびの曲

まわりを囲う背の高いSixTONESを見渡して、ちょっと低くなってよwと手をヒョイヒョイする五関くん(笑)膝を折って五関くんに背を合わせてぎゅっとなるストかわいい!カメラに抜かれ終わってからストを振り返る五関くん、みんなニコニコ😊

トーク

座り順:ジェ 北 平 深
ほくとくんのすきな人たちばっかりでよかったね!紫耀くんとぺちゃくちゃおしゃべり。カメラまわると、いえ〜い!ってかわいいことかわいいこと!

ジェシーあっという間に書き終わる、絶対ズドンだわ〜

北斗くん難しい顔してかわいい

でた!ズドン!わずかながらNHKホールでもずどん!北斗くんも一緒にずどん!
ふみきゅん「祭りでもやってたよね〜!」あきと「やってくれてるひといる〜!」うれしい!!!

話し始めた紫耀くんが落とした四ツ葉のホワイトボード消しをスッと拾って自分の手元に持っていて、紫耀くんが話し終わると渡してあげたり、勢いよく立ち上がった紫耀くんが転かした椅子を立て直してあげたり、北斗くんは今日も紫耀くんのお世話をする過保護お兄さんだった☺️

昨日の運動会で顔を拭いてたのは、ママのお手伝いをしたいお子ちゃま北斗くんに、紫耀くんが「はいはい、ほくてぃーどうぞ」と甘やかしていたけど、今日は拾ったものを渡すときのニコッも向ける眼差しもやさしいお兄さんのそれだったから、しょうほくには底知れぬ魅力がある‥

コーナーにお呼ばれした北斗くん。ホワイトボードに文字を書くとき、衣装につかないようにAmazing!!!!!!衣装の黒レザーをくるくる巻き取る‥。歌スタンバイするときにはくるくる巻き付ける‥。かわいかった〜☺️

スタンバイするとき、北斗くんぐるぐる巻きながら向かうんだけど、位置についてもまだ巻き終わらなくて、しばらく北斗くんの巻き終わり待ちの時間があった‥(笑)ふみきゅんかあきとのどっちかに「北斗の衣装すごいな‥」みたいなこと言われてて‥うん☺️

Amazing!!!!!!

Amazing!!!!!!の北斗くんは「Rock'n yeah yeah」でダブル裏ピース✌️✌️、「pink ハラハラ」は手をひらひらさせてて、歌詞を表現する振り付けアレンジを加える北斗くんすきだなあ、とまたもすきが積もったことを思い出した〜。

樹ちゃんの「おれらアメ〜ジングっしょ?」は東西の「ストンズやばいっしょ?」と同じくストのことすきだねえ☺️かわいいねえ☺️となったと同時に、Amazing!!!!!!以後にスト担がばかみたいにAmazingを連呼してるの絶対知ってて言ってきた感がとても樹ちゃんですきでした。

トーク

ふまけんがかわいい、けんとくんの笑顔がかわいい、けんとくんの歯ってかわいいよね?!なんか、あれだけ完璧なのに、歯だけはちょっと揃ってないの、すごくかわいい。ガッタガタとか致命的な不揃いでなく、ちょ〜っとだけ、すぐには気付かないような出っ歯がめちゃくちゃかわいい。

シンメは尊いものだという認識はあったけれど、じぐいわとふまけんはもはや別次元なんだなと思った。シンメとかコンビとかいう概念を超えている。なんか、ふまけんすごい‥

けんとくん、しげちゃん、きょもの3人で焼肉?!

あきと「樹が仲良いと思ってた」風磨「樹も3人で仲良いです、でも今日は選ばれませんでした」あきと「よかったですぅ、あいついると長くなるんでぇ」
いないとこでいじられる愛されじゅりちゃん!

エンディング

ジェシー中村海人ハタチおめでとう〜」ゆるゆるっとお祝いしててかわいかった☺️

ジャニーズ大運動会

ちゃんと感想まとめられる気がしないので、twitterにのせたれぽや友人に送ったLINEをそのままコピペするという暴挙にでます(笑)ちょこちょこ付け足し、自分用備忘録。

バスケゴール前にトランポリン置かれててこれは‥‥?しかもトランポリンふたつ置かれてるってことは、複雑な技やるほうなんじゃ‥?っていう希望的観測が止まらない。このワクワクをスト担と共有したすぎる!!!!!!Sixマスコミいるとバスケ技決まる(言霊)TONESがんばれ‥!

10$だったらやばいけど、さすがにそれはないよね。ジュニアみんなでHiHiして局動画みたいに最後にストの連続ダンクかな〜!

練習中のひらいわしんのかわいさたるや。
三角座り、ボールころころ。

安井くんの煽りからはじまる!祭り?!祭りなの?!

‥祭りダーーーッ!!

きんぷりでプリプリ‥振り付けを分け合いっこしてる図にこの世の輝きが全て凝縮されていた。

ビークレみんなでヘドバン

白い運動靴に履き替えるという萌え。

バスケ北斗くんのところで失敗‥めちゃくちゃ悔しそうで、自分に腹を立てていてちょっとうかつに声をかけられない雰囲気‥‥

次出て来たときはにこやかだったのでほっとした!笑顔だいじ!

しんちゃん足速かったのにのえるにもっていかれたな〜(笑)

きょもと近いのに全然話さない。ほんと!

50m走はや〜〜〜〜!あんなにクネクネしてたのに!(笑)

でもフライング疑惑?なんかぐだぐだしてしまったの悔しい。

きのこかわいい〜〜〜

3位:松村北斗。やば。

野球は安井くん神宮寺くんと一緒に観戦。お隣にはありけと。北斗くんの背中が大きくてひたすらドキがムネムネ〜。1塁側から見ていた北斗担さんからの情報によると有岡くんともときどきお話していたもよう♡

野球の回と回の合間
GUTS!もジェットコースターラブもゆるゆるダンスな北斗くん。胸の前で両手ぐーして、腕をぱふぱふしてリズムとってるのめっかわだし、GUTSの最後に首こてんっとしてふにゃ〜んって顔してたのは確信犯で逮捕だった。

ホワイトチームの守備が終わって、紫耀くんが帰ってくると、タオルでお顔を拭いてあげる北斗くん。帽子の上から頭もふきふき。クーラーボックスの前に座ってるから、振り返ってお水とってあげたり、さながらマネージャー。

野球観戦中、基本は大きな動きもなく、安井くん神宮寺くんとゆるゆるしてた北斗くんだけど、助っ人外国人ジェシーに手を叩いて大爆笑、カメラを見つけられない慎太郎くんには指差してお腹を抱え、知った人には感情をオープンにするところが本当かわいくてね☺️

後半は出場選手22人のうち、18人がジュニアだったんだよ‥?お隣の玉森担、山田担の退屈っぷりに心をチクリと痛めながら発狂したわ。ジュニアすごい。

サッカー対決のために移動してる最中、スタッフさんに声をかけられて、「ん?」と何かを覗き込んだあと、ジャージ脱いで、ヘッドセットつけたり腰に無線つけたり、お仕事モードの北斗くんかっこよかった〜☺️

はまちゃん、みやっちともお話してた!

フリースローの「田中の弟?」前後、たるんたるんのタンクトップでボール拭いたり(腹チラ)、ボールをノールックで宙で回転させたり、バスケ部の樹先輩のひまを持て余した手遊びが爆モテすぎてだな‥‥

北斗くん、出番がないときは神宮寺さんと「体育だりぃ」なハイカースト男子だし、走る前は「緊張する〜」ってお腹おさえてくねくねしてる女子だったけど、いざ走ると全体3位の記録だし、バトンパスの練習には真面目に取り組むから惚れる以外の選択肢がない。

ゆごほくの、目線と最低限の会話だけのバトンパスの練習、見事な呼吸、走り終えたあとはハイタッチも肩を組むこともせず、お互いを労うような笑顔を向けて、イチャイチャもベタベタもないけれど、長年連れ添った夫婦のような信頼関係が最高だった。

任せろとでもいうかのように髙地くんに手を伸ばす北斗くん、北斗くんに託す髙地くんという構図だけでも胸に迫るものがあるというのに、どちらかだけが選ばれるわけでなく、揃って表彰式で深々とお辞儀をする姿には自然と目頭が熱くなった。

髙地くん北斗くんしゅんえい上田監督の4人がMVP!一言ずつコメントするとき「SixTONES松村北斗です!」ってグループ名背負ってくれる北斗くん😭「リレーで賞をとったので家まで走って帰ります!」ww

MVP表彰式で舜映が話し終わったあと、次の上田監督がすでにマイク持っているのを見て、舜映から受け取ってスタンドになおした北斗くんも、舜映がもらった賞品をどうしよう?ってなってたのをぱって受け取ったのも、たまらなくいい先輩すぎてギュンとなった。

東京ドームでAmazing!!!!!!やったぞー!少クラver. メンカラの照明もやってもらえたーーー😭歓喜😭

Amazing!!!!!!が終わって捌けるとき、カメラにかぶりそうになるほくじぇ。ジェシーが北斗くんをトントンして、かがんで〜のジェスチャー。暗がりで腰低くして真剣なお顔で帰っていくふたり!

デビュー組はジャージで踊ってるのに、ジュニアはちゃんと衣装着させてもらって、しかも本編前も後も、っていうのがやばすぎ。

SixTONES 2周年

SixTONES 結成2周年おめでとうございます。夏の現場が発表もされて、とってもおめでたい日!メールに書かれたユニット名は上から5番目。今いる場所、進む先。不安になったり、やるせなくなったり、行き場のない気持ちを抱える夜もある。すきでなければ抱えることはない感情。でも、そんなモヤモヤを吹き飛ばしてくれるのは、いつも熱い志を持ち、ひたむきに、歌い、踊り、楽しませてくれる彼ら。そんなSixTONESの今の言葉、テレナビを読んだ感想。

TVnavi

ジュ★ガクJOURNAL SixTONES Part1

東西SHOW合戦について

慎太郎「新橋演舞場という歌舞伎をやるような舞台で、ライブをやっていいの?コントやっていいの?バスケやっていいの?って、最初は想像できなかったんだけど。」

最初に現場が決まったとき、何やるの??って、めちゃくちゃ思ってたけど、SixTONESも同じだったんだなぁ。想像もできないことを0から作り上げて、成功させたことが改めてかっこいいな。

樹「正直、お客さんをどう盛り上げていいのかもわからなかったよね。」
京本「煽りを入れて盛り上げる舞台にするべきか、しっかり見せる舞台にするべきか。」
高地「お客さんに立って見てもらうか座って見てもらうかも、ずっと話し合っていたんだけど、リハーサル中は答えが出なくて。」
北斗「お客さんの反応を見ながら、探り探りやっていくしかないね!って話になったんだよね。」
樹「それで幕が開いて、やっぱりライブは立たないと盛り上がらないんじゃない?って話になったので、慎太郎が客席を煽るような演出を入れることにしたという。」

そうだったんだ〜!確かに初日、何がはじまるんだろう‥?とソワソワしていたら、思いっきり煽られて、ライブがはじまって、これは‥!立ちたい‥!って思ってたら慎ちゃんの掛け声があって、「立っていいの?!いえ〜い!」ってなったもんなぁ。

あれはお客さんの空気を察しての演出だったんだ。阿吽の呼吸で、即興で判断したことだったんだという驚きと感動。

北斗「でも、お客さんの反応を見ながら構成を変えるライブを今まで経験したことがなかったから、たのしかったな。」
ジェシー「日々の積み重ねでSixTONESらしさっていうものが、少しずつ出てきたように思った公演だったよね。」

よく公演はお客さんと作り上げるもの、と聞くけど、東西はまさにそうだった。SixTONESと関西ジュニアで、その場にいるお客さんに向き合って、一緒にたのしむために考えて、パフォーマンスしてくれて、たのしかったなあ。

オリジナル曲について

京本「この星のHIKARIは、みんなで歌ってるとデビュー曲を歌っているような気持ちになるんだけど。」
慎太郎「たまアリで、ジェシーがこの曲で客席にマイクを向けたら、おれたちのファンじゃない方々も歌ってくれていてうれしかったな。」
北斗「認知度が高くて驚いたね。」

たまアリの演出は、本人たちにとってもかなり挑戦的な選択だったんだな。自分たちのためだけに初めて作ってもらった曲。それをみんなが知ってるのは、本当に本当にうれしかった。SixTONESもファンをよろこばせたい、ファンもSixTONESをよろこばせたい、そんな理想的な関係でいたいな。

北斗「Amazing!!!!!!の選曲に関しては、14曲中で12番目に聞かせてもらった曲だったことを覚えてる。」

この時点ではまだ曲名も決まってなかったのかなあ、だから数字で覚えてたのかなあ、なんて思ったり。

京本「これかなって曲は何曲かあったんだけど、この曲を聞いたらね。」
樹「みんなで顔を見合わせて、「これよくない?」ってなったんだよね。」
高地「満場一致だった!」

BE CRAZY(インストだったかも?)は悩みに悩んだ結果で選んだ曲だったって何かの誌面で読んだけど、Amazing!!!!!!はみんながビビビっときた曲だったんだなぁ。衝撃と印象が強いもんね。それぞれの楽曲に物語があっていいな。

北斗「おれたちは曲に対するこだわりが強くて、タイトルや歌詞に対して意見を言うのは本当はおこがましいんですけど、アイデアは出させていただいているんです。そうすることでSixTONESらしさが出てくるんだと思います。」

ワガママ、我が強い、自分勝手とか。そんなことをよく言われてる気もする。いいのか悪いのか、正しいのか正しくないのか、そういうのはなくて。彼らは自分たちのやり方を貫くし、それをすきだと思う人がいればいい。わたしはそんなSixTONESがすきだし、これからもSixTONESらしさを貫いてほしいなと思う。

京本「今回のオリジナル衣装も、デザイン画では金色だったところを、黒の方がいいと提案させていただきました。」
高地「結果としても、おれたちは黒にしてよかったって思ってます。」

黒でよかったよ‥‥!メンカラ照明も、白い羽も、黒衣装が一番映える!

Jr.祭りについて

北斗「BE CRAZYを歌ったときに、肩を組むスクラムの振りがあるんですけど、あれをステージに立ってるJr.全員でできたことが、めっちゃたのしかった。」
ジェシーSixTONESはね、まわりを巻き込むのが得意なんですよ。」
京本「「一緒にやってね!」って声掛けしなくても、みんながやってくれるのがうれしいよね。」

あれほんと見てるだけでもたのしかった!同じたのしいを共有できてることがうれしいね。この星を歌わせた演出にしても、まわりを巻き込むのが得意って、それを得意と言い切れる自信(ジェシーン)がかっこいい!

ジェシー「ようやくSixTONESの合言葉として「ズドーン!」も定番になってきたし。」
高地「つまんないのに2年前からずっとジェシーがひとりでやり続けてたからね。」

つまんないってはっきり言ったよ、先生!(笑)
これもSixTONESの巻き込む力だね。

北斗「「ズドーン」って言葉を発すると、めっちゃ大きな声が出る。」
森本「力が入るんだよね。」
ジェシー「なんだよ、今さら〜。」

かわいい。

これから

慎太郎「音楽番組に6人で出てみたい!」
インタビュアー「先輩のバックでもいいんですか?」
全員「もちろんです!!」

これが嵐バックの匂わせだったのかな〜(笑)次は単独で出演しようね!

ジェシー「とにかく世間の人の前に出たいです。」
樹「日の目をみたいですね。」
慎太郎「事務所の人には「出てるよ!」って言われてるんですけど、それってジャニーズ事務所内での話だもんね。」
京本「おれたちはジャニーズに興味のない人たちの前に立つ機会がほしいんです。」

今の状態の彼らに「世間に出てるよ!」って言う事務所はほんとにデビューさせる気がないんだろうか、なんてうじうじしてしまったし、あえて口にしないのか編集で意図的に消されているのかわからないけど、『デビュー』という明確な言葉がここにないのが少し不自然な気がした。

でも救いとなったのが、SixTONES自身が現状に満足していないということ。いくら事務所にもう十分と言われようが、ジャニオタ内でブームになろうが、もっともっと!まだまだ!と向上心高く、その気持ちを発信してくれること。だから、先は見えないけど、きっと暗くはないと思える。彼らの強い意志を信じて、光る石となる日を待ちたい。

ところで

左下の写真かわいすぎない?!
Amazing!!!!!!衣装じゃないだけで、あんなにぶりっこな拳&胡座になるものなの???おんなじことしてるはずなのに、舞台上と雑誌撮影のスタジオじゃ対局のかわいさとかっこよさになるって何事〜。

撮影のために床に座ってもらおうとすると「まさにAmazing!!!!!!じゃない?」とそのポジションにスタンバイしてくれた6人。続きの振りもリクエストし、取った写真が掲載分です♩

まさかの自分たちでAmazing!!!!!!じゃん!となってたSix心はいつまでも小学生TONES、かわいいよ〜。

ユニットが乱立し、10代のフレッシュなジュニアもどんどんと出てくる今、全員がデビューを掴めるわけではなく、雑誌や少クラで継続的に姿を見られるのも、ほんの一握りの人たちだけ。

それはわたしたちも、ジュニア本人たちも、きっとちゃんとわかっていて。それでも、人生の中でも最も希望に溢れ、明るい未来に向かうかけがえのない青春のときを、ジュニアの活動に懸け、輝くため、夢に向かって努力することは、人の気持ちを動かすし、誰かの夢の後押しになる。どんな環境でも腐ることなく前を向く彼らに、勇気付けられるし、救われる。

ありがとう、SixTONES。これからも一緒に夢を見させてね。飛躍の3年目となりますよう。

今のジャニーズJr.の言葉②(2017年春)

前回の続き。

TV fan 2017 6月号

全員対談

※()の中は私の妄想です。

川島「SixTONESっていつもこんな感じなの?!」
ジェシー「そうだよ」(平然)
京本「だから最近は雑誌で座談会やらせてもらってない。」(のんびり)
森本「座談会させてくれないの?」(きょとん)
安井「お前のせいだ、反省しろ(笑)」

文字だけで伝わってくる末ズの暴走列車ぶりがすごかった対談。とくに慎ちゃんが全体的に大暴れしてる。SixTONES選抜がきょジェしんならこうなるわな〜という雑な感想。座談会させてもらえないのめっちゃおもしろい(笑)あと座談会ネタで言うと、ジェシーがずっと「だざんかい」に間違えてた、ってそんなしょうもないことで10行くらい使ってたSixTONESが結構すき(笑)

安井「SixTONESのまとめ役は?」
京本「いない。」
ジェシー「自由にやってるよね。」

萩谷「もめたりはするの?」
森本「そんなのしょっちゅうだよね。」
安井「誰と誰がもめるのが多い?」
京本「1対5。慎太郎と5人(笑)」
森本「そう!おれだけズレてるのよ。」
ジェシー「やっぱり10代だからさ!」
京本「面白い感性だから、それが逆にいいときもある。」
安井「それが採用されたことは?」
ジェシー「いっぱいあるよ。」

ここがとってもすきなSixTONESだな〜と思った。一番手っ取り早い多数決に頼るでなく、ひとりひとりの意見を大切に、みんなが納得できるまで話し合って方向性を決めてるのかなって。まとめ役がいなくて、しょっちゅうもめるのも、各々の我の強さゆえと思うけど、お互いを尊重し合ってるからこそ自分が自分がってなれるのかなあ。

安井「何年やっててもぼくらは世間に出たら1年目なところもあるから。」

グサグサと刺さった、この言葉。どれだけジュニアで経験積もうが評価を得ようが、そんなのデビューしたら関係なくて。逆を言うと、デビューできなければジャニーズジュニアで積み重ねたキャリアは意味をなくすわけで。(タレントとしてのスキルはつくけど、ジャニーズとして得たものはやっぱりジャニーズでないと意味がないんだろうな、って後の安井くんの「おれのことは知らなくてもみんなジャニーズは知ってるから」発言にも思った。)

川島「入った当時も今も、夢を持っていて、それに向かっていろんなことを1個1個積み重ねてきたんだっていうことは、みんな同じなんじゃないかなって思うんです。」
ジェシー「見てくれる人は見てくれるから、しっかりやっていこう。」

それでも、夢を持って、前を向いて、ひとつひとつの仕事に取り組んで、積み重ねて行こうとする彼ら。積み重ねた努力がいつか大きな花となりますように。

ジェシーの半袖ニットかわいい。白似合う〜。

川島如恵留

10年後の自分へ
「今の僕はこのままで大丈夫かな?今の自分が10年前の自分にそのまんまで大丈夫だよって言えたように、10年後も今のままで大丈夫だよって言える自分になりたい。難しいけど、そんな感じ。」

この対談を通して、のえるくんのまっすぐさに、ずっと心を打たれている。

萩谷慧悟

10年前の自分へ
「ちっちゃい頃はチャンスが回ってきたことに気付かないんですよね。今思えばあのときを大事にしとけば良かったなって思うことはあるんですよ。でもそれも後悔しちゃだめなので。年が上がるにつれて仕事モードになることもあるけど、たのしくやるピュアな気持ちを忘れないでって言いたい。」

ダンスがすき、音楽がすき、お芝居がすき、人をたのしませることがすき、その気持ちがあるから10年もジュニアを続けてるんだと信じたいよね。

そして、どう転んだってわたしはジャニーズがすきだな。歌って踊って、かっこよくてキラキラしてる人がすき。そうするのがすきな人がすき。一生懸命な人がすき。

安井謙太郎

10年後の自分へ
「そろそろ悩んでそうだな。壁にはぶつかってそう。ぶつかってないと困るな。」

安井くんかっこいい。30代半ばの自分が壁にぶつかってないと困る、ってなかなか言えない。

クリエに向けて
「自分たちのファンの方が来てくれるから心強い、チャレンジができる。ホームだからこそできることとやらなきゃいけないことがあって、お客さんの目は厳しいですけどね。」

自分たちのことをすきな人たちが来てくれるから、一般受けを狙わない攻めた演出ができる。でも、自分たちのことをすきな人たちだからこそ、期待は大きくて、そこを超えるのは難しい。できることとやらなきゃいけないこと。

ジェシー

「ずっと応援してくれる人は、きっとおれが成長してるって信じてくれてるのかなって思うんです。」

京本大我

「本当に素敵な経験も、悔しい思いもいっぱいしてきたんですけど、ファンの方が僕のパフォーマンスをちゃんと見て中身で評価してくださるのでやりがいがあるんです。」

「思い描いてる夢はまだ叶えられてないものがいっぱいあるので、そういう景色をこれからもファンの方と一緒に見ていきたいと思ってます。」

森本慎太郎

「おれたちSixTONESのことでも個人のことでも、いろんな感情を経験させてしまっているのに、まだ何も返せてないから。みんなが笑顔になれる恩返しをしたい。」

ファンとの信頼関係を大切にと、Amazing!!!!!!を歌う今の彼らから出た言葉、その声がずっと聞けるように応援したい。

東西SHOW合戦を終えて
「自信がつきました。負ける気がしないって思える。いつでも戦いに行く準備はできてます。」

しんちゃん、頼もしい!

とりこぼしたくない言葉たちをまとめておきたくて、続きのブログも書きました。言いたいこととかはないのでほぼ引用になってしまったけれど。

これからも彼らのパフォーマンスや、紡いだ言葉やこぼれる気持ちを、だいすきだなぁって胸に抱きしめていきたいです。

松村北斗くんが可愛すぎて困ってます。

おはようございます、こんにちは、こんばんは。暖かくなってまいりましたがみなさまいかがお過ごしですか。こちらはジュニア祭りや運動会でSixTONESおよび松村北斗くんが順調に見つかっていてうれしい限りな今日この頃です。

古風でしゅっとした造形美のお顔・扇情的な衣装もお手の物のイイカラダ・指先までしなやかで力強いダンス、生で見て現場落ちするには十二分すぎる要素を持った北斗くんなので、大勢の方の「なにこれ‥‥かっこいい‥‥色気‥‥落ちました‥‥」には大いに納得なのですが、ひとつ言わせて???

松村北斗くんって、めちゃくちゃかわいくないですか??? かわいいですよね???(少クラSPでの北斗くんのトーンで)

あのですね、松村北斗さん、えっちだとか歩くセックスシンボルだとかエロいとかいろいろ言われてるんですが、

めちゃめちゃぶりっこだし f:id:never-ending-dream:20170423165559j:plain

いたずらっ子だし f:id:never-ending-dream:20170423165553j:plain

甘えんぼだし f:id:never-ending-dream:20170423165556j:plain

かまってちゃんだし f:id:never-ending-dream:20170423165550j:plain

男子中学生みたいだし f:id:never-ending-dream:20170423165602j:plain

つまるところ、かわいい。可愛い。カワイイ。cawaii。

あと、かわいいと同じくらい声を大にして主張したいのが、

とっても心がまっすぐで、健やかで、清く正しい青年なんですよ!!!!!!

ってこと。
そんな純真でまっすぐな男の子があんな色気あるダンスをしてるんだと思うと、ほら、もうその事実がかわいくって愛しくって抱きしめたくなるでしょう。どれだけえっちでかっこよくても、最終的に北斗くんかわいいの落ち着いてしまう。

どれくらいかわいいかっていうと、自分のソロパートで滅ぼした一国を救済できるくらいかわいい。ごめんなさい、何を言ってるかわかりませんね。というわけで、ちゃんと「北斗くん=かわいい」という主張をするため、雑誌やテレビでの発言をいくつか紹介させてください。あくまでわたしがすきなものを掻き集めただけなので、異論反論・どうしてこのかわいいほくちゃんがないんだ!はいつでも受け付けておりますのでどうぞお願い致します。

一人遊びがすき

つい最近発売されたWUに、ジュニアの鎖骨ばっかりが並んでるとんでもないページがあるんですが(さすが我らのワニブックス)、「結構骨出てるでしょ」「きれいな方だと思う!」などなど自分の鎖骨アピールをするジュニアのコメントが並ぶ中、ひとり異質なコメントが‥‥

「鎖骨に水を溜めて遊んでる(笑)左のほうがなぜか溜まりやすい!」
2017.05 Wink Up

彼、あと2ヶ月で22になる男性です。お風呂で鎖骨に水溜めて遊ぶって‥かわいいな。

そして、その約1年半ほど前には、お風呂場での撮影もしています。湯船からちょこんと顔を出すキュートなほくじゅりツーショットの下に、これまたとんでもなくかわいい一文が‥

f:id:never-ending-dream:20170423165608j:plain

アヒルといちばんよく遊んだ北斗も満足。
2015.11 ポポロ

かわいい。お風呂で誰よりもアヒルさんと遊ぶ北斗くん。満足する北斗くん。かわいい。お風呂撮影なんて、あのえっちな身体を堪能するためだけかと思うじゃないですか?!実際なかなか際どいショットもあるんですけど、一筋縄ではいかず、真反対のかわいさまで提供してくる北斗くん、oh ミラクル。

ちなみに、この撮影、SixTONES全員大はしゃぎだった模様で、何秒お湯の中に沈んでいられるかゲームしたり、シャワー掛け合ったり、北斗と慎太郎で樹をみこし担ぎしてスタッフさんに怒られたり、SixやんちゃTONES大暴れしててみんなまるっとかわいい。根が中学生なんだよなあ。

小物がすき

北斗くんは自室の出窓に小物を飾ったりする系男子なのですが(まずそこがかわいい)、よく買った小物の話をしてくれています。ちっちゃいおもちゃとかシールがすきみたい。子供じゃん、かわいい。

「キーホルダーのついた人形を持ってる。毎日場所を移動させてて、今日は出窓にいたなぁ。」

今日はここ〜♡って毎日移動させてるの?!えっ、むり、かわいい。

「屋台で一番好きだったのは紐くじ。ブリキの、ネジ巻いてトコトコ歩いて前宙するおもちゃが当たったんだ。ちょっと当たりでしょ?!」
2015.10 ポポロ

お祭りで当てたおもちゃのことずっと覚えてるのかわいすぎません?ちょっと当たりでしょ?っておめめキラキラさせて言ってそう。かわいい。

撮影が終わり、スタッフに「忘れ物ない?」と聞かれると、ハッとして「これ持って帰らなきゃ〜!」と、飲み物のおまけについていた妖怪のキャラクターのシールをお持ち帰りしていました。
2015.01 POTATO(公式ツイ)

飲み物のおまけのシールって‥‥かわいい。かわいい以外に言うことない。ぽてとさんにチクられてるのほんとかわいい。(素敵情報ありがとうございました)

1人がすきだけど

前述の通り、ひとり遊びがすきで、あまり他のジュニアとつるむことも少なく、ジュニア大賞の「プライベートが謎」部門の堂々たる1位を獲得してる北斗くんですが、ほんとはみんなだいすき♡

ジェシーの成人を祝う企画
北斗は工作がすきなようで、「たすきも入れちゃおう!」とくす玉作りをエンジョイ。そしてひとりだけスーツ姿のジェシーに「去年も成人式の人いたのに‥」と口を尖らせていたのでした。
2017.02 POTATO(公式ツイ)

f:id:never-ending-dream:20170423165610j:plain

北斗くんもみんなにお祝いしてほしかったんだねえ。お口尖らせちゃうのかわいいね。 あとこのときの誌面、自分でくす玉割ってるくせに、割った後で耳塞ぐポーズしてるのめちゃくちゃあざとくない?かわいい。

北斗くん、クールな印象があるかもですが、実際はめちゃくちゃ顔に表情が出るんですよね。悔しいときはめちゃくちゃ悔しそうに顔をしかめるし、うれしいときは目をキラキラさせて、おもしろいときはくしゃくしゃに笑って、恥ずかしいときはふぇ〜って照れて、表情がくるくる変わるのほんとにかわいいです。

そんなうれしさが隠しきれないかわいいほくちゃんをここでひとつ。出演したドラマSHARKのメンバーがだいすきな彼。

久しぶりの3人(岩本照と平野紫耀)での撮影にテンションの高かった北斗。かっこつけるはずがうれしさから何度も笑顔になってしまう北斗にツッコむ照。
2017.02 Wink Up

f:id:never-ending-dream:20170423165613j:plain

はしゃぎすぎて、ひーくんに呆れられる北斗くん。がんばって表情引き締めようとした結果のお顔がかわいい。

北斗「おれと髙地がなかよくなったのは東西SHOW合戦くらいからだよ」
髙地「つい最近じゃん!」
2017.04 ポポロ

高地くんに構ってちゃんする北斗くんがかわいかったので、これも載せておきますね♡高地とは話さなくても通じ合ってる関係とか言ってたのはどこのだ〜れ♡高地くん構ってくれてありがとう♡

f:id:never-ending-dream:20170423165617j:plain

北斗くんは、楽屋で話さないとかメンバーとごはん行かないとか、ことあるごとにネタにされてるけど、「いやいやおれも話してるよ!」「この前ごはん行ったよ!」って結局仲良いアピールしはじめるからはいはい、かわいいねえ、って目尻垂らすしかない。

照れ屋

パーツを撮る撮影で、自分の腕を見ていた北斗に「たまにカメラ見て」と言うと「え〜、恥ずかしい」と突然の恥じらい。しかし「腹筋撮らせて」と言うと、「はーい」と恥じらいゼロでお腹を見せてくれるのでした。
2016.07 POTATO(公式ツイ)

北斗くん照れ屋だよねえ。照れるポイントが謎なのもかわいい。

甘いセリフを言う前も照れ照れ。

f:id:never-ending-dream:20170423165618j:plain

言ったあとも照れ照れ。

f:id:never-ending-dream:20170423165619j:plain

企画のほくほく北斗をいじられたときも照れ照れ。

f:id:never-ending-dream:20170423165620j:plain

え〜ん、かわいい。

あ、それと、局動画(お正月メッセージ)で甘いセリフ言う前に、メンバーに「あんまり見ないでもらっていいか‥?」って口元抑えながら言うのが、最高に萌え悶えるので、こんなブログ読んでる暇あるなら今すぐそっち見てください。

甘党

塩顔男子松村北斗くん、甘党です。というより、そもそも食べることがすきみたい。雑誌でもよくごはんの話をしてくれています。

いろんなコンビニのチョコミントアイスを食べ比べてる。チョコが多かったりミントが多かったり、匂い系と味系の派閥がある。
2016.09 ポポロ

チョコミントアイスの食べ比べ。もう字面がかわいい。チョコミントアイスについて、つらつらと語るのもかわいい。自分の語れることになったら嬉々として長々と話してしまうのがかわいい。ああ、かわいい。

「チョコが超すきで、気持ち悪くなるまで食べちゃう。とくにチョコパイがすきで、基本、袋を開けたら途中でお腹いっぱいになっても食べきるスタンスだから胃もたれするんだけど(笑)だからしょっちゅう胃腸薬を飲んでる。でも気持ち悪さの程度に合わせて胃腸薬の種類を変えてるんだよ。かわいいでしょ♩」
Myojo 2017.04

いや、ぜんぜんかわいくないけど、かわいい。(どっちだよ)北斗くん、気持ち悪くなるのわかってて食べちゃうし、車酔いするのわかってて移動中に本読んじゃうし、外周1周まわりきれない(さらに曲にも間に合わない)のわかってて1人1人に丁寧にファンサするし、そういうとこほんとかわいい。頭の回転早いのに、計算できないんだもん。かわいい。あと結構お腹弱いよね(笑)

伊達巻がすきすぎて、伊達巻殿下と呼ばれていた北斗くん。

f:id:never-ending-dream:20170423165623j:plain

「2月くらいまで、何不自由なく伊達巻を食べられるんですよ!」

うれしそう。

f:id:never-ending-dream:20170423165624j:plain

郁人「それ結構なボリュームじゃ‥?」
北斗「数回吐きました。」

けっこう糖分多めなので食べすぎ注意だよ。チョコパイに続き、自分の胃袋事情わかってないの愛おしすぎでは?ついでに卵焼きは甘い派かな?

f:id:never-ending-dream:20170423165625j:plain

人のアイスクリーム食べたがりほくちゃん。

健やか

趣味は読書、高校時代は教科書を読みながら通学し、お母さんがいないときは自分でお弁当を作る、高校生までは高い買い物には親の承諾を得ていて、最近は自分の判断で買い物できるようになったから大人になったと実感している、でもここ一番で高かった買い物は大学の教科書(4000円)、夜は22時までには就寝。こんな心が健やかな男の子いまどき珍しいけど、実在するんですよね。松村北斗くんっていうんですけど。

北斗くんの健やか青年っぷりをドドドと紹介しますね。

勝負の日や大切な日の前に行う自分流の願掛けは?
「朝ごはんを抜かずにちゃんと食べてる」
2016.01 Wink Up

特別に気合の入ることするとか、カツ丼食べるとか、靴下右から履くとかじゃなくて、朝ごはんをちゃんと食べる。すき。

スマホの端っこを舐めたら甘い。おなかがすいたときに舐めたら甘くておいしい、みたいな。そんな程度でいいよ(笑)頭に着けたら空が飛べるっていうのもいいかもな〜」

スマホについてほしい機能は?という質問に、他のジュニアが「電池が消耗しない」等の便利な機能を挙げる中、北斗くんの答え。かわいい。タケコプターほしいって発想もかわいい。健やか。

北斗くん、スマホ落としても困らないって言ってたし、ガムシャラの時間つぶしのときもスマホじゃなくて「DS持って来ていい?」って言ってたし、本当に使わない(友達いない)んだろうな〜。かわいい。

ジェシー「中学はボランティア部だった。お花に水をあげたりして。」
北斗「初めて聞いた。どうぶつの森みたい(笑)」

きました、みんなだいすきどう森ネタ。北斗くんに担降りした人のブログ読んでると、高確率でどうぶつの森が出てくるのほんとおもしろい。すき。自分がやってるだけあって「お花に水あげる=どうぶつの森」の思考回路になるのかわいいなぁ。お花にお水あげるじぇしたんもかわいいね。

「おれは自分の誕生日に親に旅行をプレゼントしたことがある。でも誕生日当日に出発しちゃったから、おれは家でひとりで洗濯機を回して過ごしてたんだけど(笑)」
2017.02 POTATO

北斗くんのご両親の話はけっこうよく出て、そのどれもが親孝行息子で涙ホロリなんですが、個人的に一番すきなのがこれ。タイムマシンに乗れるならご両親の新婚旅行を覗きに行きたいし、お父さんが作ってくれた親子丼がおいしいって話も雑誌でするし、家族とパンケーキ食べに行くし、お母さん秘伝の炊き込みご飯は田中家のツタンカー麺に負けないくらいよく出てくるし。こんないい息子いないでしょ。ちなみにお母さんには「北斗ちゃん」って呼ばれてます♡お母さんのことは「ひとみちゃん」ってよんでます♡おばあちゃんにはいまだに「北斗はかわいい」って言われてます♡かわいい。

めんどくさい

まあ、北斗くんのかわいさの醍醐味はなんといってもめんどくさいとこですよね!

ラジオでも話がめんどくさすぎて、最後まで話し終えるのにものすご〜く時間かかったり、ボケがめんどくさすぎて、全然オチが伝わらなかったり。

何フェチ?「足の指がすき。理由は語れるけど語らない方がいい気がする(笑)」
すきな女の子のいやなフェチは?「(しばらく考えて)女の子が足の指って言ったらおれは引く(笑)」
2015.11 Wink Up

め、めんどくさい‥‥ちょっと爪痕残してやろうって変なこと言って、でもそこまで変な人じゃないんですよって予防線張るのかわいい極まってんな。

「太陽がおれ以外の人も照らすことにジェラシー。おれだけを照らしてほしいのに‥とおれの世界観を気持ち悪く表現してみました(笑)うん、意味わかんなくていいの。こいつばかだなあと思ってくれれば本望。」
2016.09 POTATO

うん。かわいい。

岩本「SixTONESだと誰が一番気合いでなんとかしようとするの?」
北斗「ジェシーじゃない?あいつが一番何も考えてない(笑)」
渡辺「あ〜、逆に?」
北斗「逆になんですか?なんで今「逆に」を使ったんですか?何と何を比較してその「逆に」が出てきたんですか?」
2016.10 Wink Up

めっ、めんどくさ〜〜〜〜っwww 先輩がいると、北斗くんのかまってちゃんは最大限に発揮されるので、すのすと対談は基本めんどくさかわいい。あと何気に樹と北斗くんがちゃんと敬語使ってるのもすきです。

眠いときどうする?「目覚めのツボを携帯のボタン並みに押しまくる。」
2016.02 Wink Up

「目覚めのツボを押す」でいいのにさ!かわいいねまったく!携帯のボタン並みってよくわかんないし、余計な言い回し入れてくるの北斗くんっぽい。

ちょっと北斗くんの可愛さにわたしの語彙が奪われているので、ここからは画像に頼らせていただきますね。

不器用

f:id:never-ending-dream:20170423165628j:plain

こんなに険しいお顔で、誰よりも真剣に取り組んでいるのに10円玉が全く立てられない。1回も立てられない。隣の樹なんてギャーギャーしながらなんやかんや数回立てられてるのに、もうひどいくらいたてられない。かわいい。

f:id:never-ending-dream:20170423165629j:plain

みんなの台車の乗り方がダサいから、自分はかっこよく乗ります!と盛大にふっておいて

f:id:never-ending-dream:20170423165632j:plain

かわいい。しかも、映像で見るとわかるんですけど、一回台車つかもうと(?)ガッと動くんですよね。

f:id:never-ending-dream:20170423165634j:plain

お背中見えてる。かわいい。

f:id:never-ending-dream:20170423165636j:plain

ウィンクはちょっと苦手。

一生懸命

f:id:never-ending-dream:20170423165649j:plain

身振り手振りが大きい。とくに少クラのJr.にQはかわいいの宝庫。

f:id:never-ending-dream:20170423165639j:plain

Sixパリピ集団TONESを表す手振りがぐーしてどんどんなの、かわいいいいいいい。

f:id:never-ending-dream:20170423165641j:plain

そこからの「たんぽぽの成長」発言もかわいい。

f:id:never-ending-dream:20170423165642j:plain

ごはん食べるときや何か書いてるときはだいたい一生懸命。険しいお顔してる。

f:id:never-ending-dream:20170423165646j:plain

話すときも一生懸命。北斗くん、名言製造機だし語彙力にもびっくりするけど、話す前にすごくすごく考えて話してるし、話してる最中も丁寧に言葉選びながら話してるから、お顔がむ〜ってなる。そういう真面目なとこがだいすきだし、やっぱりかわいい。

Wピース

f:id:never-ending-dream:20170423165652j:plain

犬歯

f:id:never-ending-dream:20170423165658j:plain

お顔くしゃくしゃ

f:id:never-ending-dream:20170423165655j:plain

猫中毒

f:id:never-ending-dream:20170423165509j:plain

以上です!かわいいを摂取しすぎて脳内デロデロです。すごい、ほんとにかわいいしか言ってない。だんだん「ほくちゃんかわいい」しか言えなくなってきて、最後には何も言えてないの笑う。今までで一番まとまりも何もない記事になってしまった。全ては北斗くんがかわいいせいだ。そうだそうだ。だよなー、みんなー?\そうだー!/

ところどころ出典漏れてるので気が向けば修正します〜。